にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村

2006年07月11日

フリーズドライフード3種〜フェレットフリーズドライ肉フード比較〜

たまに、
「うちは100%手作りでドライフードを使わない」と書いているので
『私もいたちareaさんみたい働いていなかったら何度も生肉をあげることが
 出来るんですが』ってよく言われるけど
いや、ちごうて!
私、バリバリ労働者ですよっ・・・
よりによって(よりによってって(笑))
鼬の子沢山猫コブ付でも独身だし(動物ばっかじゃん)、
悲しいかな残業も多いタイプの労働者です・・・・

たしかに完璧に考えちゃうと手作りフード=時間のある人がやるもの
と思うのかもしれませんが・・・。
完璧主義に考えてしまうと、総合的なアバウトさがなくなり
1局面を合計したものが全部の感想になりがちで
すべてが気になって手作りフードなんてやっていられません(^^

超高速カキカキで足がすごいことに
pt-060710-1112.jpg

1食ずつが100%のバランスであるべきだと思いがちですが、
『1gでも100gでもバランスは完全均一』
という
ドライフードの発想を捨てると
人間の食事のように"1日で全体的なバランス"が取れていればいいわけで、
極論を言えば、朝ご飯で1日の栄養が完全にとれるなら
昼と夜はテキトウな食生活でも構わないわけです。
(極論言えばですが・・・それがオススメとは思っていません)


ドライフードを使わない=全部生肉
というわけではなくて、
生肉のご飯が1日2回であとはフリーズドライの肉を置いて
食べてもらっているから留守時間が長くてもドライフードを使わない
生活が可能になっています。


しかし。
このフリーズドライフードですが
種類が少ない事このうえないです。
一般的に流通している
フリーズドライフードは確認したところでは4種類。
うち1種類はなんとなく試していませんが、
3種類は使ったことがあるのでここに記録を残しておきます。


############################
※ネイチャーズバラエティー(341g/\6300)

多分一番メジャーな
ネイチャーズバラエティーのフリーズドライ。
日本だと6300円、海外だと確か3000円くらいの計算になります。
(輸送費などを考えると海外から購入した場合5000円くらいかな)
生肉なれしている子でもイキナリ「はい」とあげて食べることは
あんまりないと思いますが、まず水に浸したりヤギミルクに浸したりして
ウエットな状態からフリーズドライの状態で食べれるように慣らします。
うちの子や知り合いの子に食べてもらった感想から一番食いつきがいいです。
クッキーを彷彿させるようなイヤじゃない感じの香ばしいにおいがします。


060711-1.jpg

############################
※ペットパティースのフリーズドライ(90g/\536 900g/\4830 2700g/\14490)
左がカンガルーで右がラムです。
においがネイチャーズバラエティーよりきつめ。
「バーフダイエット」をそのままフリーズドライにしたものと思います。
食いつきは・・・あんまりよくありません。
でも多分これが一番品質がいいと思います。
なぜなら水に戻してみたときわかるのですが、
このペットパティースはそのまま綺麗な肉と血の状態に戻ります。
戻したものをさわると肉の弾力が再現できています。

060711-2.jpg

############################
※N-R-Gフィーライン・ブレンド (400g/\1700)
・・・これ自体を否定する気はありませんが、
フェレットに使用するのには向かないと思います。
本来猫ちゃん用だという事ですが、猫にあげる気も起きないです。
あくまで私個人の感想なので
使ってみたい人は使ってみるのも手だと思いますが(他に比べてすごく安いし)
個人的な感想は「ハムスターなどの草食穀物食動物の餌?」という感じです。
水に戻しても・・・?うーん・・・何か干しぶどうの甘いにおい?
でもフェレットが食べないこともないです。
食べるには食べるのですが・・・・
多分もう買わないと思います。

060711-3.jpg


食いつきがよくはないのですが、
ペットパティースは個人的にすごく気に入っています。
冷凍状態のバーフダイエットから利用していますが、これをあげると
フェレットのお腹の状態がすごく良くなります。

ニックネーム いたちarea at 10:01| Comment(8) | TrackBack(0) | フェレット手作りご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村