にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村

2012年03月31日

フェレットの蛋白漏出性腎症

ブログを更新するぞ〜と言っていたのに、また更新しなくなって
きっとみてる人は、やっぱりー、いつものかー!
っていう感じだったと思いますが、実はおちこんでいました



ウルフが「蛋白漏出性腎症」というものになったのです

蛋白漏出性腎症とは単純にいうと、腎臓の機能が落ちて、おしっこにタンパク質が
出てしまうという病気です
老齢になればなる確率が高い病気との事なのですが、ウルフはなんとなーく
子供のころからひ弱な雰囲気が漂っていたので、まぁ歳をとったらなんか出てくるだ
ろうなぁ・・・とは思っていました

120401-2.jpg

3カ月くらい前から、ウルフが妙に元気なかったのですが、
ウルフの元気がある!といえる状況は
「=目でみつけただけのご飯を全部食べる」
元気がないは
「=ご飯を二人前くらいしかたべない」
という大変、元気がない状態でも一般的に見たら食欲旺盛な状態・・・

動物病院に行って「食欲がない」と訴えても
「二人前たべて食欲がない、はないよ(笑)」「まったく食べないならこわいけど
これだけ体もしっかりしてるし」といわれるだけでした

うちには、ここ2年ほど、気に入ってかよっている動物病院があって
フェレットで有名な動物病院リストには絶対入ってこない病院なのですが
逆にそれだからこそ、よくありがちな「フェレットはこうだから」という決め付けが
なく診てくれる病院だったので
ミグの事とかも大変お世話になったのですが、担当の先生が独立するため
しばらく不在で、丁度そんなときだったので、
ウルフがおかしいなぁと思っても、おかしくないよーで済まされる感じでした

というか、その病院でも血液検査をしたのだけど、腎臓の数値も悪くはなく
クレアチニンとか、電解質とかも全然わるくなく、肝臓も悪くなくだったので
様子見しましょうとの事で、数値的にいえば「おかしくないよ」がもっともだったの
ですが・・・

120401-3.jpg

でも、
・妙に水を飲む
・やっぱり元気がない(なぜなら人のご飯を取らないので)
・そもそも、ごはんを二人前くらいしかほしがらない


という、飼い主からすると、対外的には訴えかけても「元気な状態」
がやっぱり心配だったので、独立した先生にみてもらったら、
膀胱から直接おしっこをとってくれて、蛋白漏出性腎症だとわかりました

まだ腎臓数値にも出てない段階だったけど、かなりタンパク質が漏れていて
タイプ的には重症
ACE阻害薬というものを飲み始めたのですが、早期だったからか効果てきめんで
だんだんと良くなりつつあります

発見してくれた獣医師の先生の腕前の良さが、こんなに早期発見につながったと
思っているのですが、手遅れになっていたら
腎臓なだけに大変怖い事になっていたと思います

病気の記録をブログでやっていくのは、なんか嫌だったのですが
同じような症状で、困っているフェレットがいるかもしれない
もしくはなんかのヒントになればいいと、気が付いたら数値や状況などの
記録をして行きます

120401-1.jpg

以下が、膀胱からおしっこを取った時の数値です


2012年3月11日
尿中タンパク/クレアチニン(CPC) :3.18(正常基準は0.2以下)
   内訳   尿タンパク 150mg/dL
尿クレアチニン 47mg/dL


検査結果がでて、3月17日から薬を服用しはじめ、
7日目

2012年3月24日
尿中タンパク/クレアチニン(CPC) :0.54(正常基準は0.2以下)
   内訳   尿タンパク 96mg/dL
尿クレアチニン 175mg/dL






ニックネーム いたちarea at 00:30| Comment(9) | TrackBack(0) | フェレット様健康・手入れ・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

耳が聞こえないフェレット(ブレイズとか白いのとか)

耳が聞こえないって、普通の感覚なら「すごい障害」のように感じるよね
私もフェレットを飼うまでは、耳が聞こえない動物って
「障害をのりこえて!」とかそういう大げさな事を考えていたけど

うちは、ブレイズばかりなので、どちらかというとメンバーの8割以上が耳が聞こえない感じです
ブレイズ模様がついていて、聞こえるのはスピカだけかな

120220-2.jpg

スピはブレイズとはいうものの、どっちかっていうと
セーブルのカラー崩れみたいなところがあるので、
(体型的にもブレイズの寸胴ではなくて、セーブルのようなナス体型)正確にいえば
バリバリなブレイズの血筋ではないのかもしれません


白い子も耳が聞こえない子が多いので、ネシェルが耳が聞こえたときはうれしかったですが、ノースロップはどうもまったく耳が聞こえないみたいです

120220-1.jpg

ここまで耳が聞こえない子ばかりだと、声かけて反応というのを最初から期待してないのですが、イタチ独特の「死んだように眠る」パターンのときは本当にびっくりします


慌てていたち本体をゆすったりすると、間接とかおかしくしそうなので
そういう時は、いたちを床に寝かせて床をドンドンたたくのが一番効果的に起こせます


ブレイズが人の言うことをまったく意識しない、マイペースだと言われてるのは
この耳が聞こえない子が多い遺伝子のせいかもしれませんね(^^;


ニックネーム いたちarea at 01:11| Comment(5) | TrackBack(0) | 全部がフェレット内容のふつうの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村