にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村

2007年08月14日

フェレットの為の料理教室〜手作りささみジャーキー〜

生きてます!過労死まぬがれました!!!!!

やっと、ひどい生活が終わりました・・・・
それで、下書きをしてあったノートPCを客先に置きっぱなしにしてしまったので
回収までカビ対策ネタが書けません・・・・
(文章は書き直せばいいんだけど、写真が中に入っていたのです・・・)


というわけで・・・・最近、ブーム再熱のジャーキーつくりについて書きます!


前回ブームはこちら
ジャーキーはオヤツに入りますか?〜フェレット手作りご飯編〜



なぜか、ささみでジャーキーを作ろうとは思わず、市販で無添加、無着色
国産鶏使用・・・等々なんかいろいろと拘って購入していたんだけど、
気がつけばそのコストを鶏肉のグレードに変えて銘柄鳥でジャーキーを自分で
つくればいいんじゃないの!?て
今更ながら思い出しました・・・・(^^


戦闘機いたちさん珍道中


何度も書いているんだけど、うちのイタチ様は肉食ながら
「ゆでたササミなどたべません派」
の恐れ多きこだわりイタチ様なのです。
なのでジャーキーもいわゆる、
「いわゆるジャーキー」に仕上げないと食べないのです。


ささみジャーキーの場合、下ゆでしないで焼く!のみです。

ここでコツがあって、あらかじめ肉が水っぽいとオーブンで焼いた際に
肉の中の水分で肉がゆであがってしまって仕上がり感が変わるので
焼く前にキッチンペーパーで肉の水をぐいぐいと吸い取ります。

本当はジャーキーは低温で時間をかける(24時間とか!)のがいいみたいなんだけど
そんな事したらジャーキーつくりの過労で死んでしまうので、
ちょっと硬くなりすぎなく、かつ香ばしさを出すために
超短時間でつくります。
(160度くらいでじっくり焼くのもいいみたいですよ)


1:オーブンの温度設定を210度にして、予熱をします。焼き時間は15分程度をセット
  (庫内の大きさで変わるので要調節)


2:水気を切ったささみを軽く叩いてのして、オーブン皿にならべます。
  アルミホイルを敷いてもいいんだけど、アルミは
  ほら、ネットで調べてもわかるんだけど動物の体に悪いおそれがあるので
  クッキングペーパーをしいて・・・・加熱開始!


戦闘機いたちさん珍道中




3:表面にちゃいろっぽい焦げ目がついたところで、肉を押してみると柔らかい感じがの  こっている状態で、余熱の中で放置!
 (肉のプニプニ確認時間が長いとオーブン庫内が冷えるからもう一度あたためてね)



4:すっかり余熱で加熱も終わった頃(たぶん30分は放置で)に完成!


半分に割ってみて、中がしっとりしつつも火が通った状態なら完成


完成品!

戦闘機いたちさん珍道中




冷蔵庫で保管してあげてください。


さっそくちょんまげ長ハエがたかっています(笑)

戦闘機いたちさん珍道中



夜中におなかを減らして私をおこしに来た時に、これを与えておっぱらっています
(ひどい。。。。(^^;)


次はもっとモイストタイプを追求したいとおもいます。
市販のモイストって油をつかった薬品とか、砂糖とかでモイストにしているんだけど
それをやらなくてもいい方法で・・・・・いつできるかなぁ
ニックネーム いたちarea at 11:30| Comment(27) | TrackBack(0) | フェレット手作りご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村