にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村

2009年05月01日

イタチを豚インフルエンザから守ろう、私たちにはその義務がある

2回くらいにわたって書きます


私は、常に「これはいいよ」という事は書いても
これはダメとかあれは危険という
「ネガティブ」な事は書かないように気をつけてこのブログを続けて
いるつもりですが・・・これだけは書きたいです


世間を騒がせている豚インフルエンザを知らない人は居ないと思いますが
フェレットに、これがどう関係するかは考えている人の方が少ないと思います


 ■豚インフルエンザ(H1N1)はフェレットに感染します


ここだけでも、びっくりな人はいると思います

戦闘機いたちさん珍道中

ここで、日本国内で人に対してこの豚インフルエンザが蔓延し
病人が町中にあふれかえる場合フェレットたちにどんな事が起こるかを
想定したいと思います

豚インフルエンザが飼い主からフェレットへ、もしくは運悪くフェレットへ
単独感染し、地獄のような感染しあいをするとします


豚インフルエンザがはやったら、たくさんのフェレットの患畜が
来るので、獣医も分かっているしいつも通り、動物病院へ行けばいいじゃん
と思うのが普通だと思います。
フェレットへのインフルエンザへの治療は、インターフェロンの投与や
タミフルの投与
がメインになるけど


人にインフルエンザが蔓延した場合、動物病院での動物に対する
タミフルなどの薬剤は

「人道的理由」により制限される可能性もないとは言えません


ここで言う、人道的理由とは
 
・終わりが見えない流行性病原菌への対策薬のストックが、人よりも動物に
先に使われる事が禁止される


というものです。

戦闘機いたちさん珍道中

つまり、獣医師が持っているストックの薬は
「人間に使うかも」という事で
動物への使用は「禁止される可能性」があります
絶対ではありません、あくまで可能性があるという事です

これは、緊急事態において
人間を差し置いて、人間が使うかもしれない薬を先に動物が使うのは
「人道に反する行為」だという事です

戦争中であろうと自分の飼っている動物に食べ物を食べさせるのは
飼い主の当たり前な行為であったのが、人間への食物行きわたりを優先とし
食用家畜以外などの、犬や猫などは殺害した「緊急的措置」と同様です



あくまで「人道的な措置」で禁止される可能性がある
というレベルだという事をもう一度認識したうえで


では、これにどう飼い主がどう対策を取ることが出来るかというと

飼い主が個人で「フェレット分」の薬」をストックしておくことです
人間用はたぶん、しっかり回ってきますが、心配なら自分のための
薬もストックしておく方がいいと思います


これは、
「飼い主が獣医師へ持参した自分所有の薬での治療」
もしくは、
「飼い主が獣医師の指導をうけ自分で薬をフェレットに
自己責任で投与する場合」
まで制限されるような事は、戦争を上回るくらいの事態なので
ここまでは考えにくいからです
(動物病院などのような公共性のある機関までは制限される可能性があるため)

戦闘機いたちさん珍道中

個人輸入などでフェレットのために、薬を用意しておくことは
豚インフルエンザの場合のみではありません
これが、鳥インフルエンザでも、他の理由でも念のためのストックとしては有効です


日本はこれから夏になります
高温多湿の為、今回は爆発的な流行にならないとは思っておりますが、
寒くなる9月10月くらいに、おとなしくなったウイルスが再度
活発に活動を始めて、夏の間気を抜いて
無防備になった頃に、大混乱が起きる可能性もあります



そこで用意しようとしても、遅いので今用意したいですね
今買っておいても、有効期限(プラス2年くらいは
「ないよりは全然マシレベル」で効果があるとされている)
数年分は安心になるので無駄にはならないと思います


フェレットは、幸か不幸か(不幸です)インフルエンザの実験動物に
使われる動物である故、どの薬がフェレットに効果があるかというのは
各実験機関によりはっきりしています


フェレットに用意した方がいい薬は


■タミフルドライシロップ

■リレンザ

です。
リレンザは吸引タイプなので、フェレットに吸わせるのはむずかしいですが。
これを吸わせなきゃフェレットが死ぬというレベルになったら・・・
難しいとか、簡単とかじゃなく意地でも吸わせますよね・・・(^^;







次は予防について書きます





ニックネーム いたちarea at 12:35| Comment(19) | TrackBack(0) | フェレット様健康・手入れ・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村