イタチのミグは憂鬱。リサとガスパールの白い方

俺、ミグ。 自分で望んだ訳じゃないけれど、長男という仕事をそつなくこなしている。 長男という仕事は大変だ。 ご飯を食べるのも、一番最後。 サプリメントを飲むのも一番最後。 おやつを貰うのも一番最後。 遊ぶのも一番最後。 だけど、 つめを切るのと、耳掃除は一番最初。 子供やお客さんが来ると相手をするのは俺の仕事だ。 誰かの血液検査をするときには基準値用として俺の血を一緒にとって 比べられるのも俺の仕事。 痛いけれど、俺にはスタンダードだという誇りがある。 小さい時は、一人っきりで、お母さんにたっぷり相手してもらったけど。 そんな時代がなつかしい時も正直あるけれど・・・ だけど、兄弟達が来てから楽しいんだ。 だから、俺は長男として今日もみんなを見守る。 そんな俺には、俺だけの特徴がある。 ソックリな兄弟もいるけれど、俺はマダラ軍団の中で白くて目立つ。 リーダーたるもの、いつでも見つけられるように、輝いていなくちゃいけないから 俺のまぶしさは相当なものだ。 俺の白い毛は俺のカリスマ性の表れなんだ。 当然写真にとっても俺は美しい。 診察券の写真 あれ?これ? ・・・・・ちがうっつ!!!!

続きを読む