その木何の木いたずら不可能な木~♪

休日出勤に備え、土曜日はじっくり寝ました 夕方あたりにイタチ様に起こされ、 うーんこんなにだらけてちゃいけないと せめて何かやったという気持ちになるために、クリスマスツリーを飾りました が 当然・・・・ギャング達に荒らされます。 どう荒らすかというと、上る、飾りを運ぶ、倒す、むしるなど・・・ 1匹ずつ記念撮影をして (それも一眼だと私がおさえながら撮影は無理なので携帯のカメラで・・) ツリーを隔離・・・・・なんだかワクワクするイベントなんだか いつもどおりのイタズラ回避なんだか。最近さっぱり分からなくなるのでした・・・ なんとなく笑っている?

続きを読む

師走・イタチ師匠走って袋に潜れ!大事な袋入りイタチ

冬だから脂質が夏よりも必要なんでしょうか? なんとなくエネルギー不足っぽいので まだ若い男子だし、ご飯のお肉の脂身を多くしてみました あんまり沢山の種類の肉を混ぜるのをやめようと思って 今回のご飯のラインナップは ・ラム ・鶏まるごと ・馬肉 という3種の肉 ・脂身 ・やさい入りサプリにしたのですが 脂質を大目に足しても、どうもヘルシーすぎてあんまりよくないみたいです 味付けに使う (という感覚ですが、調味料というわけじゃなくってなんか臭いがつよいので  「味付け」という感じがする) バーフダイエットもあんまり入れなかったので どうもおいしくなさそう・・・・ 最近残業だらけで帰るのが遅いので、 夜に1時間くらいねこじゃらし系のおもちゃで遊んであげるだけの生活が続き ちょっと可愛そうに思った私こと奴隷は 通常「週末だけだぞ~☆特別放牧ナイト」だった全夜間放牧を 特別に今週は毎日やっています 出しっぱなしと言っても、いたち様は小屋に帰るのがイヤなだけで いくら出ていてもずっと遊んでいるわけじゃなく まして最近さむいので、イタチさま用の寝袋を置いておけば ちょっと小暴れなさった後 めいめい中にヤドカリのように納まり寝ているのです 袋の中を覗いてみました ころころりん これがまた 回収もゴミ回収のように袋をあつめれば、 中にイタチ様がびっしり詰まっているのでラクなのです・・・ 朝、あのイタチ袋を回収する時に味わう重みの実感は何か…

続きを読む

いたちの免疫強化は乾布摩擦とアレ

や、残業続きでネタもないので、 使っているサプリメントの整頓でもしてみたいと思います 風邪対策セット(?) 写真の一番左から、 「シルバーパワー」(エイシン産業) 「フェレットレックス」(マーシャル) 「ビオネルジー」(メディマル) 「シルバーパワー」 なんか黄色の液体が目薬容器に入っているものです 1日1匹あたり4滴くらいを飲ませるそうです 水に溶かしてあげていますがおいしいのか喜んで飲みます 銀の成分でウイルス対策に効果があるそうです 「フェレットレックス」 フェレット用のハーブの薬です 鼻に塗ったりするとくしゃみや鼻水に効果があるそうです 臭いの感じがヴィックスベポラップ 「ビオネルジー」 これが一番使用期間が長いです 今はほかのメーカーのRNAも飲ませていますが、 RNAヌクレオチド・ヌクレオシド・プロテオグリカン で出来たサプリメントです 「シリンジににじりよってきてピントが合わない・・・」 予防のためにやっているので これのおかげで病気知らずなのか、効果はまったくないのか さっぱり分かりません(^^; 最近のイタチさまのお気に入りは 乾布摩擦です 前はブラッシングを喜んでいたのですが、最近はブラッシング では物足りないのかタオルで体をゴシゴシやってあげると ウットリしています。 私、ブラッシングの上に乾布摩擦だとかなり腕が疲れます 苦行を強いられているようですが、 これで…

続きを読む

猫異常なし!

我が家のペットのボスの猫(チンチラ7歳) が最近やたら水を飲むので気になっていました 飼い主がいつもより水を飲むと思っても猫は気まぐれな動物なので 「そういう時もあるでしょう」というのが基本。。。 おかしいと思うにはしばらく観察しながらと思いましたが、 猫が水を沢山飲む=糖尿病 というメジャーな病気があるので 内心気が気じゃなかったです 1週間様子を見て水を沢山飲むからというれっきとした理由を掲げ かかりつけのWASHIYAMA ANIMAL CLINICに行きました すごく寒かったので、自転車で行けば3分の距離を わざわざ猫を車に乗せて行きました ココロの中ではすごく悪い結果も覚悟していましたが 血液検査の結果ではとても7歳とは思えない程元気 そういえば、 うちの猫は、本当に度胸も据わっていて健康です 生まれてこのかたお腹も1回も壊したことありません が私の前ではすごくか弱い猫を演じています。 声を明らかに作って「にゃ?」となくし (寝起きとか不意をつくと意外と野太い声でなく) 普段非力っぽい事をしますが、いざとなると30キロはあるような テーブルとかにしがみ付いて持ち上げるくらい腕の力もすごいです 外に連れ出すと物事に動じているような動作をしますが、 実は本当に気の小さい猫のパニックと違って 大して驚いているわけでもないのが猫を何匹も飼っていると 反応から分かります。 こういう度胸と健康であと10年は生きて欲し…

続きを読む

フェレットにおけるSerum検査(血清化学)

フェレットには参考数値がないため、ピンク色は猫の数値 Test値意味Ref Range(標準)単位要素ALBアルブミン2.6-3.8g/dl脱水ALKPアルカリフォスファターゼ9-84U/LストレスALTアラニンアミノトランスフェラーゼ82-289U/L肝疾患ASTアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ28-120U/L筋肉壊死BUN尿素窒素10-45mg/dl腎疾患・内出血CHOLコレステロール64-296mg/dl栄養不足CREAクレアチニン0.4-0.9mg/dl腎疾患GGTガンマグルタミルトランスフェラーゼU/LストレスGLUグルコース94-207mg/dl糖尿・インスリン過剰NH3アンモニアumol/l肝障害PHOS無機リン4.8-8.9mg/dl胃腸・腎障害TP総蛋白5.2-7.3g/dl脱水GLOBグロブリン1.8-3.1g/dl感染症Naナトリウム139-169mmol/lKカリウム4.6-7.6mmol/lCl塩素106-125mmol/lHCTヘマトクリット44-55%貧血HGBヘモグロビン8-15g/dl貧血MCHC平均赤血球30-36g/dl貧血WBC白血球5.0-18.9x10(9乗)/L中毒GRANS総顆粒球数2.5-12.5x10(9乗)/LL/Mリンパ球1.5-7.8x10(9乗)/LPLT血小板数175-500x10(9乗)/L

続きを読む