にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村

2009年05月15日

フェレットを豚インフルエンザから守ろう〜予防編〜

日本国内に感染者が出たというのに、GW前よりも明けたほうが
世間が静かですね・・・この「もうインフル話題飽きた」という感じは
もし、これが強毒性の鶏インルフルエンザだったら命取りになりかねない
と今年の秋移行が怖く感じます



とはいえ、予防編をすぐに書かないのも
私が「話題にあきた」という事になるかもしれないですね(^^;
ほんと困った怠け性格です(笑)



それでは、予防編です

090514-3.jpg

当たり前ですが、基本として
まず
「フェレットが独自にインフルエンザを拾ってくるより、人間が
インフルエンザウイルスを持ち帰ってきてフェレットに感染させる可能性の
方が何倍も高い」



という事が重要です。

なんとなく見落としがちにならないですか?このポイント!
フェレットが感染するというと、「フェレットが独自にどっかから拾ってくる」
イメージがないですか?







そして、もう一つ


★人間が感染しなければフェレットが感染しない。とは思わないようにしよう
 フェレットがインフルエンザでも飼い主は元気という事が十分にある




頭がパニックになってしまうと、ウイルスについては落ち着いているときに
理解できそうでも分からなくなることがあります。

それは
「ウイルスが体に取り込まれたからといって、必ずしも感染→発病」
するわけではない


という事です。

0905150-6.jpg


どういう事かというと、
フェレットよりは「健康な人間」の方が基本的に体が強いはずです
体が強いというのは、どういう事かというと


「インフルエンザウイルスを口から吸い込み、肺に吸いこみ、それでもそれを
体にとどめずに排出する能力がある」
という事です
(いわゆる免疫といわれるものです)

フェレットはインフルエンザの実験に使われるほど「感受性がつよい」です
これが意味するところは「フェレットはウイルスなどを排出する能力が弱い」
という事です
つまり、
フェレットは口から鼻から取りこんでしまったウイルスを体の外に出すのが人間より

という事です



これには、フェレットが生活している生活環境のウイルス対策と
飼い主自体が感染して
フェレットにとって「最強の感染源になる」もしくは「ウイルスをフェレットに渡す」
事がないようにしなくてはいけません

馬にもインフルエンザがありますが致死は殆どしません
パドック21.jpg

■生活環境の改善■


子供でも知っているような基本ですが
「インフルエンザなどのウイルスは高温多湿に弱い」
です

この時期は、もう温度も高めになってきていますので温度は心配ないと思ってはいま
すが甘く見てはいけないのが「クーラーのもたらす乾燥」です


うちで温湿度計ではかってみると、クーラーを
(私はドライモードが嫌いなのでドライは使わずにいても)つけると、湿度はみるみ
る下がっていきます
女性なら、クーラーをつけると冬よりも肌が乾燥した
なんて経験もあるのではないでしょうか?


なので、温湿度計を使い湿度に常に気をつけてください

また、友達と話していて意外とみんな勘違いしていたのが
湿度を高くするとウイルスが死と思っているところです
ウイルスは湿度が高いと
「空気中上空に浮遊できなくなる」だけです


雨の中をちょうちょが飛んでるイメージをしてみると、そのうち羽が濡れてどさっと
道端に落ちますよね?
そんな感じで、ウイルスは床に生きたままウヨウヨと生存しています


フェレットの生活空間は、人間よりも圧倒的に「床に近い部分」です
つまりウヨウヨのすぐ上です


頭の中で「湿度が上がって、ウイルスが床におちてウヨウヨしてる」事を
絵に描くようにイメージして、アルコールなどの除菌
(刹ウイルスを謳っているともっといいです)出来るもので、
丁寧に落ちたウイルスをふき取るようにしてみてください

CA370761-0001.jpg



空気中に浮遊しているウイルスについて
今年の冬に使ってみて、とっても効果が感じられたのは

クレベリンです



意外なことに、セブンイレブンなどにも置いてあります
マツキヨや町の薬屋さんでも手に入る販路の広さも魅力です
同じ成分が動物病院でも空気感染予防に使われていますので動物にも安全です

ちょっと独特なにおいは開封当時は感じられるのですが、消臭能力もすごいので
これから夏の臭い対策にも一石二鳥です

090514-2.jpg


フェレットに加湿器の危険・加湿器の利点
で紹介した商品もいいです


ハンモックや、サークルの下のマット、フェレットのベッドにも
ウイルスがつくので、なるべくこまめに交換してください
洗濯する際には、薬剤などを使わなくてもちゃんと洗剤を使って洗い
太陽の元に干すか、洗濯乾燥機で乾かせばウイルスは死にます


長くなりましたので次回へ・・・(なるべくすぐに更新します(^^;)




ニックネーム いたちarea at 02:13| Comment(10) | TrackBack(0) | フェレット様健康・手入れ・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村