にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村

2007年09月04日

フェレットサプリメントを飲ませる時間(効果的時間差薬学)〜Paet1〜

人間の風邪薬に書いてある
「毎食後に1日3回」って結構
「ご飯食べないから薬飲まなかったよ」って人いますよね。


「食前に」とか「食間に」とか、
本当にそうじゃないと薬の効果がないので書いてある場合もあるんだけど、
(胃の治療薬とかさ、からっぽじゃないと治療できないし)
その言葉がさす本当の意味は、かなりな比率で
「ご飯を食べた後って言えば、薬を定期的な時間に飲むだろうし忘れないだろう」
という意味もあるそうです。


戦闘機いたちさん珍道中


さらに強い薬の場合は、食事をしたことによって食物が胃の中にあるから
薬によって胃が荒れないようにする効果もあるんだけど、でも大体は時間と回数の
「忘れないタイミング」のために食事と関連つけているそうです。

人間の「うっかり忘れてしまう」というのは凄いもんで、連続して飲まなくちゃ
いけない薬だけど、10日に一日薬を休んだ方がいいという類のものでも
その「1日やすむ」が習慣になるとこまるので、
でんぷん玉みたいななんの効果もない薬をその「薬を飲まない日」にも
飲むようにするそうです。


戦闘機いたちさん珍道中


ところで、フェレットのサプリメントについて
元々与え方にずっと疑問があったので、1年ほど前から「時間差療法」について
考えてうちのフェレットには与えてきました。

時間差療法というのは、ひらたく言うと
「サプリメントを全部同時に摂取するのではなく、いちばん効果を引き出せる時間に
 摂取する」という物で、色々あるけど、
日ごろから疑問におもっているフェレットの副腎腫瘍のための
サプリメントなんかに注目して考えてみようと思います。


与えるポリシーによるので情報の捨拾は自己責任でお願いします。


長くなるので、分章で・・

 次回の Part2へ続く・・・・
ニックネーム いたちarea at 18:48| Comment(11) | TrackBack(0) | フェレット様サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村