にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村

2005年09月08日

なんとか食べさせる方法って・・・?〜フェレト手作りご飯編〜

昨日書いた
「なんとかフェレットさんに手作りご飯を食べてもらう方法」
ですが

昨日のブログに書いたように手作りご飯は作ってドーンとイタチの前に出したのでは
イタチも食べてくれない(可能性が高い)です
イタチは陽気な性格に反して保守的で頑固な生き物だと思います
少なくともうちのを見ている限りではそうです・・・

では、どうしたら食べてもらえるの?
ひとつめのコツは
フェレットの病気で食が細った時や看病時にも使える手です

コツ1
*無理やり食べさせる・・・&甘やかして食べさせる
のあわせ技「シリンジ給餌」です

「これがシリンジです=モデルはシュミット君」

Syringe4.jpg


なーんだ、と思いますか。。。?
でも実際本当にそうなんです。
イタチって、自分で食べない割りには人がシリンジやスプーンで上げると
「お。お前がそんなに言うなら食べてみようかな」と食べてみたりします
ひざに抱っこしてクビを猫つかみしてシリンジで餌を上げるというのが
今日ご紹介するひとつめのコツ

つまりすごい甘えん坊なんです

シリンジで口につっこんじゃうと
わざわざそれを吐き出そうとはせずにそのままどんどん食べます
(シリンジ給餌の初心者時代はよく「おえ」とされましたがあれは
シリンジ給餌がイヤなんじゃなくって私のやり方がへたくそだったからだと思います)
最初はいいなりにどんどん食べて、しばらくすると自分からシリンジに
かじりついて来て食べるようになります


「こんな感じでシリンジに襲い掛かる位夢中なシュミット君
 危険な顔つきになっちゃってます」


Syringe5.jpg


でもこの時点で「味を覚えたからもう一人で食べれるね」と餌入れに移すと
まだまだ自分では食べません

シリンジ給餌→スプーンにのせて自分でなめさせる→餌いれに入れて自分で食べる
までの時間って平均でも1ケ月はかかると思った方がいいかもしれません

「自分で餌が食べられるようになってもシリンジに未練のある長男」


Syringe1.jpg

ニックネーム いたちarea at 12:00| Comment(0) | TrackBack(1) | フェレット手作りご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村