にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村

2008年01月11日

インターフェレットのオリジナルホームメイドフード

そういえば、肉ご飯をあげていると、
「宿泊旅やお出かけの時にどうしてるの?まさか肉もって行くの?」
ってよく言われるんだけど、・・・・・

はい。

持ち運べるなら出来る限り肉を持ち運びます!!!

フェレットショーに行くときに、静岡の実家によって、
猫達を預けて、
名古屋で1泊、翌日大阪に移動して滞在、
そして翌日京都という感じで旅をしていったのですが、
最初の日の分は、いつものお肉を保冷剤がっちりでもっていったんだけど、
(生肉持参の旅っ・・・・お弁当は生肉なんて素敵・・・)
それ以降は冷凍庫があるかないか分からない状態だったので、
冷凍生肉をもって行く訳にもいかず、名古屋の滞在先に冷凍庫があるのを
確認して、行きにインターフェレットによってホームメイドフードを購入しました。


戦闘機いたちさん珍道中



みんなが大好きなワイソングのフリーズドライ(アーキタイパル1)
オンリーでもよかったんですが、あれだと水分がない分、
なかなかお腹がいっぱいにならないらしくって、いくらでも食べちゃうので
ホームメイドフードでおなかが膨れてくれればいいなぁと思って・・・


インターフェレットのホームメイドフードは加熱食です。
多分うちのイタチ様は食べ馴れないだろうから、無理やり口に
入れて慣れさせないと駄目だろうなぁとは覚悟していたんだけど・・・・

中身は宮崎鶏?だそうな

戦闘機いたちさん珍道中



案の定、初日は苦労しました・・・・
どうも過熱した肉は肉と認めてくれないらしくて
「おかしなものを食べさせようとしてる!」と全員必死な抵抗・・・・
でも嗜好性は高いらしくって、無理やりたべさせて慣れたら結構たべていました。

でも、消化酵素をたっぷり入れて、いつもと同じサプリメントを混ぜてもやっぱり
結構おなかがゆるい感じです。
うんこを作るための繊維をしっかり入れてあげてもやっぱりゆるい・・・・
完全肉食の場合、おなかがゆるい(ゆるいのは当たり前という健康な状態)
というのと
下痢(不健康な状態)をかなりしっかり見極めなないと
いけないと思うのですが、
この場合「おなかがゆるい」だけだから問題ないといえば
問題ないんだけど、それにしてもおなかがゆるすぎちゃう・・・
(トイレの片付けが大変・・・・)
体が生きた酵素バリバリの生肉に慣れているせいもあるかもしれません。



戦闘機いたちさん珍道中


食べるには食べるし、お腹のゆるさを妥協すれば
普通に食べるという意味では、加熱食も案外いけるのかなぁ・・・
と思いつつ、帰宅して生肉をあげたら、
全員涙を流しながら(ほんとに涙をながすの!)生肉を喜んで食べていて
やっぱり生肉の方が好きなのかなと思いました。
(最初から生肉で慣れさせたせいだとは思うんだけど・・・・)


そういえば、フェレットショーの会場で
いたちパパさんが「いいものを見つけたからあげるね」
とホームメイドフードと同じようなレトルトの加熱肉をくれました。
ホームメイドフードは、冷凍保存しなくちゃいけないからやっぱり冷凍庫のある
場所しか持ち運びできないんだけど、こっちだと簡単に持ち運び出来そうです!
いいものを教えてくれてありがとうございました!


戦闘機いたちさん珍道中



今後移動のときは、アーキタイパル1とトッピングでこのご飯もいいなぁ!
とおもいました。


そんな、生肉イタチ様たちですが、
たまにあげるアヒルやカモは、なんとなく気分で加熱してあげています。
(加熱したやつをフードプロセッサーでべしょべしょにして、生肉にまぜてるんです
 加熱については注意点が結構沢山あるので、何でも加熱して大丈夫ってのとは違うの)

刺身用ホタテを自分でボイルしたやつ
(ボイルしないほうがタウリンも摂れていいんですが、この手の食材にあまり栄養は期待していないので、ボイルしちゃいます)
と鴨を煮たやつをペーストにして生肉の中に足してあげると、
うちのイタチ様には大好評です。
なぜでしょう、きっとソースと同じ感覚なのかな(^^


でも、やっぱり何といっても
「空腹が最大のソース」ですね(^^;
ニックネーム いたちarea at 12:53| Comment(11) | TrackBack(0) | フェレット手作りご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村