にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村

2007年09月08日

フェレットサプリメントを飲ませる時間(効果的時間差薬学)〜Paet3

前回の記事はこちら
フェレットサプリメントを飲ませる時間(効果的時間差薬学)〜Paet2〜



前からたまに、ブログの中に書いているとおり、フェレットに限らず動物が
死ぬ時間って明け方が多いと思いませんか?
自分が風邪など病気になったときも、明け方に熱が高くなったり咳が出たり
花粉症ですら明け方にのどが痒くなって眠れなくなったりしませんか?


動物の体というものは、自身の細胞の成長や生命維持の休息のために
1日の中であるサイクルで活動しています。


戦闘機いたちさん珍道中


・お昼〜夜(午後)
 体の免疫力が低下、風邪などを引いている場合は午後4時頃に症状が酷くなったり
します。

・夜〜明け方(夜中)
 午後の免疫力低下で弱りきった体に効果的に活動できるように、癌は夜に一番活動
が活発になる。(風邪のウイルスもそう)


・明け方〜お昼(午前中)
 夜の大活躍で疲れた癌細胞が休息時間入る、血管新生をして栄養補給して次の活動時間まで、ユックリ鋭気を養います。
 癌細胞が活動をやめてくれるので動物の体は 少し元気になりますが疲れはたまっ
ています。
 


・お昼〜夜 → 夜〜明け方 → 明け方〜お昼 を

病気の動物の体のサイクルで言えば
・免疫が落ちて元気ない→がんに攻撃されてる→疲れているけど攻撃やめてくれて楽

癌の気持ちで言えば
・そろそろ活動しようかな→攻撃開始!→疲れた栄養とって休もう

という感じでしょうか?


戦闘機いたちさん珍道中


これへの対策をpart2のサプリメントのラインナップに当てはめてみると、
一番効果があるのは


【1日のサイクルでサプリメントを飲み分ける】

★お昼〜夜(午後)
 免疫が低下してるから「アガリクス」「メシマコブ」を摂る

★夜〜明け方(夜中)
 癌が活動しようとしてる、どうせ活動するなら自殺させちゃえで「フコイダン」を
摂る

★明け方〜お昼(午前中)
 癌が休んでお食事をしようとしてるから、血管新生をさせない「コンドロイチン」
を摂る


というアプローチの仕方になるんじゃないかなと思います。

総合サプリメントなら、これらの3回の時間に与えるというのも
いいかもしれないですよね。
(他の成分は無駄になるとしても、有効成分をその時間に与える事にもなるので)






加筆・・・・


上のように、各目的によってサプリメントの効果が違うから
たとえば、免疫強化・悪い細胞の自殺促進・悪い細胞の栄養阻害は
複合的に飲むのがいいと思います。

アガリクスだけじゃ免疫強化にしかならないとか・・・
ないよりましだけど、一緒に悪い細胞の動きも阻止したいですよね・・

同じ働きをするサプリメントは色々あります


たとえば、

★「アガリクス」「メシマコブ」と同様の働きをするものに
 ・冬虫夏・プロポリス・初乳 など

★「フコイダン」と同じ働きをするものに
 ・まいたけエキス

★「コンドロイチン」と同じ働きをするものに
 ・秋ウコン

などがあります。
手に入るもの、持っているものコスト的に可能なものなど
インスピレーションで取り入れてみたらいいのかもしれないです。




ニックネーム いたちarea at 04:08| Comment(10) | TrackBack(0) | フェレット様サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村