下の歯は屋根の上、上の歯は縁の下へ~フェレットの乳歯~

ベビーからお迎えした事のある人でも 乳歯を見たことがある人って少ないんじゃないかと思うんです。 うちは、ほとんどの子を完全なベビー状態からお迎えしたのに 乳歯を見れたのはたった2匹です。 そのうち1匹はポロって歯が落ちたから「ああ!歯が!大変!!」 って思って確認してみたら、しっかり永久歯(大人の歯)が生えていて 乳歯は捨てただけみたいだったのですが・・・ ほとんどの場合、イタチさんが自分で抜けた乳歯を飲んでしまうみたいですね。 肉食動物の場合、歯がない状態は命に関わるくらい危険なので 乳歯と永久歯は二枚歯状態で生え変わります (乳歯が残った状態で永久歯が生えて、かなり生えたところで乳歯だけ抜ける) これが、貴重な二枚歯の画像です!ごらん下さい(^^ 犬歯の部分が完全な二枚歯です(この2日後くらいに抜けてたみたいです) ところで、フェレットの年齢は歯を見れば分かるそうですね。 うちのミグ兄さんの歯を見てみたら、同年代よりも透明な歯なので 「歯が若い」(?)のですが、ケージ生活時代に 「出せ出せフィーバー」をしていたときに削れたらしい部分がすこし 白くなって片方の歯だけ年齢相応になっています。 ミグ兄の向かって左側の歯の先端が白黄色い それにしても、恐ろしいほど猛獣の歯をした陽気な動物ですね・・・

続きを読む

インフルエンザワクチンでイタチを守ろう~フェレットとインフルエンザ~

フェレットは、人間のかかる流行病に弱い動物だというのは有名な話です。 そもそも、動物実験に使われるほど感受性 (ウイルスや細菌等の病気にすぐ感染する性質の事) の高い動物であるフェレットは、 日本で言えばやっぱり冬に危険いっぱいなのではないでしょうか? 私は生まれてこのかた、どんなにクラスでインフルエンザが流行っていようとも 感染した事のない肉体を持っていますが(手洗いうがいに執着のある子供だったから(笑)) フェレットを飼ってから、フェレットがそんなに病気に感染しやすいなら、 間違ってもインフルエンザにかかる事がないように気をつけたいと 改めて思いました。 今年は、仕事のパートナーの家で子供が生まれてその人にも間違っても うつすわけにはいかないので、自分を含め他人に迷惑をかけないためにも ワクチンを打とうと思うのです。 カドラーはここに入りたいのがイタチ心・・・ ここで、日本のインフルエンザワクチンについてですが、 昔、義務で接種していた頃には、 「どうせ予想が外れて型が違うから意味がない」と いわれていましたが、今は3種類の型の混合ワクチンを打つそうです 今年、2006年の3種は、 :Aソ連型 :A香港型 :B型 です。 Aソ連型は去年と同じ株ですが、 A香港とB型については2006年の独自株だそうです。 では、いつインフルエンザワクチンを打つのがいいのか? インフルエンザワクチンは、接…

続きを読む

鼬の爪とぎ、起きたらまず爪を研ぐ!

猫を飼っている人なら 朝、人間が起きると猫も起きてきて 「よっしゃ!今日も一日やるで!」 っていって、爪とぎに体をもたれかけながら背伸びをし 爪をバリバリ研いでから活動しはじめるシーンを見たことが あると思います。 ・・・ありますよね? ところで、うちの鼬様は猫さんと育ったせいか 私が起きると、まず足にまとわりつき爪とぎに向かう猫さんの前に回りこんで バタバタバタバタ~!! 「爪を研がせろ~!」 と猫の使う前に爪とぎを占領し バリバリバリバリ~!(爪をとぐ) ギャアキャア!(他の子も来たからそこから爪とぎそっちのけでバトル) と爪とぎを使います・・・ そういえば、鼬様って爪が伸びると やたらそのあたりを掘ったりとかしないですか? 本来爪を研ぐような動作の類似行動なのかも知れないと 思う今日この頃・・・ そうしてまた猫さんのストレスのもとが増えているのでしょう・・・

続きを読む