にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村

2007年11月06日

フェレットのための手作りハーブチンキ 〜Part1〜

実は、このブログの記事は半年前位に書いたものです。
下書きをなくしてしまって、今みつかりました(笑)


うちではフェレットの為に多くのハーブを少しずつ使っています。

大体がドライハーブをミルサーで粉末にしたものを餌に混ぜたり、
水に溶かしてのませたりしていますが
(ザラザラするんだけど、慣れると平気なので・・・)
ちょっと気が向いたので、フェレットハーブチンキを作ることにしました。
長いので分章にします。


「チンキ」とは、主にハーブの有効成分をアルコール抽出したものの事を
言うのですが、ハーブには「水溶性成分」と「油性成分」があって
それぞれ、水に溶けるもの、油にしか溶けないものというのがあるんだけど
アルコール抽出するとどちらの成分も抽出できます。


戦闘機いたちさん珍道中



なので、ハーブを「ハーブティ」や「ドライハーブ」
を飲ませた状態だけだと摂取出来ない有効成分も
取り出して摂取させることができます。
あとハーブチンキにすると、日持ちしたり、持ち運びが楽だったり色々と利点があります。




さて、でも「フェレットにアルコールってどう!?」って思いますが、
もちろん、それは酔っ払ってしまうようなアルコールを動物に用いたくないので
今回は、以下2パターンで作ってみました。



・アルコール(ホワイトリカー)で抽出したものを後にアルコール分だけ蒸発させる
(アサリの酒蒸しみたいなかんじ?)

・食用グリセリンで抽出する
(グリセリンは物質構成がアルコールと同じなのですが、いわゆる「アルコール」ではな いので、生まれたての赤ん坊にも無害な上に保存性にも優れた便利なもの)




■用意するものは以下です

 ・ドライハーブ
 (葉っぱものは特に農薬被害とか心配なので、無農薬栽培・有機栽培のものを)
 ・ホワイトリカー(アルコール抽出分)
 ・食用グリセリン(グリセリン抽出分)
 ・煮沸消毒した密閉ビン(ジャム保存ビンみたいなものなど)


戦闘機いたちさん珍道中


 ハーブはちょっと探せば、いろんなところで見つかるのですが、
 意外と食用グリセリンが入手困難です!


  Part2へ続く・・・・


ニックネーム いたちarea at 17:03| Comment(4) | TrackBack(0) | フェレット様サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村