にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村

2006年04月19日

サプリメント総合摂取の無駄を省こう#2〜カルシウム編〜

前回までのあらすじ・・・


栄養素のバランスって同時にいろんな栄養素を摂取する事だろうか?
市販フードに添加されている栄養素・手作りフードで足すサプリメントは
みんな"バランス"を重視して考えた量を同時に添加しているけど
それが正しいのだろうか?
栄養検査からそういうギモンがわいてきました。

↓詳しくはこちら

手作りご飯のサプリメント総合摂取の無駄を省こう#1〜フェレット手作りご飯編〜



まず肉食の行動派動物にはとても大事なカルシウム

尿ストラバイト・フェレット尿結晶〜フェレット手作りご飯〜

でも書いたとおりにカルシウムというのは色々な種類があります。
サプリメントで販売されているお手軽なカルシウム・またフードに添加されている
カルシウムは「炭酸カルシウム」である事が殆どです。
なぜなら安価だからです。

炭酸カルシウムって学校にあったチョークと同じなんですよ。
そしてカルシウムとしては体内にとても吸収されにくいカルシウムなんです
(人間にとっても鼬にとっても)
でも、サプリメントのパッケージにはカルシウム〜mg含有とか
フードのパッケージにもカルシウム〜mg入りと書けるんですよね・・
実際に入っている事は確かだから・・・でもそれが"身"になるとは
限りません・・・

歯は綺麗かな・・・(フェレットショー審査風景)
ミグ「あがが・・・」

060419-2.jpg

カルシウム自身の吸収率は乳酸カルシウムやクエン酸カルシウムのほうが
炭酸カルシウムより圧倒的に優秀です。
「ホウレン草」や「小松菜」はカルシウムが豊富ですよと
よく耳にしますがあれらに含まれているのは"シュウ酸カルシウム"といって
すごく吸収しにくいカルシウムです。
(吸収されにくいだけではなく尿路結石の原因になります)

カルシウムの吸収にはカルシウムの種別ごとの自身の吸収のしやすさという
性質以外にカルシウムを吸収・利用する上で特に大事な栄養素があります

・ビタミンD(吸収)
・ビタミンC(吸収)
・マグネシウム(利用)
・ビタミンK(定着)
の4つです(もちろん細かくいえば他にも沢山ありますが・・・)
この4つの栄養素・・・フェレットに足りていると思いますか?

ビタミンDはフェレットバイトなどにも入っている脂溶性ビタミンです
過剰摂取の危険があるため、気をつけなければいけないビタミンですが
こちらは手作りフードの人にありがちな脂溶性ビタミンを嫌う風習で不足になりがちです
脂溶性ビタミンは断てばいいというものではありません。
怖いから少なめに・・・は実は思ったよりも少なめになっている可能性があります。
またビタミンDは
日光浴をすると体内でつくることができますが、暑さによわいフェレットを
長時間日光浴させる人もいないと思います。

ビタミンCはフェレットの場合体内で生成されるので必要ないという考え方が
一般的なようです。フードにもほとんどはいっていません。
でもビタミンCってすごくくだらないことで消失します

イタチのビタミン吸収率の違い〜フェレット手作りご飯編〜

でも書いたように
個人的にビタミンC不要説はまったくひどい話だと思っています。

ケージで飼っている、複数飼っている(他フェレットからストレスを受ける)
単独で飼っている(寂しくてストレスを受ける)タバコを吸っている
空気が悪いなどのストレスでもすぐになくなるし、ちょっと体調がわるいなぁ
程度でも体内では膨大な量のビタミンCが消耗されています
なのにビタミンCを補充しない・・・
実はビタミンCと副腎腫瘍には大きな関係があると思います。
若いフェレットを複数飼っているのに全部のフェレットが副腎腫瘍になってしまった
という飼い主さんを動物病院で多数お見かけしましたが、
これは同じ飼育環境での同じ条件としての栄養素の問題の可能性があると思います
副腎腫瘍と栄養素(ビタミンC以外)はまた次の機会に・・・

一度骨に吸収されたカルシウムが体に溶け出して再利用されるときには
カルシウムの5倍程度のマグネシウムが放出されます。

ビタミンK
フードにどのくらい入っているか知っていますか?
食品では摂取しにくいです。

「遊んでいるときが一番楽しいねぇ」
060419-1.jpg


また一般的にそんなことないと思われていますが
フェレットフードには塩分と糖分がたっぷり入っています。
塩分はカルシウムの吸収を妨げます。
フードに入っている100gフードあたり1000mgのカルシウムが
吸収よく考え抜いたバランスのカルシウム300mgより体にとって
吸収されにくいという事も十分ありえます。

ではとりあえずカルシウムが吸収されにくいなら沢山カルシウムをあげよう
だと
・・・・上記ポイントが満たされていないと沢山あげても排出されるだけです

ではカルシウムは大事だと理解した。
やっぱり栄養素はバランスが大事!
正しくいろんな栄養素をまぜて同時に与えるのが一番だね!

・・・・・ちょっと待ってください
実はカルシウムも大事なんですが、カルシウムのせいで足りなくなる栄養素が
あるんです。。。
次回へ・・

ニックネーム いたちarea at 11:11| Comment(2) | TrackBack(0) | フェレット手作りご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村