にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村

2009年02月23日

ふやかしフードは歯に悪いのか?〜ふやかしフードの利点:フェレット脱水対策:1〜

前回で、誤解を招いたかもしれないですが
「ドライフードよりふやかしフードでいれば、歯石は付かない」
と言っているわけじゃないでーす(^^

戦闘機いたちさん珍道中

あくまで、同じ条件で比べた時に、
そんなに
「ドライフードが歯に素晴らしくって、ふやかしフードが歯に悪い」
わけではないんじゃない?
という事を言いたかったのですが・・
分かりにくくてすみません

どちらも歯石は「同じように付く可能性がある」ので歯磨きや、
何かしらのケアをするようにしたいですね!!
(これについては、次回以降に)


戦闘機いたちさん珍道中 width=


今回は「ふやかしフードの利点」についてです



ふやかしフードを食べさせる時って、普段ならどんな時かと想像してみると、
・フェレットが抵抗力がないとき
・病気の時
・赤ちゃんの時
というのがメジャーだと思います。


普段はカリカリドライフードなのに、体が弱いときには誰しも
ふやかすことを思いつくんですね

なぜだと思いますか?




戦闘機いたちさん珍道中




それは、"消化吸収にいい"からです。



当たり前じゃんと言わずに聞いてください(^^


ここで、本当にざっくり「消化と吸収」について説明すると

「消化」とは=食べた物を体に吸収しやすくする事

「吸収」とは、名前の通り体の中に栄養をとりこむ事
です。



食品によって細かく消化の仕方は変わりますが、
大体は
「食べ物をかみ砕く」→「消化器官(胃とか)で消化液・消化酵素と混ぜ合わせる」
を繰り返し、最終的に吸収しやすい「ドロドロの粥状」にします
これを消化といいます




ここから、まためんどくさいですが
頭の中のイメージを作ってみてください。

戦闘機いたちさん珍道中

**************************************
頭の中で以下のものを用意します

■2つの空のコップ(胃に該当するもの)
■2つの水の入った小さいコップ(消化液に該当するもの)
■ガーゼ(栄養を吸収する小腸に該当するもの)
**************************************


まず、
「空のコップ」1つずつに、にそれぞれ

1:ちょっと湿気たビスケットを砕いて入れたもの
2:おかゆを入れたもの

を入れます。


-------------------------------------------
1:湿気たビスケット(ドライフード)
-------------------------------------------
頭の中のコップに入っている
「ちょっと湿ったビスケット」は、唾液が混ざったドライフードの
イメージです。

これに、用意した
「水の入った小さいグラス」1本分の水を入れてください。
これが分泌されて食物にかけられた「消化液」のイメージです

これは、ドライフードを食べた時のおなかの中のイメージです

若干唾液でぬれているかもしれませんが、それでも
水はビスケットにみるみる吸収されて、ビスケットは少し
膨らんだと思いますが、全然まだパサパサですね。

ご飯中に水を飲むかもしれませんが、ふやかしフードに使う
お水の量には到底かなわない事は、ふやかしフードを作って
あげたことがある人ならすぐにイメージできるとおもいます。



-------------------------------------------
2:おかゆ(ふやかしフード)
-------------------------------------------
頭の中のコップに入っている
「おかゆ」は、唾液が混ざったふやかしフードの
イメージです。

これに、用意した
「水の入った小さいグラス」1本分の水を入れてください。
これが分泌されて食物にかけられた「消化液」のイメージです

おかゆがもっと水っぽくなってなめらかになりました。




戦闘機いたちさん珍道中


さて、これで「胃での消化」は終わりです
胃の動きをイメージするために、各コップの中をスプーンで混ぜる
イメージもしてください。




戦闘機いたちさん珍道中

次は、吸収です

頭の中にガーゼをイメージします。
ガーゼの"きめ"が「小腸の柔突起の吸収部分」だとします。


1の「湿ったビスケット」
と、
2の「どろどろおかゆ」
をこのガーゼにつつんで、ギュっと絞ったら・・・・・



どちらの方が「胃の中身」だったものを通すでしょうか?


戦闘機いたちさん珍道中


「おかゆ」ですよね?
このように、消化吸収は「消化液」と柔軟に混ざって親水性がある方が
最終的に「吸収」されやすいです


また
「消化液自体そのものが"フェレットが水をたくさん飲んでいるとき"の方が出やすい」
という事実もあります
「食欲がない虚弱体質」は食前に「ぬるま湯」を飲むと
消化器官が元気になってご飯が食べられるのはこのせいです
(ダイエットしたい人が水をたくさん食前に飲む方法は、このま逆に見えますが、
 あれは水でおなかを膨らましたいだけです、胃の容量があけばいずれおなかがすいて 
 結局食べちゃうみたいですね(^^)



ペットにダイエットをさせるときに、ふやかせばカサが増えて
痩せると思われがちですが、このような理由で
「ふやかしフード」は従来のご飯より栄養の吸収がよいため「太ります」




ここでよく、「消化液は水を飲むと薄まるじゃん」という人がいますが
薄まるからって特別に事はないですよね??
アツアツのアスファルトに1粒の雨が落ちたら「雨は相対的に濃い」
水たまりに1粒の雨がおちたら「雨は相対的に薄い」のは当たり前です

消化液は「量」では消化量は変わりますが、より分泌量が少なくなっても濃いほうが
効果的なんていう事はありません


戦闘機いたちさん珍道中


同じ量のフードをふやかした場合と、ドライの場合で食べさせた場合
ふやかしたフードの方が太ります



また、免疫面について
「腸は免疫をつかさどる」というのが最近のブームですが、
消化吸収の悪いものを食べると、腸の免疫力が落ちたりします
アレルギーは「吸収できないくらいの大きさにしか
分解されていないタンパク質」が原因で引き起こされますので
十分に「消化=消化液と混ざって吸収しやすい分子に分解されること」
がされていない食べ物は、アレルギーも誘発します



自分が花粉症の人は、それがとても分かりやく実感できます

鼻がでて、花粉がひどいなーと思うのは
朝5時前後の免疫が落ちる時間帯、それから
空腹時よりも、ご飯を食べてしばらくたった後だと思います。
「ご飯を食べる事がきっかけ」で花粉症がひどくなるのは
じっくり自分を観察してるとよくわかって「すごい!」と思いますよ
とくに、ステーキをたべたり中華を食べたりすると
反応が顕著にでます・・・(人間にとって消化が苦手なたべものだからです)



戦闘機いたちさん珍道中

ドライフードをふやかす事で
「少量で吸収しやすい栄養」に変化させる事は
ドライフードの加工として素晴らしいと思います

「ご飯をたくさん食べて、吸収はほとんどしない」
は動物全般にいえることですが、体に負担がかかるだけです。




ここが重要です
「吸収をしない食物をたくさん食べるのは体に負担」
(食物繊維の事ですね・・・・と理解するのは違いますよ)

いろんなものを食べるという事が
生きる事の楽しみの一つとなりえる人間なら、食べても吸収しないのが
ありがたいのかもしれませんが・・・・
(そんな薬も出てますよね)



ふやかしフードはドライフードの有効利用のための方法です


これには、単に「水をたくさん含んでいるから」という意味以外でも
フェレットの体にとって
脱水症状を起こさせないような効果的な水分補給法も
含んでいるのですが・・・
どうしてかというと・・・・ながくなったので

詳しくは、次回に続きます・・・・
ニックネーム いたちarea at 12:15| Comment(11) | TrackBack(0) | フェレット関連雑知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村