にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村

2006年06月30日

鼬にビタミンB群の有効性〜フェレットビタミンB〜

手作りご飯の添加サプリメントとして
代表格のビタミンB

おしっこが黄色いのもビタミンBが溶け出したもので
市販のフェレットサプリメントでいえば
8in1のバイタゾールが黄色いのもビタミンBのせい。


同じく手作りご飯をしている方のサイトを見ると
みなさん
ビタミンBの多さに驚いているみたいです。
(驚いているというよりは嘆いている?)

たしかに、基準値を満たすようにビタミンBを入れると
すごい量になりますが、ああいうサプリメントって
分量が増えると肝臓に負担がかかるんですよ。

なぜ量がないと基準を満たせないかといえば、
ビタミンBは水溶性ビタミンで
摂取しても吸収できない分は尿と一緒に排出されてしまうからです。
だからといって大量というのも・・・そのうち臓器が悲鳴をあげます。
一番いいのは
量がすくなくて体にしっかり吸収されるものです。

浴衣コレクション
060630.JPG

しかし、
ビタミンCやビタミンEでおなじみの
天然=高吸収はビタミンBには関係ありません。

当初、栄養検査に出しているときに
毎月ビタミンBをどれだけあげてもいい数字が出ないので
1日に5回位こまめにビタミンBを飲ませたら
「大量だから排泄」という図式もすこしは収まるかと思ってやってみましたが、
まったく効果がないわけじゃないけど
期待していたほど効果が出ず・・・

大して効果が出ない上に、ビタミンBは味に癖があるので
フェレットが嫌がって仕方ありませんでした。

男前を期待したのにバカボンみたい・・・
060630-2.JPG


そこで一ヶ月きっちり
ビタミンBの「タイムリリース」タイプを使うことにしてみました。
タイムリリースというのは時間をかけてゆっくり吸収させる
システムを採用したサプリメントの事です。
今までと同じ量だとタイムリリースを使う意味がないので
ビタミンBの量は断然減らしました。
(今までの半分位)

それで一ヶ月後の検査をしてみたところ、
ビタミンB群の数値が今までより30%もあがりました。
サプリメントの量は少なくなっているのに!!!
さらにもう少し量を減らしてもう一ヶ月後の検査
(切り替えてから二ヶ月後の検査)
やっぱり数値は高基準を安定したままです。

コストは若干タイムリリースのほうが高いけど
量的にはかなり減っているので、もしかしたらこっちの方が安いくらいです。

値段の前に
なによりも量を減らせることによって肝臓への負担が少なく済みます。

ニックネーム いたちarea at 12:19| Comment(4) | TrackBack(0) | フェレット手作りご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村