にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村

2009年01月20日

イタチにウナギ!〜フェレット鰻食べる〜

いたちの胴が長いから
「うなぎいぬ」だよ、れれれのれ
みたいな話じゃなくって・・・


お久しぶりです(^^;
あけましておめでとうございます・・・・(ボソ・・・)

090120-1.jpg


今年は「やる気が出ない」一年を象徴してるのか・・仕事に行ってかえって
生きてるだけで精いっぱいな日々です

なのに、いたちのみんなは絶好調!!
ここにきて、みんな何かすごい健康的です


さてさて、先々週になりますが、
前からチョコチョコお肉を買っていた
「わんわん倶楽部」さんに遊びに行ってきました

090120-9.jpg


今度発売した「コンプリートフード」の事がHPを見ても
よくわからなかったので
(ついでにどんな人か会ってみたかったのです)
行ってみたんだけど、さすがに平塚って遠いのねー!!!


となりの県だから近いだろうと
何にも調べずに出かけてみたら、もうあとすこし走れば私の実家に
ついちゃうくらい遠かった・・・・



わんわん倶楽部さんは思った通りのマニアックな人でした(^^
甲斐犬(他のわんちゃんもいるみたいだけど)を
生肉で育てている人だけあって、各お肉の特徴をすごく詳しく
教えてくれました

090120-10.jpg

私の実家の方では、小さい時に「甲斐犬」ブームがあり、山梨が近い事もあって
ブリーディングで有名な人
(たぶん・・・なんか300頭に1頭しか出ないとか
いうカラーの犬を持っていたので、そうじゃないかなぁ〜と)
が近所にいて
「甲斐犬」について色々聞いていたので、わんわん倶楽部さんの甲斐犬もみて
みたくって見せてもらいました。
やっぱり私が子供のころ遊んでもらった(正確には吠えつかれた)
コツブでピリっとからい胡椒みたいな感じの和犬で
かっこよかった!!



コンプリートフードの事は、またの機会として・・・



今回せっかく出かけたのでお土産に
わんわん倶楽部さんの「イールヘッド」を買ってきました

090120-5.jpg


わんわん倶楽部さんのうなぎは
「四万十川」の「近くの養殖場」で育った国産ウナギらしく
どこかの私の日記で「いたちにウナギを!」を見た人は
「またこの話題だ」と思うでしょう(^^;
いたち様にウナギをたべさせたい!がこれで叶いました



フェレットにお魚をあげるのって、手作りご飯の人ならあんまり抵抗ないと
おもうけど、フードの方とかだと
「この人なにやってるんだろう!!??大丈夫?」ですよね(^^
でも、ほら
フェレットてたぶんカワウソ系なのです
志村動物園のコツメカワウソなんてうちのシュミットそっくりです(笑)
きっと改良前の本種だったら、川で魚くらい食べていたんじゃないかな?

090120-4.jpg

ご飯にお魚を入れるとタンパク質の吸収性のバランスがよくなるのか
とってもいい排泄になります


それにね、うちのいたち様達はみんなお魚大好きなんですよ〜
いつものご飯にうなぎを入れたら、食いつき抜群になりました


鰻に体系がそっくりだしね・・・なにか通じるものがあるのかな(笑)



お魚をあげるときは、なるべく
「川の魚」か「小魚」を選びます
絶対に"加熱"お魚はこれが条件です


090120-3.jpg

なぜ小さいお魚かというと、
「生物濃縮」というのを小学校の理科で習ったと思うのですが
海などの水の中にある「蓄積する有害物質」
プランクトンが食べて→小さいお魚が食べて→中くらいのお魚が食べて
→大きなお魚が食べて→超大きなお魚がたべて

と繰り返して捕食されていくうちに
大きいお魚ほど、有害物質が大きく蓄積する事になるからです
つまり、大きなお魚は有害物質がたまっていやすいって事ですね


うちでは小さい魚でもシラスやワカサギが特に好評です








ニックネーム いたちarea at 12:43| Comment(9) | TrackBack(0) | フェレット手作りご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村