にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村

2010年11月27日

フェレットの粉薬シリンジ投薬の便利グッズ(粉薬の飲ませ方)

一度、フローズンシリーズはお休みにして・・・


獣医さんでフェレットの薬をもらうとき、シロップ薬でもらう人が多いんじゃないで
しょうか?


これは、フェレットが甘み大好きなので、シロップに溶かして
薬を処方してくれる獣医さんが多いからですが、
このシロップは5%〜20%程度の「果糖」水です
つまり、「砂糖水」




砂糖は腐りにくいけれども、この程度の濃度だと普通に腐るから保存が大変だし、
(砂糖の濃度が60%以上くらいだと腐りにくいと言われている)
シロップ薬だとこぼしたり(たとえば私)
常温に放置したり(たとえば私・・・・(^^;)
砂糖をあげるのがすごくいやな人がいたりするんじゃないでしょうか?

らぷちゃんとくるとんの幼少期
IMG_5548.JPG


実は、大体の病院なら「薬は粉薬でお願いします」といえば粉薬にしてもらえます
(シロップはどうせ粉薬をシロップに溶かしているだけだしね)

うちでは、抗生剤とか(のちに書きますが、イーグルの臭腺とりのこし時に処方のも
の)呼吸器系の薬などは、全部最初から粉薬でもらっています

また、普通に最初から粉薬で出す獣医さんもいるかもしれませんね

一般的な粉薬
101127_0228~01.jpg


さて、この粉薬
どうやってあげたらいいと思いますか?

容器に薬と水をいれて、溶いてシリンジで吸うと容器に残った薬が気になりません
か?
体重換算でこの子にあうだけの薬をだしてるのに、残った分はどうなるんだろう?と
神経質なタイプなら絶対に気になるはず!


直接、薬袋からシリンジに入れられればいいけど、こぼれやすい薬の粉を
細いシリンジの筒にいれてから水を吸うなんて大変!



と最近まで思っていましたが、
いい製品があるので紹介します


それは、


101127_0243~01.jpg

ケーキ絞りの先っぽ



この金具、製菓用品の店やら、スーパーやらデパートやら100円ショップやら
あらゆる場所に100〜200円程度で売っていますが、
これの先をシリンジにさして粉をいれると、なんと不思議!
粉が楽にはいります

0:シリンジを筒とポンプに分ける(つまりシリンジのぽんぷをぬくだけ)
1:ケーキの絞り金具の細い方をシリンジのポンプをさす側にはめる
2:金具の中に薬を入れて(ジョウゴみたいに)シリンジの中に落とす

101124_2119~01.jpg

3:シリンジのポンプをもとに戻す

101127_0125~01.jpg

4:くすりぎりぎりまでポンプをおして、その状態で水を吸い取る

101124_2120~01.jpg

5:水いりのシリンジをよく振ってフェレットの口に投薬
6:シリンジ内にのこった分もあげるためにもう一度少しだけ水をすってフェレットの口に投薬



便利でしょう!?





ニックネーム いたちarea at 02:40| Comment(5) | TrackBack(0) | フェレット様健康・手入れ・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村