にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村

2008年03月05日

いたち専用の冷凍庫の霜をとらされるのです

こんにちは!

いたちはみんな元気です。
私は花粉症で元気がありません(^^;

アレルっこのスピカちゃんがいるので、花粉の時期に気をつけて
みんなにあるサプリメントを調合してあげたら
朝の目覚めが良くなったみたいでとっても元気です・・・
元気は素敵!
でも、あんまり朝から足を掘られるとつらいです(笑)


戦闘機いたちさん珍道中


さて、いたち様達に手作りごはんを始めて、自分の冷凍庫だけじゃ足りなくて
"仕方なく”買った
(ウキウキ買ってないですよ(笑))110Lほどの冷凍庫に霜がつきました。
正確に言うと、霜はちょくちょくついていたんですが、こまめにとって
なんとか過ごしてきたの・・・・


しかし、過ごした年月の分、小さくたまりにたまった霜たちが、
冷凍庫の屋根の手の入らない部分に集合してきて、
そろそろ冷凍庫に負荷がかかっているのか冷凍庫が
「ブンブン」言うようになりました。
霜で冷凍効率もわるくなり、冷凍庫の外部が熱くなり始めたので
仕方なく、電源を切って霜を溶かすプロジェクトを発動させました。


1度電源を抜いて、霜を溶かすときれいになるのは分かっていたのですが、
問題は、毎日お肉をストックしておかないといたち様が飢えて死んでしまいます(泣)
この計画には


いたち様の命がかかっているのです!!!!(大袈裟な・・・)


仕方ないので、クーラーボックスと保冷剤に肉を入れて保冷しつつ、
冷凍庫の電源を抜いて霜を溶かしだすという方法にしました。


心配なのは、冬場なら霜がどのくらいで溶けるかという事です。


霜をとりたいなぁと思ったのが夏。
しかし、夏は霜がとけるのも早いけど、クーラーボックスの中身が不安になるまでの
時間も早く決行する決心がつきませんでした。


戦闘機いたちさん珍道中


工程としては、

・クーラーボックス用の保冷剤をあらかじめ凍らせておく
・クーラーボックスに凍った保冷剤を入れて、肉を保管する
・冷凍庫の電源をオフし扉をあけっぱなしにする
 (扉をあけておかないと案外保冷効果があるのです)
・霜がとけるのをひたすら待つ
・溶けなかったら・・・とドキドキしながら待つ
・クーラーボックスの中身が不安になるけど、開けると冷気が逃げるので
 「あかご泣いても蓋とるな」をイメージしてじっと我慢する
・霜が溶け始めたら手で霜をトル
・手で取れないところがとけるまで待つ
・霜がとけきったら冷凍庫内をきれいに清掃して電源を入れる
・冷えたところでクーラーボックスから肉を戻す


実際には、冬場室温15度程度だと、霜(厚さは2〜3センチくらい)は5時間程度で溶けました。
思ったより早かったです。

大きな霜は他の小さな霜への保冷剤の役割をはたしてしまうため、ある程度やわらかくなったら霜にグリセリンをつけて手でむしりとりました。


グリセリン(食品グレードじゃなくていいです)
080305-3.jpg

グリセリンは氷の融点を下げて氷がとけやすくなります。
完全に水にする必要がなく、霜と冷凍庫本体がくっついている部分が剥離できればいいので、冷凍庫に近い側にシリンジを使って、注入していきました。
他にもべったりした性質が水分を吸うとかあると思うんだけど・・・
グリセリンを霜にたらすと、ジットリとしみこんで「しゅわわ」という感じで氷に
ヒビを作ってきます。
そこをバリバリはがします。


面白いから、冷凍庫の掃除のときにぜひやってみてくださいね(^^


080305-4.jpg


そんなこんなで、あんがいあっさりと霜とり作業は完了しました。
むきになって霜をとらなくっても、大きいのさえとってしまって後はとけるのを
待てばすっきりきれいになります。


肉をクーラーボックスに移して、霜とりですが時間的にも
やってみたら全然大丈夫でした。

今度からはこまめにやりたいな。



ニックネーム いたちarea at 12:34| Comment(16) | TrackBack(0) | 全部がフェレット内容のふつうの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村