にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村

2006年07月09日

ちびこ(猫)にマイクロチップ埋めた

image/itachisan-2006-07-09T19:18:23-1.JPG

携帯からの更新です
以前から全員に埋めようと思っていたマイクロチップですが、
昨日ちびこの予防接種があったので、
まず一番最初にちびこにマイクロチップを埋めました。
費用面など自分の時には検索してもわからない事が多かったので、
後に検索して探す人のために情報を残します。

かかりつけのワシヤマアニマルクリニックでは
マイクロチップ挿入が6000円でした。
会計時にAIPOへの登録用紙を渡されて、
登録するときに自分で郵便振り込みで
1000円の登録料を払う事になるので全部で費用は7000円です。

チップを埋め込む前に簡単な健康診断(問診、触診、検温、聴診)を行い、
畳針くらいの針を首に刺して首の後ろにマイクロチップを入れます。
検温の時の方が騒いでいた位なのであんまり痛くはないみたい。
一言「ムゥ」と鳴いた程度でした。
大体挿入自体は20秒位で済みます。
挿入前にマイクロチップ自体が動作しているかと、
挿入後にマイクロチップが動作してるかをリーダーで読みます。

震災時など、保護された時にうちの猫みたいにいかにも
飼い猫っぽい外見の場合、マイクロチップリーダーで読んでくれる可能性もあるそうですが、
基本的にまだリーダーで読む行為自体がメジャーではなく
小さな保健所の場合忙しいと読まずに処分してしまう事もあるそうです。
マイクロチップを入れている=安心とは思っていません。
だからといって
どうせリーダーで読んでもらえないから
とか
規格の違いがあったら意味ないから
とかで可能性を否定する事も出来ません。
あくまで何かあった時に、私の手元に帰ってくる可能性が
1パーセントでも高くなるようにというだけの願いを込めてです。
マイクロチップによって見つかる可能性が0ではない限り
マイクロチップを入れる価値があると思っています。
震災時などもし私が死んでしまってペットたちが生き残った時
私の親に保護連絡が行けばいいと思っています。


ニックネーム いたちarea at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 全部がフェレット内容のふつうの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村