フェレットの花粉症~鼬にも花粉だ~:フェレット手作りご飯・医療

昔は、動物にアレルギーなんてないと思われていました。 人間って自分だけ被害者で動物のアレルギーに人間がなっても、動物にアレルギーはない (というか、あっても認めなかったんだろうけど) と私が子供の頃は言われていました。 動物は人間に病気をうつすが、人間様の病気が動物にうつるなんてないとか・・・ (あっても認めないだけだと思いますが・・・) もちろん、昔からあったクスリのショック死とかは別なんでしょう・・・ 最近は犬の花粉症の話題なども出てくるようになりましたが、 それに対して 「昔に比べて地球が酷い環境になったからなぁ」という事ばかり言われますが、 ただ単に今より数こそ少ないが昔から同じ状況はあり いわゆるコンパニオンアニマルの住環境に対する研究が進んだからの一言な気がします。 子供のアトピーだって、 私が子供の頃はクラスに一人酷いアトピーの子がいたりすると 先生がとても不運な子のように特別あつかいし、子供も恐々でしたが 今はアトピーの子もいっぱいいて、ベビーフードには食品に小麦が使われているとか いないとか当たり前に表記されるよう、義務付けるようになりました。 昔はいなかったわけではないんです。 元々、2匹組と1匹組で寝るときわかれるんだね 呼び方も変わっています、家畜→ペット→コンパニオンアニマル 食生活も、ずーーっと前は犬のフードこそちょこっと種類はあったけど 猫はミミーとブレッキーズとフリスキーとカルカン それですら「…

続きを読む