にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村

2006年10月31日

第15回フェレットショーin神戸

行ってきました、フェレットショー!

当日、日帰り予定だったので朝4時に起きて支度し空港に行って
帰りは21時発の飛行機で東京にもどり
家に帰ってイタチ様・お留守番だった猫さまの面倒を見て
寝たのが朝4時過ぎ・・それで翌日仕事だったのでもう昨日はフラフラでした・・


神戸のフェレットショーですが
静岡のフェレットショーに比べて人がすくなかったです。
会場が広いせいもあるかもしれないけれど・・・でも少ないかんじがしました。
テーブルもキツキツじゃなくゆったり座れてブースもいつもと違うお店が
出ていて楽しかった、あとは遠くなければなぁ・・・。


いつもどおり審査の時間が押していて、
今回はカラーとアダルトホブとアドレッセントの審査が同じ時間に
きてしまい、バタバタしてほとんど写真を撮る暇がありませんでした。


でね・・でね・・・

今回あこがれの盾を2つ貰えました!!!!


ひとつはブレイズカラー部門です!
順位が全てじゃないとか、賞が取れないフェレットがよくないわけじゃないとか
あなたにとってあなたのフェレットがいつも1位であればいいとか
そんなことはいつも分かっています。が!

でも正直、
このブレイズのカラー部門の盾だけはいっつもいつも欲しかったんです!
だってブレイズ大好きなんだもん・・・

フォッケウルフ1位
061029-5.jpg

ステンドグラスがブレイズ部門だけどブレイズ模様じゃないのね・・・


ついでに、”うちで育った”くろべぇ(笑)もブラックセーブル部門1位です

061029-4.jpg

前回、くろべぇを棄権にして欲しいといっていたくろべぇのオーナーさんも
喜んでいました、なにげにアダルトホブ部門でもかなり惜しいところまでいったくろべぇ・・・
まさか昔、育つか分からないよといわれるほど死に掛けていたフェレットとは思えません。
我が家を卒業してからもオーナーさんはくろべぇに手作りご飯を上げているので
苦労が実りましたね!!


あとはアダルトホブ部門にミグとシュミットを出しました。
ミグは今回カンモウまっさい中でよりによってオーバーコートが全部ぬけてしまっていたので
棄権もかんがえたのですが、せっかくなので出しました
やっぱり10位以内は入れずでした・・・カンモウはすごいマイナスポイントだからね・・・。
ミグのカードには面白いくらい「大人しいいい子です」って毎回かかれます
多分カードをあつめたら全部に書いてあると思う、ミグが暴れる相手って私の母親くらい
しかいません(笑)ミグさん、もっとうちの母さんにも優しくしてあげてください・・・

シュミットは10位以内に2つ入っていたのですが・・・私、リボンをとりに行くのを忘帰って来てしまいました・・・・ごめんシュミット・・
実は今回、シュミットに関してはかなり自信があったのですが、もともとシュミットは
すごく大人しいフェレットなんだけど、耳が聞こえないので常に私の姿が見えないとだめ
なんです・・・・それで今回シュミットの審査中にアドレッセントの
方の出場準備があったので審査をみていなかったらかなり暴れてしまったみたいで
「すごく暴れてました」「暴れて大変でした」とカードに書かれて減点されていました・・・
それでも10位以内に入ったんだから、暴れなければいい所までいけたかも・・
ごめんね、シュミット・・・・お母さん見ていなかったから暴れちゃったんだね・・

そして、
アドレッセント部門
2匹だしましたが

ここでまた1位でした!

061029-2.jpg

このリングに関しては、1位と3位がうちのフェレットだったので
3位以内で呼ばれた時に私は2匹をつれて受賞の場に出て
「え?両方?」ってジャッジの人に聞かれました(笑)
両方なの〜!すごいでしょう!!(^^


参加4回目にしてやっと手にした盾です
それも2つ!
今回は神戸まで行った甲斐がありました!


コンテスト嫌いな人から見たら、
フェレットショーって飼い主の自己顕示欲の代表格みたいに見えると思います。
(犬猫はブリーディングの観点からショーを使うけど去勢されたフェレットに
関しては実際に飼い主の自己満足的なところが否めないし)
でも、このショーに出すのって日頃から生活に気をつけるようになるんだろうなって
参加者の方を見ていて思います。

審査にだすと、そのフェレットの「いい点」と「悪い点」の指摘がされます。
プロの目で見た審査なので、悪い点に関しては次回は悪い点だと指摘されないように
いい点だといわれるようにと改善するものだと思います。

特に今回の神戸はそうでしたが、ショーに出ているフェレット達は毛艶がみんな凄いです。
毛艶って、なんかいいシャンプーを使ったとかで1日で出来るものじゃないんですよね。
日頃から栄養や生活にきをつけて、よく運動もさせて適度に清潔にしてあげて
やっと何ヶ月もかけて毛根から出来てくるものなんです。
あとショーに出すからには歯に歯石がつきっぱなしなんて事もありません
体もしっかりさせないといけないので、そういう体がしっかりつくられるような
ポイントを飼い主も考えて飼育します。

061029-3.jpg

ショーに出すフェレットというのは
性格も、しつけも、体格も、毛並みもよくしなくてはいけないので
ただ飼い主の自己顕示欲のみではとてもやっていられません
またこれらを作り出すものって、実際フェレットにとってもいい生活を
与えていることになるのかなぁって
フェレットショーをひとつのポイントと考えてフェレットを育てるのって
悪くないと思います。


今回会場で「いたちツアーズ」でブログを書かれている方に沢山お会いできて
楽しかったです。
みんなフェレットが大好きで仕方ない人達なのがすぐに分かりました(^^
また個別に挨拶に行かせて頂きますので、浜松の時にも遊んでください!

やっぱりホーネットが大人気でみなさんホーネットのことを褒めてくださいました
うう。。
そういえばこの子うちの子じゃないんだよなぁ・・・・と思うのですが・・・
ホーネットの実家、マリンの奥様ともお話できて、ホーネットとうちのマリン出身の子たち
の成長ぶりを見てもらいました。
そういえば、りゃんぴーさんにもホーネットのマリンでのガブガブ娘時代の
貴重なお話を聞けてよかったです!
今では「私かまないわよ」って綺麗な顔してすましているけど、ガブガブ時代を
知っている人が私以外にもいるんだぞ!ってホーネットには覚えておいてもらわないと(笑)!


最後に、taeさんのチームがコスチュームコンテストで1位でした!
おめでとうございました!

ハロウィンがテーマです
061029-1.jpg

かぼちゃの中にはいっているカイ君は大人しくってすごい可愛い子でした(^^
そして
触ったらびっくりするくらいの毛並みでした
正直今まであんなにすごい毛並みのフェレットに触った事ないです・・・・
カイ君、ミグ兄さんを弟子にしてやってください(笑)


みなさん、ありがとうございました!!!!
そして、いつも付き合ってくれているいたち様に大感謝です。

最後まで一緒にいてくれた3名様、直接いうとテレくさいので
ここで、時間が押していたのに最後まで付き合ってくれてありがとう(^^


ニックネーム いたちarea at 12:09| Comment(43) | TrackBack(0) | 全部がフェレット内容のふつうの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村