にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村

2009年04月01日

さぁさぁ、イタチにも旬!春の手作りご飯〜フェレットのデトックス〜

桜の花もちらほらと開花してきて、すっかり春ですね桜
いたちの毛もちらほら散っていて、そんなところもすっかり春ですね


ブレイズ学園では、毎年恒例の春のイタチご飯フェアを開催中です!!!




なんか、たぶん春になると毎年ちょこっと書いていると思うんだけど、
イタチには「春のデトックス」が重要なんですヨ

戦闘機いたちさん珍道中

っていきなり息を荒くしてもしょうがないので・・・・
なぜ春にデトックスかというお話を・・・・


四季で温度が違ったり、日照時間が違ったりと、日本の季節は
他の国よりもはっきりとしています。

そんな日本の食べ物には特に「旬」という考え方がおなじみです。
旬を感じるものには、お魚とかお野菜とかがあります


戦闘機いたちさん珍道中


お魚の旬は
「一年中とれるけど、その時期がおいしい」
という旬ですが
お野菜は"温室栽培や輸入をしなければ"
「1年のうちのこの時期しか取れない」という旬がありますよね〜???




たとえば、春が旬のもの・・・・・

「菜の花」「春キャベツ」「ふきのとう」「たけのこ」「セロリ」
などなど・・・・他にもいっぱいあるけど


これらの味って、全部「苦い」と思いませんか?
タケノコは「皮をむいて食べる」というのは人間の手法なので、自分が猪になった
つもりでタケノコをどうやって食べるかというと・・・・・????
まるごと、皮もふくめてバリバリ!!!!食べますよね?
(たけのこの皮は苦い)


これはどういう意味かというと、
春の野菜にはデトックス効果があるからです
(デトックス効果のあるものって
味が特殊だったりえぐかったりするのです)


ブレイズ学園の今日の旬野菜は菜の花です。
びあるさんに教えてもらった、「安心やさい」で無農薬菜の花を洗ってます。
この後、しっぷにボウルをひっくり返されて水をこぼされる結果に・・・

090401-6.jpg




動物は、冬の間はエネルギーを蓄えるために
過度な代謝を控えて、とにかくエネルギーを体の内側にため込もうとします。
これは単純に冬眠体制云々ではなく、寒いと筋肉がちぢこまるのと同じで
無駄にエネルギーを発散してると自分の体の体温をたもったり
活動するためのエネルギーがなくなるからです。

体が代謝するのには、ちょっと頭で考えてる以上にエネルギーを使います
寒いのに、体の代謝をしてしまったら体が疲れちゃって体力を
失われると、体自身は本能的に知っています。

これは、暖房がきいているお部屋で飼っていてもちゃんと
季節を感じて毛が抜けるように、動物の体の本能です




なので、動物は春になったら
一斉に体のデトックスを始めます
旬の野菜をばりばりと食い荒らし・・・じゃない、食べてね
とにかく冬の間にたまった毒を体の外にだして夏を迎えようとするわけです

しっかりアクをぬくために茹でた菜の花を
ちょっと最近、私の中でブームなすりばちでつぶします

戦闘機いたちさん珍道中


ちびこもなめたがる 本能かな
戦闘機いたちさん珍道中



ところで・・・・
春になったら肝臓数値が悪くなるフェレットちゃんって多くないですか?



一説ですが、体が毒を外に出したくなってるのに、それをサポートしてくれる
環境がないと、肝臓が頑張って怒ってしまって数値がわるくなるようです
毒がたまってるから出すぞ〜!!と準備してるのに
うまく出せないと、出させろ!!こんちくしょー!と肝臓が暴走・・・・
とにかく、体の外に毒を出したいんですね


だから、春はデトックスなんです。
そんなイタチの体の毒だしサポートの為に、
まずは、ご飯に季節の野菜を取り入れます。

ま緑で体に良さそう
戦闘機いたちさん珍道中

苦いお野菜はアクがあったりするので、しっかり野菜によってアクを抜いて
少しでいいのでご飯に混ぜてあげるの



苦みが嫌いな、シュウでも野菜の苦みはあんまり感じないみたい、おいしいのかな
戦闘機いたちさん珍道中

ドライフードの子は、ふきのとう等だと使いにくいので、
ブロッコリーのスプラウトでもいいですね

種やさんで種をかってご自宅で育てるのが、薬の心配もなく
鮮度の意味でも栄養の意味でも、
そして愛情の意味でも抜群です!!!


ニックネーム いたちarea at 12:32| Comment(18) | TrackBack(0) | フェレット手作りご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
菜の花って体にいいんですね(@_@)
近所で貰ってこようかなうちの子供達も食べますかね?
Posted by 琴 at 2009年04月02日 00:09
ソテキネタっすね!菜の花とは春らし〜♪
意外と苦味系の葉物野菜って肉食さんの手作りに使えるよね。
小松菜の茹で汁がご馳走!!ってネコさんの話をきいたことあるしぃー(もちろん安心やさいで洗ってから茹でてるらしい)
そうなると青汁なんか手軽だしドンドンいっちゃえば?とか思うんだけど…ケールって虫食い多い植物らしく、農薬だけでなく収穫してからの虫落としの薬が多用されてるんだって。。
これぢゃ自分で洗った野菜の方がいくらか安心だわね。
生食のリスクを越えるにはなかなか手抜きってできないってコトだ。どうりで毎日時間ねぇワケだ。トホホ。。

ちなみに1枚目の写真、そのシチュで昨夜ルルベルに血祭りにされた。。
アレって挟まってもたいしたことないのに、つい気を取られてるうちにザックザクにイカれたよぉぉおおお(号泣)
Posted by bialbero at 2009年04月02日 17:56
こんにちは!
歯石のお話の時にもコメントさせて頂きましたが
今回も興味深いお話ですね(^O^)

うちは何故かキャベツを欲しがるのですが「植物の繊維が消化できないからダメ!」と病院で言われ諦めてました〜
(フードは完全にドライフードです)

野菜も茹でてすり鉢で潰せば大丈夫なのですね!(・o・)
確かに農薬は心配なのでスプラウトは挑戦してみようかなと思います♪

『よく茹でてアクを抜く』と本文にありますが
私は出来れば野菜のビタミン類も取って欲しいと考えているので加熱してしまったら壊れるかしら?と心配です
(今はすり下ろした生キャベツや生ニンジンに水を加え
濾して繊維質を取り除いた野菜のエキス?を使ってみてます)

野菜のアクはフェレットに良くないでしょうか?
Posted by スミス at 2009年04月02日 22:53
さぁさぁ!ウンコちゃんマークをつけてもらいにきましたよっと(笑)
デトックスいいですよねぇぇぇぇ♪
菜の花は最近自分がブームなんで少し気になるとこです。
私も最近は手作りフード作れてないのでお恥ずかしいですが、昔わずかに作っていたときはブロッコリーのスプラウトを育てて混ぜてました。
どんくらい入れればいいのか悩みつつ・・・(苦笑)
Posted by のぎょ at 2009年04月02日 23:49
お久しぶりです!

菜の花デトックス!
これはすぐに実行できそう!
さっそく試してみようかな。

そういやうちのママンもゴーヤジュースつくってたなぁ。
この季節は人間も本能的にデトックスな時期なんでしょうか・・・。
Posted by cawai at 2009年04月08日 02:22
もっとフェレットの栄養学を勉強してください。多くの飼い主さんに誤解が生じますので、よろしくお願いいたします。
フェレットは肉食性の強い動物です。手作りをする場合、猫よりも肉食性の高いものを選択するか、草食動物の消化管内に存在する植物由来の栄養素を再現するようにして下さい。デトックス?をする前に、大切なことだと思います。
Posted by 中村 at 2009年04月12日 15:22
はじめまして顔(メロメロ)

フェレ歴3年です、最近手作りご飯に興味を持ったので
よく読ませてもらっています。
家庭菜園をやっているので、スプラウトを育てたいと思って種を購入してみました。

菜の花の下にある緑の液体はなんですか?
気になります手(チョキ)
Posted by ポち at 2009年04月13日 00:11
ヤギ琴 様

こんにちは!
そうか、近所でもお花用に菜の花を植えてるかもしれないですね!
菜の花って、かわいいけどアブラムシがいっぱいいる
けど、農薬はいや
とか、むずかしいところですが虫をしっかり洗って落としたりしたら
近所の栽培のが一番健康にいいかもしれないですね!

いちどゆでてあくをさっと抜いた後で、もう一度ゆでて
出た汁を飲む程度でもいいのかも!



ヤギbialbero 様

あーーーーー!!
やっぱり、このシチュエーションかなり昔の写真なんだけどね
私もやっぱりこのあと、噛まれたよ
最近はほったんもおとなになって噛まなかったので、るるべるさんも
そのうち「おしとやかれでぃ」(ほったん談)になるよ!

青汁はたまに無農薬ものをもらったりするとあげていたんだけど
虫落とし薬すごいのかぁ
だったら無農薬って本当にありえるのかなぁ
(農薬規定にない薬っていう感じのもあるよね)

そうなんだよね
苦いものをいやがるから嫌いかとおもえば、あぶらな系の野菜すきなんだよね

ところで、アブラナ系の野菜はあぶないとか・・・そーゆー
恐怖ネタばかりいうのは
「はぁ・・・こまったもんだ」って思うよね〜!??



Posted by いたちarea at 2009年04月13日 01:35
ヤギスミス 様

こんにちは!
またコメントありがとうございます!

あはは、獣医さんね・・・スミスさんなら知ってると思うんだけど
人間でも食物繊維を消化できないんだよね

私もね「フェレットは人間とちがって食物繊維が消化できないんですよ」
って説明されてね、「あれ。そもそも「食物繊維」っていうのは
消化できない炭水化物の事をいうはずなのに、消化できる人がいたとは!」
って・・・・皮肉におもってしまったよ

キャベツは、いたちにあげてみると繊維質が固めで他の繊維よりは
苦手みたいだけど、不思議なもので彼らはキャベツに
「胃が楽になる成分」が入っているのを知っているのか、夏場とかになると
キャベツをかじりたがったりするんですよね

動物の体って、人間がおもったよりもずっと精密で正しい動きをするんですね(^^

野菜の「あく」は種類によりけりだけど、こういうホウレンソウとか
菜の花のあくはあんまり体によくないようです

ビタミンの事を考えると加熱でたしかに半分よりちょっと少なめ程度の分
(残るのが半分強)
こわれてしまうというデータがありますね。
きになるといえば気になるのですが、どうせ最近の野菜はそんなに
ビタミンやミネラルはないだろうと思ってそのあたりはうちは切り捨てて
考えていますが・・・ひとつ生のほうがいいとおもうのは
生でしか取れない野菜の酵素がほしいとおもうので、繊維が硬くないもの
(根野菜やキャベツみたいに人間が硬くかんじるのはやっぱり繊維が硬いんだよね)
に関しては、生ですりつぶして、暇があったら納豆菌などをいれて
すこし常温で放置してからあげてます。

いろいろ加工たのしいですよ!


ヤギのぎょ 様

うんこにしようとおもったんだけど・・・ほらリクエストだから(^^
でも、むりむり・・・
だってね、あの一覧の中でひとりだけうんこだったときの
ごめんなさい感といったら・・・土下座くらすなの(^^

スプラウト、のぎょさんもたべるのだ〜!
そだてるのも楽しいよね、これからの季節、窓辺にみどりがかわいいよ!
ぶろっこりーのスプラウトはいいよね
味も癖がないし、やわらかいし、なにより女の人とかならホルモンのバランス
もよくなるんだってね。
(女性ホルモン過剰などに、だから乳がんとか子宮がんとかの予防にいいの)


Posted by いたちarea at 2009年04月13日 01:38
ヤギcawai 様

お久しぶりです
私は、しょっちゅうブログを拝見させて頂いているので
あんまりお久しぶりな感じがしないのですが、いたち様WithQ太郎さん
ともども元気そうでなによりです!

ママンすごいね!
夏前とかってさ、体が勝手にほしいものをえらんでくるよね
私は、毎夏おくらがたべたくっておくら漬になるんだけどね
ゴーヤもマンゴーも、きっとマンゴーは元気がでる酵素を摂取していて
ゴーヤはビタミンとデトックス系を摂取してるんだね!
ママン若々しいでしょう?

そーゆーのを感じる体ってすごいと思う
かわいさんもスプラウトたべてーーーー!!げんきになろう(いや、元気なのは
しってる)


Posted by いたちarea at 2009年04月13日 01:39
ヤギ中村 様

こんにちは

手作りご飯を始めた当初は、よくそういうメールとかもらったのですが
久しぶりに言われました


私はただ菜の花をあげたとしか書いてないので、
「フェレットは肉食なのに食物繊維をあげるなんて虐待だ!」って事ですよね?

手作りご飯をやっている人なら、
「おやつ程度の少量ではない、ごはんとしての肉」で
食物繊維の「追加」がない状態の
肉をあげると、どんなオドロオドロしいうんこが出るかしっているため
繊維質の重要性はよく理解しそういう考えは持たないと思うので・・・
中村さんはフェレットフード派の方ですね?

「フェレットは肉食なので、野菜なんてあげないでください!食物繊維の
ないフェレットフードをあげてください」とか「そんなご飯をあげていたら1年
いないにみんな死にます!動物虐待で通報しておきます」とか
3年くらい前まで100回以上言われましたが、一向にうちのフェレットが
死んでしまう気配もないので、最近は本当に何もいわれなくなりました。

「食物繊維のないフェレットフードをあげてください」について

フェレットフードのパッケージの
裏にある「粗繊維」ってその「フェレットでは消化出来ない」繊維質なんです
私はあんまりフードの事をしらないので、マーシャルのパッケージをネットでしらべてみたら繊維質:3.5%以下ってありました。

フェレットフードの「繊維質」をぬいてあげられないのは
よく分かっていますが、たとえば可能なら中村さんがこれを抜いたフェレットフードをあげてでたウンコをみたら、きっといそいで病院に連れていくくらい
ゆるいウンコがでますよ(水をそんなにのんでいないならちょっとゆるいくらいにしか
かんじないかもしれないけれど)
ゆるいだけじゃなく、あげ続けたらうんこが黒くなってきて腸内に悪玉菌がおおくなり
くさいうんこになります

Posted by いたちarea at 2009年04月13日 01:40
一切ドライフードをあげず、肉をあげただけのうんこを中村さんにも見せてあげたいです(カルシウムで固めちゃうごまかし方もあるけどそれは邪道ね)
腸内環境が悪くなるから、もうやらないから見せてあげる
機会も出来ないんだけど・・・
せっかくご飯をたべさせても、繊維質がないとすぐにベシャーってうんこでだしちゃうし
こればかりは本当に見てみないと分からないので、中村さんももし機会があったら
みてみてください

じゃあ、今回あげた菜の花ですが、茎1本をゆでたやつなので
グラムとしては、全員分で20gくらいだったでしょうか・・・・
もっと軽いかもしれませんが、水を含んでいるので20gだったとします

メールでこういうやりとりすると
「20グラムも繊維をあげたら、肉が全員分で300グラムだとして
20/300 で15パーセントですよ!フードは3.5%だって言うなら、もうすでに
4倍以上です!」

って返されるんだけどね・・・・
野菜=100%繊維 ってイメージはたしかに思われがちなんだけど
だれでも検索できる
「栄養成分データベース」でなのはな(ゆで)をけんさくすると
http://fooddb.jp/details/normal.pl?ITEM_NO=6_06201_5
のような結果になっています

100gあたりの食物繊維質量が総量 4.2 g
これをさらに、20g分に直すと、1/5の量なので
0.84g  つまり食物繊維は0.84gしか入っていません。
肉100gだと考えても、0.84%にしかならないので、さらに300gの中で換算したら
微々たるもんにしかなりません

この繊維質で「肉食動物は繊維が消化できないのに!」っていうならフードは
それこそどうなってしまうんでしょうか?

でも、私は前述のとおり食物繊維は重要だと思っているので
この菜の花程度では足りないとさらに繊維は追加しています
他のフェレットの手作りご飯の人も、ネットでみていると繊維質の重要性は
みんな感じているようで、いろんな家庭でいろんな食材を工夫して使用していますね

うちも、私からへんなものをもらったことのある人なら知っている人は多いけど
自家製納豆や自家製テンペに野菜などをつっこんで、微生物発酵したものを
あげたり、そんな暇さえなければ普通に繊維質のサプリを入れる事もあります

「フェレットは肉食性の強い動物です。手作りをする場合、猫よりも肉食性の高いものを選択するか、草食動物の消化管内に存在する植物由来の栄養素を再現するようにして下さい。」
と中村さんはおっしゃられましたが、具体的に
「猫より肉食性の高いもの」
「草食動物の消化管内に存在する植物由来の栄養素」がどういう状態のものかって
言えますか?

すでに、自分では望んでいないくらい肉食性の高いものしかあげてないし、
(本当は、そんなに肉食性が高くなくてもいいとすら思っています)
ねずみのおなかをかっさばいて中身を取り出すような事は
到底むりなので、微生物発酵させたものを使っていますが、
じつは、それすらそんなに神経質にならないくてもいいと常日頃から感じています
たんにやっていて、面白いからやっているだけです

ちなみに、うちは猫もいますが
猫とフェレットは同じ肉食でもたべて出すうんこの質が全然ちがいますよ
よく猫=フェレットみたいに語られる方がいますが、猫のほうが
消化吸収については明らかに優秀な内臓を持っているように思えます
同じものをあげても、だすものも全然ちがうし
たとえばカルシウムひとつにしても、猫は吸収がにがてなのでちょこっといれただけでも真っ白なウンコをしますが、いたちは逆にぜんぜんそんな風にはなりません
これも、もしかしたらうちの猫がたんに非常に内蔵がつよいだけかもしれないけれど・・

私にとっては、タンパク質のパーセンテージやら草食動物のおなかの中身より
フェレットにデトックスのほうが重要なんですね
最近、虐待してる!ってメールやコメントがないのも
「フードもあげない虐待馬鹿が何言ってるんだろう」って
あきれて何もいってこない人もいると思うけど、うちの子がみんな元気に
生き続けているって事が、「変な事してるやつがいる」と思って
こういう育てかたもできるというひとつの例になると思っております。

実際に「お前の家のフェレットが全滅するのを楽しみにしてるよ」
とメールしてきた
人がのちに「元気みたいだね、ならいいや」と言ってきたりして・・・
それはそれで嬉しいです

中村さんからみたら、不快かもしれないけれど
世の中にはこういう人もいるっておもって、笑ってみていてくれませんか?



ヤギポち 様

はじめまして!
スプラウトの栽培いいですね!
最近は、おしゃれなガラスコップで栽培できたりして、まどべにひとつ
スプラウトなんて生活にもあこがれてしまいます(^^

3年ってことは、赤ちゃんから飼い始めたらなら3歳ですね
なかなかごはんを変えるのには難しい年齢だとおもいますが、はじめてみたときは
どんな感じかまた教えてください(^^

菜の花の下にある緑の液体は
「草食動物の内臓残留物類似品」というサプリメントです
サプリメントといっても、草を発酵したもので、これを入れると
おいしいらしくってみんなよくご飯を食べます



Posted by いたちarea at 2009年04月13日 01:40
他人様のブログで差し出がましいと思うけどまぁ・・・アレ、ケンカはアカンよ。

常日頃、凡人のアタシが言うてる戯言なんだけど…
「自分が積み上げたものを横からかっさらったり、叩き壊しにかかる人は気にする必要はない。なぜならその人たちはそれらを生かすコトもできなければ、壊す必要性の有無も理解してない。経験から出た事柄は生みの苦しみを知ってる人にしか扱えないのだから。」
「否定するのは簡単。肯定するのも簡単。ただし相手に対して、それらへの疑問や理解を正直に投げかけ、正直に受け入れる努力をしつつディスカッションしなければ、興味のない小説をナナメ読みしてるのと同じ。」

「何をカシコそうなコトを?」と思われるかもだけど、自分が本当に前に進みたいのなら、文句だけを巻き散らかしたって何の進歩も無いんだよね。ここまでの文章を理解できない人は、きっと今までまともな努力をしてこなかった人なんだと思う。ま、それが人間として生きるにおいて良いとか悪いとかないし、そんなの各自の問題だから知ったこっちゃねーんだけど。わはは


中村さんの気持ち、わからんでもないです。きっとしっかり勉強をされた方なのでしょう。
しかし、世にはびこる理論とは全く違う世界が、現実のフェレットの手作りご飯にはあるんです。
(アタシ的ヒネクレ者だと、、世の理論と思われてるものは、フードメーカーの競争のためのうたい文句だったり、フェレットや用品を飼いやすく買いやすくするための文句なんだなーと感じる次第です。)

現に犬猫フェレットなどへ手作りご飯をしてる者同士話をすれば、ドメスティック環境におけるフェレットは猫より肉食性が低いのは明らかです。(野生のいたちがどうかは知りませんデス)
例えば、猫は少量の野菜でも自力でうまく生かして主食である肉などの消化を手助けします。しかしフェレットは大量の野菜などを使わねば、肉を消化するための必要な環境を整えるコトができないんですよね。

そこで不思議ちゃん!
これって物事の取りようだと思いませんか?
量で見れば・・・猫はフェレットより比率として肉がたくさん必要だけど、猫はフェレットより野菜を扱うのが上手ってコト。
この後者だけを引っ張れば・・・猫はフェレットより野菜が得意なように感じられます。

なんかそんなトコからもフェレットバリバリ肉食説が生まれたんじゃないかなーって思います。
Posted by びあるべーろ at 2009年04月13日 20:15
それと中村さんが仰られる、最近よく言われる「草食動物の消化管内に存在する植物由来の栄養素を再現」ってモノ。中村さんはコレの実物がどんなモノだと思われますか?
アタシも長い手作りご飯歴史の中でコレに拘ったコトがあり、鶏を中心としていろんな食材(つか丸ままの状態)を入手し食べられるモノを探したんデスよね。
「草食動物の消化管内に存在する植物由来の栄養素を再現」っていうと、牛さんが「はんすう」してる最中の食べ物的なアレを想像しちゃうモンですが、実際のブツは果てしなく「ウンコ」です。胃から向こうの世界はウンコです(爆)
ちなみに胃にあったのはすりばちで潰した程度の植物性食材で、人間でもそのまま食べられないような固いブツでした。

で、もしこの「ウンコな消化物こそ素晴らしい!」として食するにしても、腸内にあるソレは「食材、消化液(酵素)、水分、善玉菌、悪玉菌、日和見菌」が混じってるブツです。
「草食動物の消化管内に存在する植物由来の栄養素を再現」って考えでは、前者3つを想像する人が多く、また後者の存在を理解してる人でも、そこに食べる側のお腹の菌的なノリソリっていう厄介事(腸内の菌構成はとても個体差が強いです)があるとまで考えてる人は皆無に近いです。
もし本当に効力のある形でそーゆー厄介事までを使用したらどうなるかわりますか?ドメスティックで衛生的な環境で医療も充実してて食あたりで死ぬような環境にないフェレットが、こんなワイルドな消化物を自分のモノになんかできないんですよね。(できるほどの強い菌やら寄生虫やらを持ってないってコトです)
だから全てのドメスティックフェレットが受け入れられる「草食動物の消化管内に存在する植物由来の栄養素を再現」したブツなんて、既製品で存在してるはずがないんですよね。

ようするに無粋な夢物語なんですよ。ドメスティック環境で「草食動物の消化管内に存在する植物由来の栄養素を再現」なんてものに拘るのは。
だからみんな自力で腸内環境を上げられる食材を探します。そして副食材としてα化された穀物や、野菜や果物(モノによって加熱・非加熱)、発酵食品・・・などに行き着くワケです。
もしくは売られてるサプリメントで「草食動物の消化管内に存在する植物由来の栄養素を再現したような環境になる類似品」でヤツになるのです。(←結局は発酵食品の仲間です)

・・・ここまで意味わかりましたか?
読めばそれだけのコトかも知れないですけど、これらをいかに自分の子に実害を与えず受け入れの可否を見定めるかってのは、実践と並行してモノスゴイ労力を必要とするんですよね。例えば予想外の文献をあさるハメになったりとか。しかも単に調べることへの情熱だけでなく、実践では忍耐、勇気、洞察、考察、、全てを発揮せねば何も得られないのです。その苦しさはやらねばわからないと思いますし、みんなこれの繰り返しで日々メニューをすすめているのです。だからこの経験こそが本当の知識や情報になるんです。

説明悪くてよくわかんなかったかも知れないですが・・・アタシだけでなく、いたちareaさんも同じ道を辿ってきた人です。つか、そんな苦労話をいたちareaさんとしたことはほとんどないけど、食事の内容や個体差を話してればそれだけで彼女の来た道がわかります。
つか、メシでない分野であっても、お話ししてて同じような己の太い道を持ってるなーと思える飼い主さんはいらっしゃいますし、そーゆー人達に助けられたことは多々あります。

否定でも肯定でもイイんです。
まずは受け入れること。
受け入れれば相手も心を開いてくれます。
そうしないとアナタの強い向学心が勿体無いと思います。

それといたちゃんももっと手作りご飯追求してる時くらいの忍耐力を持ちやがれ。
老婆心MAXな戯言スマソでした。。。
Posted by びあるべーろ at 2009年04月13日 20:16
もう少し栄養学的に解釈して下さい。タンパクといえば、「筋肉」ではありませんよ。
面白がってやっているのであれば、相手にしませんが、繊維質といえば、「野菜」でもありません。
おそらく、そのあたりから理解していただけると、もう少し誤解の生まない手づくりフードができると思います。
死なないから良いわけではありません。間違えた情報が広がるのを懸念しています。。
研究、実践、するのであれば、動物愛護の精神に基づき、誤解の無いように行っていくとよいと思います。
筋肉だけ与えていたら、異常発酵を起こした糞便を排泄するのは当然です。こんなことを理解せずに、「研究」を語らないで下さい。

面白がって動物実験しています。というなら、管轄が異なりますので、一歩引きましょう。そうでないのでしたら、公にこのような誤解の生まれてしまう内容の手作りフードをアップするのは控えていただきたいのです。
よろしくお願いいたします。
Posted by 中村 at 2009年04月14日 01:39
びあるさん

いつもありがとう
個別にまたレスさせてもらいます

本当に私もすぐかっとなってだめだね(^^
とか思っていても、どっかりと心が強いときとすごく弱いときがあるので、今日はだめそう・・・


中村さん

いつもレスが遅い私が、タイミングよくレスしてます。
気分が悪いからです。

>面白がってやっているのであれば、相手にしませんが、繊維質といえば、「野菜」でもありません。

一般的に「野菜がだめ」とよくいわれるから野菜を例にだしただけですよ
中村さんに繊維質の種類を全部ならべなくちゃ理解してもらえないとは思っていなかったのですが・・・・そうではないのですね

うちで使う繊維なんて、それこそめんどくさくて野菜ばかりでそろえてなんていません(^^;

「所詮市販の肉は筋肉だけ」とかよくいわれていますが、そんなのみんなわかっていますよ。私みたいな、そこらに普通にいる人間に生きたネズミなどをあげる気もないので仕方ないですよね?
手作りフードをあげる人は、ホールで使うために鶏をしめなくてはいけないのですか?
人によってはフェレットにたべさせるためのネズミを自家で繁殖してるとかいう話を聞いた事があるけど、それができないからつまり失格ですか??
そういう理想はもったことはあるけど、現実問題としてそこまで追求していません

ドライフードを使わないから肉をあげているというと、鬼の首をとったように生きたネズミなどの血液入りでないと意味がないとか、まるごとじゃないと意味はないとか言う人もいますが
「だからドライフード」?
生きたねずみまるごとorドライフード の選択肢しかないって・・・・
あまりに両極端すぎますよね?
「筋肉だけじゃない」ってそういうことですよね?
それとも「ミルクもタンパク質だし」とかそういうことでしょうか?

中村さんは
どっかで聞いたような事がたくさん書いてくるけれど、結局のところ
「ブログを閉鎖してほしい」ということを伝えたいだけと理解してもいいですか?
よろしくおねがいします と言われて
わかりましたと閉じるほど素直じゃないのでそれは無理です、私からもそこのところをよろしくお願いします

最近は犬猫の手作りフードもはやっていますが、どの家もタンパク源=人間用にうっている肉がほとんどですよ
「楽しく作る」や「楽しくたべる」も私は大事なポリシーとしております

飼い主がご飯作りに苦痛になるようでも、フェレットがご飯をたべるのが苦痛になるようでも仕方がありません
手にはいるもので、自分の理想に近づけるためにいろいろやっていく事を重視してます
また、日頃から自分の友達などがご飯作りを始めるときは、私もまったく同じ道を通ったのでたんなる「先にはじめた人間」(そこに一切の上下関係はなく、たんにあとかさきかってだけ)として、理想を追求してサプリメントや体にいい物質をいれたくなるのはわかるけど、それでフェレットが食べる事を苦痛に思うようでは仕方がない
という事を確認したりしています

タンパク源である肉(=店でうってる筋肉といわれるにく)を使用している手作りご飯の家に
1件1件「タンパク質が筋肉だけだと思っているならやめたらどうですか」といってみることを考えてみましたか?
そういうのは「意見」ではなく、たんなる非難や嫌がらせの類いですよ、ここは私のブログだし、まして匿名と同様のハンドルで
自分の意見をいわずに、ひたすらもんくを言うだけでは単なる嫌がらせでしかないと思われても当然です。

私が傷つくようにと「動物実験」という、動物を飼っている人間には「A級犯罪」にあたる言葉を選んでいるのだと思いますが、手作りフードを始めた当初からこのような事はさんざん言われています。
動物実験、虐待、フェレット殺し(殺してないのに)などなど・・・
当初は傷つき、泣いたり、友達に愚痴ったりしながらも、時間がたてば悪口にもなれるもの。別にいまさら何とも思わないのですよ。

でも、だからって
ほかの人のブログにはこういうことを書いて歩かないでくださいね
90%以上の人は動物実験なんて言われたらよるも眠れないほど傷つくでしょう
みんな手作りご飯をやっている間、とてつもない不安を抱えてやっています
まして作り始めの頃などは、関係ないような咳やら下痢ひとつでも自分のご飯のせいかもとおもってびくびくして過ごしています。

そうして、結果がみえてきてだんだんと自分のやっている事の意義が見えてくるんです。
いちいちこんな事を書かれると、フェレットへの接し方だけじゃなく、そのブログを書いている人への精神にも影響がでます

少なくとも、私は放っておけないほど中村さんのレスに傷ついて(?)、または憤りを感じています
この行動力がない私がこんなにすぐにレスを返しているくらいだと考えると、本当にその通りでしょう?

本当にほかの人にはやめてくださいね
よろしくおねがいします
Posted by いたちarea at 2009年04月14日 02:25
偉そうに。お前がこのブログのルールかよ、早くブログやめろよ。
Posted by at 2009年04月14日 03:49
中村さん

こんにちは

ブログのルールはブログのシステムをレンタルしている会社が取り決める事の規則以外、ローカル的なところについては、
各ブログを書いている人がルールを作るのは当たり前だと思います。

たとえば、書いたコメントを消す権利がブログの管理人(書いている人)にはあるし、
私がどこかのブログにコメントを書いてそれを消されても、それはそこのブロガーが決めたルールだから、それをルール違反だと攻め立てる権利もありません。

まして閉鎖を強制されて閉鎖をしなくてはいけない義務もないと思います。

私のブログがあることが、あなたにとって何か都合が悪いのでしょうか・・・・

私も言いたくない事ばかり書くのはいやなので、しばらく投稿禁止にさせて貰いますね

申し訳ないけど、あなたのやっていることは私にとっては「いやがらせ」行為でしかありません
もしかしたら、そのつもりはないのかもしれないけれど、相手がどう思うかによってその行動もどうカテゴライズされるかは変化しますよね?

しばらくしてから、投稿禁止じゃなくしたいと思いますが、もし何かコメントしたい事があるときには、今後は有意義な事を書いてください。

世間に対して発表したいことがあるなら、こんな1ブログにコメントという形で表現しないで、中村さんも自分でブログをやってみるといいと思います
(もしかしたら、やっているのかもしれないけれど、私はそれを知らないのでこういう言い方しかできません)
Posted by いたちarea at 2009年04月14日 14:22
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1693660
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村