にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村

2007年06月13日

解毒(デトックス)鼬で健康生活を始めよう


過去の同テーマの記事はこちらです

鼬とデトックス〜フェレットなるへそデトックス〜

いつも、手作りフードとか、サプリメントとか
なんだかんだ、色々やってみている男子学園なのですが
特に病気の子がいるわけでもないので、これがいいのか悪いのか
そして、劇的に回復したよ!なんていうのもないのでモチベーションも
あまり高く保つのが大変なんだけど、この健康な状態こそがありがたいと
いつも心に刻んでおきたいと思います。


戦闘機いたちさん珍道中


基本は「いかに健康体を作り上げるか」という所に主体を置いて
ご飯とかサプリメントとかを考えています。

人間でも言われていることだけど、健康な状態ってのはいくつかあると思うのです

たとえば、
・体が元々健康(なので何もしてない、なにかあったら体調くずしそう)
・体を健康にしようと思って努力して健康(だから努力をやめると不健康になっちゃう)
・今も健康だけど、なにかあってもへこたれないくらい健康になるだけの何かをしている

という状態・・・

一番いいのは、今健康体でかつ健康体MAXになるように気をつける事だと
思っています。

動物の体の場合、「免疫」という言葉が健康のキーワードになると思うけど、
免疫力を高める為には、なんだかんだいって
「体を汚さないこと」と「適切な栄養を摂ること」なんですよね。


戦闘機いたちさん珍道中


私は常々、サプリメントをあげれば健康になるとは思っていません。
前のブログにも書いたことがあるのですが、うちではまったくサプリメントを
入れないご飯を月に2日ほどやったりします。

なんでかというと、
「サプリメントはあげ続けると効果がなくなる」というのはただの
都市伝説だと思っていますが、高濃度のサプリメントを連続してとると
体がちょっと疲れるんじゃないかなぁと思うからです。

だから、やっぱり体を休ませたりするのは重要かな・・・

そこで、体の中で一番疲れやすい肝臓・そして腸に焦点を絞って
デトックスをしたりしています。

デトックスメニュー:肝臓をイメージして 
-チョウセンアザミ:肝細胞を成長させる・抗酸化
 -ダンディライオン:強肝作用・利尿作用
 -五味子:滋養強壮・むくみとり
 -ミルクシスル:肝臓組織再生・血液浄化
 -オウゴン:抗炎症・フラボノイドの効果
 -セイヨウメギ:血管を拡張させる、黄疸などにいい
 -グルタチオン:抗酸化・解毒
 -N-アセチルシステイン:抗酸化

デトックスメニュー:腸・腎臓をイメージして 
-キチンキトサン:動物性の繊維、インドール(腸内の毒)などを吸着して外に出すので腎臓にいい、腸内の善玉菌優先環境を整える

キチンキトサンで栄養素もとられちゃうのでは?
とおもいますが、顕著に栄養吸収を阻害する事もないというデータがでています。
でも使用は断続的ではなく、あくまでスポットで使いたいです

ニックネーム いたちarea at 10:48| Comment(10) | TrackBack(0) | フェレット様サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村