フェレットの花粉症~鼬にも花粉だ~:フェレット手作りご飯・医療

昔は、動物にアレルギーなんてないと思われていました。 人間って自分だけ被害者で動物のアレルギーに人間がなっても、動物にアレルギーはない (というか、あっても認めなかったんだろうけど) と私が子供の頃は言われていました。 動物は人間に病気をうつすが、人間様の病気が動物にうつるなんてないとか・・・ (あっても認めないだけだと思いますが・・・) もちろん、昔からあったクスリのショック死とかは別なんでしょう・・・ 最近は犬の花粉症の話題なども出てくるようになりましたが、 それに対して 「昔に比べて地球が酷い環境になったからなぁ」という事ばかり言われますが、 ただ単に今より数こそ少ないが昔から同じ状況はあり いわゆるコンパニオンアニマルの住環境に対する研究が進んだからの一言な気がします。 子供のアトピーだって、 私が子供の頃はクラスに一人酷いアトピーの子がいたりすると 先生がとても不運な子のように特別あつかいし、子供も恐々でしたが 今はアトピーの子もいっぱいいて、ベビーフードには食品に小麦が使われているとか いないとか当たり前に表記されるよう、義務付けるようになりました。 昔はいなかったわけではないんです。 元々、2匹組と1匹組で寝るときわかれるんだね 呼び方も変わっています、家畜→ペット→コンパニオンアニマル 食生活も、ずーーっと前は犬のフードこそちょこっと種類はあったけど 猫はミミーとブレッキーズとフリスキーとカルカン それですら「…

続きを読む

毎週水曜日午後7時半

今日も地球の平和を守るために鼬戦隊は戦っている・・・ 知性派で理性的みんなから信頼される頼れるリーダー あだ名は「すいか」のマクレーン ひょうきんで前向き、最新科学研究所に勤務し昼は研究者 夜はアメリカ1の大泥棒に変身してしまう2つの顔を持つジャック ちょっと小柄なおっちょこちょい、 でもその美しさばかりに目を奪われていると忽ちその牙で倒されてしまう 昼の仕事はコスプレ喫茶 炎の女ジェーン 4歳にして博士号・IQ200を超える天才児。 父は究極のラーメン修行の旅に出たっきり 実は出生に秘密があるらしい謎の少年ロバート 彼らに平和の日・安息の日が訪れるのはいつの日か!! 次回 『ビル爆破の理由は3つ買ったのにおまけが入ってなかったからなのか』 お楽しみに・・・・・ それはさておき。 フェレットワールドのレジで商売を手伝う鼬 ええ・・・手伝っていますよ 今日(3/1) ぷいぷい:とりあえずササミジャーキーを確保して欲しいと直談判      放牧時間内に男子達のイタ巣で寝るのが習慣化      乳酸菌をのませたら立派なブツを発行       放牧時間が6時間に及ぶ・・・      きゅきゅ:とりあえずあなたが3匹の中で一番偉い立場なのが分かりました・・      今日もミグの首にぶら下がって移動      ミグの動きが鈍ると回転を繰り出し移動を催促・・・      まる…

続きを読む

鼬の好奇心は身を滅ぼす・・・

猫は好奇心で身を滅ぼすといいますよね・・・ たしかに猫は気が小さいくせに好奇心旺盛で 室内飼いだと、宅配便がきてドアチャイムをならしたときに 怖がってササっと隠れるのですが、隠れて数秒もたたないうちに すぐに今度は玄関の方にむかってソロソロと確認をしに行きます まず、身を守る、そしてすぐ好奇心で出て行ってしまう? これを、何かに例えると・・・ そうそう! 映画などで、こわーい殺人鬼がいて3人くらい少年がいて みんなで怖がってガクガク震えて隠れているのに そのうちの一人がしばらく経ってから 「おい!殺人鬼がどんな顔しているか見たくないか?」 などと発言しだして、みんなが反対するのに出て行って やっぱり殺されてしまう そんな感じなのでしょうか・・・・ 好奇心・・・・ 「おいおい、フェレットかなぁ」 「フェレットじゃん?おれ、初めて見た!すげー胴長いのなー」 うちでは猫を子供の頃からずっと飼って来たので なるほどね、猫の好奇心はたしかに身を滅ぼすレベルだなぁと 子供の頃から思っていたのですが、 鼬の好奇心はそれに輪をかけてすごいです いたち様達はとがった牙と俊敏な運動神経を持っていても 所詮小動物です・・・なのによく犬に立ち向かうとか猫に襲い掛かっていくとか (これはうちの猫もジャレつかれているので犬相手でもそうではないかと  思っています・・・・)言われていますが、 本当に何をやっても、何をみても興味を持ってしまいます…

続きを読む