フェレット手作りご飯での成長推移の仕方

うちでは、初期に飼ったフェレットは全員ドライフード育ちでした。 それ以降、スピカから後、完全に小さい頃から (ペットショップ時代は別として・・・) 肉のみで育った子達が、フェレットフードで育った子達と 全然違う成長の仕方をするという事が分かりました。 すぴちゃん、ほったん、ウルフ、しっぷ、の4匹は 「成長の速度が遅い」です。 これは「成長しない」という事じゃなくって、 あくまで「速度が遅い」だけで、成長期がずっと続き 最終的にはドライフードの子よりも大きくなります。 (ほったんは大きさ的には大きいとは言えないんだけど、小さいわりには  骨太だったりして丈夫な体つきです) なので、生後1年目くらいまでは、ドライフードの子の方が大きい感じがします。 (どっしり感は手作りごはんの子の方があるんだけど、カサがないんです) 完全に手作りご飯のみだと、ベビーファットが来るのが生後9か月以降くらい (ドライフードだと生後半年くらいでピークがきます) ベビーファットが抜けるのは、生後1年半~2年くらい (ドライフードだと1歳くらいまででやせるそうです) 不思議だなぁ~と思っていたのですが、 海外の犬のショードッグのオーナーの中では、普通に 「ロウフードは成長速度が遅いため、パピークラスに出したい場合は不利」 (パピークラスでは「この年齢の割には大きく成長してる」などが評価されるので) だと言われているようです。 やっぱり…

続きを読む