にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村

2009年04月01日

さぁさぁ、イタチにも旬!春の手作りご飯〜フェレットのデトックス〜

桜の花もちらほらと開花してきて、すっかり春ですね桜
いたちの毛もちらほら散っていて、そんなところもすっかり春ですね


ブレイズ学園では、毎年恒例の春のイタチご飯フェアを開催中です!!!




なんか、たぶん春になると毎年ちょこっと書いていると思うんだけど、
イタチには「春のデトックス」が重要なんですヨ

戦闘機いたちさん珍道中

っていきなり息を荒くしてもしょうがないので・・・・
なぜ春にデトックスかというお話を・・・・


四季で温度が違ったり、日照時間が違ったりと、日本の季節は
他の国よりもはっきりとしています。

そんな日本の食べ物には特に「旬」という考え方がおなじみです。
旬を感じるものには、お魚とかお野菜とかがあります


戦闘機いたちさん珍道中


お魚の旬は
「一年中とれるけど、その時期がおいしい」
という旬ですが
お野菜は"温室栽培や輸入をしなければ"
「1年のうちのこの時期しか取れない」という旬がありますよね〜???




たとえば、春が旬のもの・・・・・

「菜の花」「春キャベツ」「ふきのとう」「たけのこ」「セロリ」
などなど・・・・他にもいっぱいあるけど


これらの味って、全部「苦い」と思いませんか?
タケノコは「皮をむいて食べる」というのは人間の手法なので、自分が猪になった
つもりでタケノコをどうやって食べるかというと・・・・・????
まるごと、皮もふくめてバリバリ!!!!食べますよね?
(たけのこの皮は苦い)


これはどういう意味かというと、
春の野菜にはデトックス効果があるからです
(デトックス効果のあるものって
味が特殊だったりえぐかったりするのです)


ブレイズ学園の今日の旬野菜は菜の花です。
びあるさんに教えてもらった、「安心やさい」で無農薬菜の花を洗ってます。
この後、しっぷにボウルをひっくり返されて水をこぼされる結果に・・・

090401-6.jpg




動物は、冬の間はエネルギーを蓄えるために
過度な代謝を控えて、とにかくエネルギーを体の内側にため込もうとします。
これは単純に冬眠体制云々ではなく、寒いと筋肉がちぢこまるのと同じで
無駄にエネルギーを発散してると自分の体の体温をたもったり
活動するためのエネルギーがなくなるからです。

体が代謝するのには、ちょっと頭で考えてる以上にエネルギーを使います
寒いのに、体の代謝をしてしまったら体が疲れちゃって体力を
失われると、体自身は本能的に知っています。

これは、暖房がきいているお部屋で飼っていてもちゃんと
季節を感じて毛が抜けるように、動物の体の本能です




なので、動物は春になったら
一斉に体のデトックスを始めます
旬の野菜をばりばりと食い荒らし・・・じゃない、食べてね
とにかく冬の間にたまった毒を体の外にだして夏を迎えようとするわけです

しっかりアクをぬくために茹でた菜の花を
ちょっと最近、私の中でブームなすりばちでつぶします

戦闘機いたちさん珍道中


ちびこもなめたがる 本能かな
戦闘機いたちさん珍道中



ところで・・・・
春になったら肝臓数値が悪くなるフェレットちゃんって多くないですか?



一説ですが、体が毒を外に出したくなってるのに、それをサポートしてくれる
環境がないと、肝臓が頑張って怒ってしまって数値がわるくなるようです
毒がたまってるから出すぞ〜!!と準備してるのに
うまく出せないと、出させろ!!こんちくしょー!と肝臓が暴走・・・・
とにかく、体の外に毒を出したいんですね


だから、春はデトックスなんです。
そんなイタチの体の毒だしサポートの為に、
まずは、ご飯に季節の野菜を取り入れます。

ま緑で体に良さそう
戦闘機いたちさん珍道中

苦いお野菜はアクがあったりするので、しっかり野菜によってアクを抜いて
少しでいいのでご飯に混ぜてあげるの



苦みが嫌いな、シュウでも野菜の苦みはあんまり感じないみたい、おいしいのかな
戦闘機いたちさん珍道中

ドライフードの子は、ふきのとう等だと使いにくいので、
ブロッコリーのスプラウトでもいいですね

種やさんで種をかってご自宅で育てるのが、薬の心配もなく
鮮度の意味でも栄養の意味でも、
そして愛情の意味でも抜群です!!!


ニックネーム いたちarea at 12:32| Comment(18) | TrackBack(0) | フェレット手作りご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村