にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村

2006年01月24日

イタチのビタミン吸収率の違い〜フェレット手作りご飯編〜

まわりが早くも風邪でやられています。
私はクライアント先にいると風邪に感染するかもしれませんが
イタチ様にはうつしたくないので家にかえったらすぐに服を脱いでお風呂、
そしてイタチ様に触れるという生活を徹底したほうが良さそう。

今回はビタミンの話を・・・

風邪の予防にも治療にもビタミンCがいいとよく言われています。
フェレットは自分でビタミンCを作れるのでビタミンCを摂取させる
必要がないと一般的に言われていますが、
私は個人的な見解でこれは違うと思っています
ビタミンCはくだらない理由ですぐに体で消費されるものです。
ちょっとストレスがかかるとか、空気がわるいとか、熱いだ寒いだ
なにか体に快適じゃない事があるとすぐに壊れるものです

フェレットの中で圧倒的に多い病気である副腎腫瘍は
ビタミンCを摂取すると予防したり悪化をとめたり出来るという
事が知られていますが、逆にいうとこれだけ多いって事は
現代のペットとしてのフェレットには自分で作り出すビタミンCだけでは
足りないという事ではないでしょうか?

じゃあビタミンCのサプリメントを買ってあげればいいんだよね
と思いますが、ビタミンCはビタミンの中でもかなりクセモノです

image/itachisan-2006-01-24T10:19:08-2.JPG

熱で壊れるとかそういう基本的なことはさておき、
全てのビタミンには合成ビタミンと天然ビタミンというものがありますが
ビタミンCは合成ビタミンの場合動物実験などにおいてほとんど
ビタミンが体に吸収されないという結果が出ています

天然ビタミンではないと圧倒的に吸収率が悪いビタミン
:ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・ビタミンD
合成でも天然でも大して変わらないもの
:ビタミンB群

天然のビタミンCの場合ほとんどが体に吸収されるそうです。
合成ビタミンC(アスコルビン酸など)の場合、
ほとんど吸収されず尿で排出されそして過剰に摂取すると
尿結石をつくるそうです。

天然ビタミンといってもレモンなどは全然ビタミンC含有率が低めだし
あのすっぱい液体をフェレットが喜んで飲むとは思えないので
食品の中にビタミンCが圧倒的に多いらしいカムカム原液を購入して
手作りご飯にまぜて与え始めましたが、味的にも好評みたいです
ついでに予防としてエキナセアの葉っぱもミルサーで粉にして混ぜる事にしました

image/itachisan-2006-01-24T10:19:08-1.JPG

ビタミンEの合成と天然の見分け方
dlトコフェロール・・・合成
dトコフェロール・・・天然


ビタミンCの合成と天然の見分け方
アスコルビン酸・・・合成
アセロラ、カムカムなど原材料が明確なもの・・・天然

メモ:ビタミンCは生のにんじんと一緒にとると壊れる
   ビタミンCは鉄分の吸収に必要


間違っていたらごめんなさいてすが
どうもマーシャルフロトーンは天然ビタミン由来みたいですが
フェレトーンなどは合成ビタミンみたいです



ニックネーム いたちarea at 10:53| Comment(4) | TrackBack(1) | フェレット手作りご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村