農薬ってむずかしいね・・・

私、自分の食べる物は食品添加物・農薬など全然平気です そもそも子供の頃、おっちゃんたちが農薬をマスクしてまいている 畑で農薬を浴びながらかくれんぼとかしていました 体が弱めだったのでレントゲンとかも撮影しまくっていて、被爆数値もすごく高いと思います でもフェレットの食事について ある程度手作りご飯の指針が決まってきたので、ビタミンの自然摂取などについて 考えています 同時に少量の野菜を使う事、卵を使う事について出来たら無農薬がいいと思いましたが 全然知識がありません 無農薬で調べると有機農法がでてきますが これは無農薬というイミではないみたいです さらに「合法ドラッグ」のように無農薬といっても農薬認定されていないだけで 危険な「自作農薬」を使って育てているところもあるみたいです 理想としては本当に何の薬も使っていないこと (でも果たしてそんな農業あるのだろうか・・プランターで野菜を育てるのにもムシだらけになるというのに) 出来たら科学肥料もつかってほしくないです そして日をよく浴びた健康な野菜であること 値段は私が普段買うものの10倍はしても構いません本当に安全なものを売ってほしい・・ やっぱり一件ずつうるさく問いあわせするしかないのかな・・

続きを読む

イタチinタンス ~Chest of drawers with weasel~

クローゼットを開けたらイタチが入る クローゼット開けたら2秒でイタチ 「エヘ」 っていうかイタチはタンスに目がない?! うちではミグが自分でクローゼットを開ける技術があるので (彼は人間なら立派な泥棒になっていたでしょう・・・残念だ) 普段はあけられないように取っ手部分を縛っているのですが それでも開けられて入られてしまうことがあります (大体毎回しばる事に面倒になった私のユル縛りのせいとか・・) 何でもダメダメと言う教育はしない というどっかで聞いたような教育理念を一応忠実に守ろうとしているので "ここは入っていいよ"というイタチの引出を作ってあるのですがそっちも 勝手に入ります つまり・・・ただ行動範囲が広くなっただけジャン・・・ 「イタチの引出にもぐるミグ」 うちは元々、先住に今7歳の猫がいるので 私→猫→イタチの順で偉いはずなのですが 実際はイタチ→猫→私という順番な気がする・・・ だってうちワンルームなのですが、私の食事する机がないんですよ・・・ イタチの放牧に邪魔になるから・・・・ 猫の「ぷれいたわー」というダンボールで出来た基地もイタチに破壊されて 撤去されたので、どんどん部屋がイタチ領になっていく気がする・・・ クーデターを起こすのは猫が先か私が先か でも私も猫も面倒くさがりやだからなぁ 「やったね」(可愛くない顔だなー)

続きを読む