鼬様、マイクロチップ挿入について考える~フェレットのマイクロチップ~

ここ最近、妙に外出が多くなってきた鼬様達です。 鼬様を外に連れ出す時は、 みなさん迷子札をつけたり万が一の迷子について対策を立てられていますが 迷子札って落ちたものを店内で拾ったりするくらい取れやすいみたいなので ここにきてマイクロチップについてちょっと調べてみました マイクロチップ(MC)の疑問(77問77答)にお答えします マーシャルファームの子などはある時期から出荷されるときに デフォルトでマイクロチップを装着されるようになったので 買った人が登録さえしていれば保健所でもデータベースを参照して らどのオーナーの子か分かるそうです しかしながら我が家の子はパスバレーファーム出身のため、全員 マイクロチップは埋め込まれていません。 東京都や神奈川、静岡などは行政がマイクロチップの装着に協力的で 動物病院の多くにマイクロチップのリーダーがおいてあったり 保健所に収容されたり警察に拾得物として届けられた動物に関しては リーダーにかけてみるそうです (ただ実際に100%実施されているのかは分かりませんが・・・) 「痛くない?本当?」 マイクロチップは直径約2mm 長さ約11mmの円筒形のガラスのカプセルで包まれていて 装着も殆ど痛みがなく、また今の所事故の報告などは"1件も"ないそうです 人間が思うほど「かわいそう」という感じではないのでしょうか。 問題は装着してくれる動物病院探しなのですが、 リーダーは行政がタダだかタダ同…

続きを読む