にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村

2006年06月19日

鼬が食べるうずらちゃん現る!

・・・・・うずらちゃん来ました!!

まず宅配の人が持っている箱を見て
生きたままのひこよではない!と
(というかウズラの生体じゃないっていったらいいのか)
一安心でしたが、箱を開けるのが怖かったです。

「値段のわりには量が少ないですね〜」
「いやいや、まぁうずらですからね」
と一人問答(寂しい・・・)をして時間稼ぎ・・
いや、なにせ私はデパートでローストチキン用の
丸ごとニワトリをみても1日はブルーにすごせるくらい
生き物が死んでいる状態がニガテなのです。。

開ける勇気がでないので一緒にたのんだ30個いりの卵を観察。。。
(もちろん現実逃避)
おじさん自慢の洗っていない卵というだけあって
すごく健康そうなたまごでした。
市販の卵は出荷の前に高温のお湯で洗って一気に乾燥させるそうです。
(中が茹で上がらない程度の短時間の高温で)
その時点でたまごの表面に開いている細かい空気穴がふさがってしまい
たまごは死に腐る方向になるそうです。

むかしは有精卵とかを洗わないで出荷していたので
オモシロ半分にあたためたら雛がうまれたよ〜なんていうのがあったけど
最近はないんだって。。。
洗っちゃうから。
でも死んだ卵とか生きた卵とか・・・どのみち卵だからよく分らない(^^

ナハー!
060619-3.JPG

さて、そろそろうずらちゃんの箱
パカリとふたを開ける・・・・
おーーーーウズラ!!
・・・・というかまぁローストチキンの肉の小さい版みたいなもの

写真はこちらです
たぶん、全然普通なのですが、私みたいに動物食材がニガテな人がいるとなんなので
リンク先をクリックして表示してください

・・・なんでこんなにうずらちゃんに固執したかというと
我が家の鼬様は肉ご飯はたべるけれど、なにも加工しないで
出した肉をまるのまま奪い合ってたべるようなところがないので
鼬様の野生でとるような野鳥なら
ギャアギャア奪いあって食べる位すごいかもしれない
・・・・という何の根拠もない淡い期待を抱いていたのです。

うずらちゃんを1羽取り出して
わらわら集合している鼬さまの前に置く・・・・・・


さぁ!
奪い合って食べるくらいのフィーバーっぷりをみせて!!


なになに?
・・・・クンクンにおいをかいでみんな
不思議そうな顔をして退散・・・・・


まぁ、そんな気がしていましたよ

というわけでうずらちゃんをフードプロセッサーにかけて
全部1回分くらいの分量にして早速冷凍。


060619-2.jpg

普通のご飯にまぜたらもちろん食べました
心なしたべっぷりがいい!なんて思いましたが、
よく考えたら私が台所でずっと何かしていたので
みんなご飯だ!と期待していたぶんお腹が減ったからでしょうね・・・
きっと。

うずらちゃんはきっと野鳥独特のにおいがあるはずなのに・・・
もはや飼育されたうずらちゃんがだめなのか
野生なんてものはそもそも存在していないのか、
どのみち夢に消えた
うずらフィーバーなのでした・・・・。

ニックネーム いたちarea at 10:53| Comment(8) | TrackBack(0) | フェレット手作りご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村