にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村

2008年07月25日

フェレットダイエット(フェレットはなんでそんなに食べる出す?)

前の
フェレットはどうしてそんなに食べる、そんなに出す?〜フェレット食事量〜



より結構時間が経ってしまって、もう書きたいことがあんまり
思い出せません(^^;


ペットフードには
「何歳のペットにはどのくらいご飯を与えてください」
とか「何キロの体重のペットには何グラムご飯を与えてください」
という「給与量」っていうのがありますよね。


前のエントリーで「体重と必要カロリー数は比例しない」と言いましたが、
あまり大きさの変わらない動物は、ペットフード的には細かく区分わけするのが
面倒くさいので、分かりやすく「体重あたり」で書かれていることが多いです。


戦闘機いたちさん珍道中



じゃあ、やっぱり体重なんじゃん
ではなく、これが極端に大きさの違うペット(犬など)の場合は、
そのあたりを考慮して、ちゃんとしたフードは
「大型犬用」とか「小型犬用」とカテゴリが分けられていて、それで考慮されて
給与量(つまりその餌で摂取させたいカロリー)が設計されています。

一般的に小型犬用は、少しの量でおおくのカロリーがとれるような餌になっています。


フェレットではあんまり「こうだ!」と表記されていないけど・・・
大体この位与えてくださいという量が表記されていますよね?

たとえば、1kg/体重 あたり当社のフェレットフードを40g与えてください
という給与量があったとします。

これで
"完全に成長期が終わって、健康な状態で体の出来上がったアダルトな
「元々の体重が1kgのフェレット」"
が、その後太ってしまって1.5kgになった時に、
理論的にはどのくらいの量を与えればいいか分かりますか??


戦闘機いたちさん珍道中



正解は(これ以上天文学的に肥満に近づけたくないなら)
1kgのフェレットの給与量です。


なぜなら、体の中で蓄えられた「余分な脂肪分」は
生きるためにエネルギーを必要としないからです。



肥満なフェレットの体重=「適正な骨格をもった肉体+適正な脂肪+余分な脂肪」
です。
「余分な脂肪」は本来体重に入れられるべき所じゃないですよね?



1.5キロのフェレットのうち、500gが「余分な脂肪」
(大袈裟なたとえだけどね。。。本当にそんなフェレットがいたら大変)
の場合、脂肪にご飯をあげる必要はないので、1kgのフェレットの給仕量になります。


しかし、実際は「理論」のようにいかないわけで、いきなり食べる量を減らすのは
大変です。



実際にダイエットをする場合は、
いきなり1kgのフェレットの給仕量まで落とすのは
きついので、
肥満が軽度な場合は→今の体重に該当する給与量の45〜55%の量を与える
肥満が十度な場合は→今の体重に該当する給与量の55〜65%の量を与える

くらいで進めるといいようです。


戦闘機いたちさん珍道中


上の「健康時1キロ」のフェレットが「肥満で1.5キロまで肥ってしまった」
場合は、
「1.5キロのフェレットの給与量」の45〜65%
(上の軽度、重度にそって)を与えます。

体重が減ってきたら減ってきた体重に合わせて
同じように「1.※キロのフェレットの給与量」の45〜65%を続けます。

1週間で1%ずつくらい体重を減らすのが目標です。



犬の飼い主さんなんかで、
「うちの子、3歳までは2キロだったのに太っちゃってね、今4キロだから
フードの「4キログラムの体重の場合」を見てごはんあげてるんだけど、
ペットフードメーカーの言う適量を守っているのにどんどん太っちゃうのよ」
という人が結構いるようです。

確かに、フードの説明の仕方も悪いですよね。


「余分な脂肪」も体重に入れて、ご飯をあげていたらカロリーオーバーになって
どんどん太ってしまいますね、適量じゃありません(^^



フェレットの場合、「肥満」と言われやすいベビーファットは
無理やりやせさせる必要がないので、あくまで
「大人(1歳半〜2歳くらいかなぁ・・・)で安定した体重」から
急激に太り始めたりした場合が「肥満」だと思うのがいいと思います。

ニックネーム いたちarea at 12:18| Comment(6) | TrackBack(0) | フェレット手作りご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

しゅみっとくん、天然パーマ(くるりんくるりんっ)

暑いですねー!
だるいですねー!


ブログに載せる写真がないので更新が停滞しています(^^
また携帯写真です・・・
一眼は新しいカメラにしたんだけど、今の手持ちのレンズとの連動した
癖がつかめなくって、なかなかうまくとれません。


半年?くらい前に気がついたんですが、フェレットの毛に天然パーマって
あるんですね〜!

うちではシュミット君がそうなんですが、小さいときからなんかモッサモッサした
毛質の子だなぁと思ってみていました。
もう4歳近くなってブレイズ模様も色抜けし始めると、全体的に薄い茶色の毛ばかりに
なり、少ない黒い毛が目立つようになって来たんですが
その黒い毛をよく見てみると、チリチリと縮れています。

080704.jpg

カンモウしてもこの毛だし、よく考えてみると幼少の頃からそんな毛質だったので
これは!フェレットの天然パーマだ!
ってびっくりしました。

フェレットショーの時にびあるさんに聞いた話だと、やっぱり天然パーマの子を
飼ったことがあるとのことで、結構いるもんなのかもしれません。


背が高く(フェレットでいえば、銅が長い)、やせ型で小顔丸顔で
天然パーマ・・・・?

人間で想像しようとしても容易に思いつかないルックスです(^^
おまけに、いつまでも可愛いボクチンだと思っているのに、きっと
オジサンなんだろうなぁ・・・・・・。




ニックネーム いたちarea at 12:29| Comment(18) | TrackBack(2) | 全部がフェレット内容のふつうの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村