にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村

2006年03月30日

手作りフードは節約できるものなのか?〜手作りフードにかかる費用〜

今までずっと話題にしてこなかったのですが、
昨日ここでコメントいただいた内容と
私が3日に一度くらいのペースて皆様から頂くメールの内容の中に
「手作りフードはフェレット専用フードを購入できない貧乏人の虐待行為だ」
「市販フードが高くて買うのがつらいので、安上がりな手作りフードに変えたい
 アドバイスしてください」
という内容があります。

虐待行為ですよの中にはうちのフェレットを里子に出せとか、
私の知り合いにフェレットを飼いたがっている人がいるので
その人が引き取ることが出来ますからいつでも言ってくださいとか
フェレット協会などに訴えを出していますとかそういう内容も同時に書かれている
ことが多いです。

手作りフードってそんなに安く済みそうに見えるものなのでしょうか?
これはずっとギモンでしたが、あんまりにそういう声が多すぎなので
一般的にそう見えるものなんだと最近思っています。


市販フードを購入する経済力がないから手作りをやっている
と思っている人はちょっとそれは勘違いです。
どこでお肉ってそんなに安く手にはいるものなのかと思いますが、
とにかく殆どの人がそう書いてくるので
そう思うのがスタンダードな基準なんだと思います。


また手作りは安く済みそうだから手作りしようかなという人には
手作りフードへの変更は期待にそえるものではありません。
安くなるようにコツを教えてくださいといわれても、
私にはそんな知識も才能もないんです。
下手にそう思って切り替えをしようとすると、フェレットにとって
ひどい食事になってしまうし、そんなはずじゃなかったのにと
飼い主さんも後悔することになってしまいます。

060330_1409~0001.JPG

フェレットを飼う上でかかる費用というのは
温度管理を除いたとしても

・餌代(サプリ代も含め)
・飲み水代
・トイレの砂等代
・予防代(フィラリアなど)
・保険代
・おもちゃオヤツ代(なくてもいい)
くらいがありますが

このうち餌代に特化して
手作りフードの実体としてかかる費用って1匹あたりどのくらいだろうと
いうのを我が家の例で書いてみます
これが市販フードよりも安いかどうか、判断してみてください

オス(体重1.6キロ)1歳の1匹/1ヶ月あたりの手作りフードの場合の費用

・生肉(約3キロ〜4キロ):¥5340(一番安い組み合わせで)
・無農薬野菜・卵      ¥880
・留守番中のフリーズドライ:¥6300
・サプリメント(基本栄養素):¥6800
・サプリメント(必須予防) :¥3000
・機能活性型乳酸      :¥4000
・ナルヘソ         :¥6600
・栄養チェック検査     :¥3700

             計36620

水も・・・
1匹あたりだと
ペットの水SODウォーター:\1680
フェレットの水:\1800
計3480

これが、飼っている頭数分かかります。
またこれは餌代だけなので飼うには他にももっと色々費用がかかります。
この中にはラックスなどの手入れ系のサプリメントなどは入れていません。
気まぐれで空輸する餌などあるとこれにさらに料金がプラスされますが
必要にせまられているものではないのでこれも入れていません。

どうですか?
私にはどの家庭のどの市販フードが1匹あたりいくらかかっているのか
わかりませんが、
その市販フードがこれより高い場合、手作りフードにしたら節約になると思います

しかし私としてはフードを買う経済力がないから手作りにしていると
まったく思っていませんし、
そういわれる事について心当たりがありません。

なので里親に出せとか
まだ出していないのか!とか責められても
結果を変える予定はありません・・・・

自分にとっても人から見ても
あまりキブンのいいものではないので、今まで書かずにきましたが
コメント以外にも同様のメールがあまりに多いので
ここで書かせていただきました。

ニックネーム いたちarea at 14:16| Comment(18) | TrackBack(0) | フェレット手作りご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょっと試算しただけでも手づくりのほうが高くつきますがなー。いったいどういう計算をしたのやら?
わたしは手作り=安くあげるというイメージはまったくなくて、なるべく「自然な状態でイタチが本来食べるものを食べさせるため」の手作りと認識していました。
だから虐待というのはもってのほかですよー。
Posted by げるげる at 2006年03月30日 15:26
うちは逆に高くて手作りご飯は毎日はあげられません。
週に何度かあげてるのですが、お肉も鶏肉オンリーになってます。
本当は毎日あげたいんですが、金銭的に無理があります。
フェレット専用フードの場合1ヶ月にだいたい4〜5000円で済みますが、手作りの場合そうはいきません。
フェレズの為にもっと稼がなきゃ!!って思う今日この頃です。

先日の通りすがりさんのコメントも読みましたが、いたちareaさんのようにフェレズのことを考えてここまでしている飼い主さんのほうが少ないと思いますよ!
がんばって続けてください。
参考になるのでいつも勉強させてもらってます。
Posted by 金妃愛 at 2006年03月30日 15:50
手作りの方がいいんですけど..多数でそれぞれのが勝手な生活リズムで生きてるんで..劣化を考えるとドライフードなんですよね。

それはそれとして..水を忘れたらいけませんよ。飲み水は..かなり重要です。水で毛が復活したりするし。
Posted by らいらい at 2006年03月30日 16:47
はじめまして。今年の2月から当時4ヶ月♂2ヶ月♂のフェレットを飼い始めたSeaと申します。
フードの手作りということが実際できるものか「私にはできないだろうな」と思っていました。
実際フェレットを飼い始めて1ヶ月しか経っていませんが、ファーム純正のドライフードをあげています。これから少しづつミックスしていこうかと思っているのですが、手作りが安いというお話は私には違うだろうと思ってしまいます。
国産のフードは低価格に設定するため、病死した家畜や人間は食べない臓器の部分を使用していることがあるとどこかで読んだことがあります。物によるとは思いますが…フェレット用のフードとして販売されている物のいくつかは「有害である」と思うのです。また、別の記事だったと思うのですが、日本のペットの寿命はフードの安価による(つまり有害なものを食べさせている)結果、短い。と言うものもありました。品質としては海外産のフードのほうが安全性が高い(ペットフードとして育てられた家畜を使用するから)とその記事ではまとめてありました。
ですから、私は手作り=安価とは思いませんし、むしろ高価で安全であると思っています。
はじめて手作りと言うものを知りました。勉強になります。ビタミンCについての部分とか、まったく知らなかったですし。本当に勉強になります。
これからもおいしくて安全なフェレットフードを作り続けてください。できれば、少しでも情報をいただければありがたいと思います。
失礼しました。
Posted by Sea at 2006年03月30日 16:54
おー!
そうですよね、そうですよね。
うちは夜ごはんだけであれだけかかってるんで、いたちareaさんとこは単純に倍はかかってるんだろうなと思ってました。

でも、お金かけるってこと以上に、手作りやる際はいろいろ調べたり、レシピのパズルをしないといけないんで、大変ですよねー。
おいらはもうこれ以上、新しいレシピを作るのは、頭の柔軟性的に不可能デス。。。orz
Posted by CHI☆NA at 2006年03月30日 18:34
初めまして。
私は手作りフードを与えていません。
フェレちゃんが必要とする栄養素を含んだ餌を作る自信も無ければ、安全性も保障できませんし何より市販フードの方が安価で手軽だからです。
ちなみに我が家で与えている市販フードですと、いたちさんがお使いの生肉1か月分の金額で一頭当たり2〜3ヶ月はいけます。
安易に手作り=安価という発想をする人は市販フードほど安上がりな物は無い事を知るべきです。
大量生産するからこそあの価格が実現出来るわけで、同等の安全性・栄養素を兼ねたものを少数作ろうとしたら高く付く事を知らないのでしょう。
ハンドメイドor少量生産ほど高価になる事も知らんのかね?生産業における基本中の基本なのに。

いたちareaさんは、もの凄い手間隙とお金を掛けて実践していらっしゃるようで本当頭が下がります。

Posted by HCR32 at 2006年03月30日 23:23
なんか酷い事を言われまくっている様ですね(汗
何れにせよ頭の良くない方々は無視するのが良いと思います。
居るんですね・・・安くしたいから手作りフードの作り方を教えてくれとか言う人が・・・
生肉の値段調べて、サプリの値段調べればそれが幾らになるか
概算出そうなモンですが(笑
まあ、最大のネックは費用では無くやはり知識(栄養学/生理学)なんですが・・・。

里子に出せと言う人はBARFもスローフードって考え方も知らないんでしょう(笑
私は寧ろウチの子ホームステイさせたいくらいなんですが(笑

とりあえず、戦闘機さんを読んではにゃ?ってなったり
虐待だ!とか叫びたくなった人はBARF関連図書を4、5冊熟読して出直してください(笑
Posted by 七味 at 2006年03月31日 11:18
はじめまして。たまにこちらをのぞかせていただいてる者です。いつも楽しく見せていただいてます。
久々にのぞいてみたらこんなお話がでてきていてビックリしました!
私はこちらで聞いている手作りフードを食べているフェレちゃんを『うらやましい!』と思っている人間なので、そんな言い方で反対される方がいるなんて…本当にビックリしました!
どこかの外国で飼われている狩猟用のフェレちゃんは、日本で飼われているフェレちゃんよりも寿命が長いと聞きました。
その狩猟用のフェレちゃんのご飯は、うさぎや鳥などの肉を食べているから寿命が長いと聞いた事があります。
だから私の中では、良質なたんぱく質をはじめ、自然な必要栄養素を含む手作りフードが『とても理想的だな〜』っておもっていたんですが…。
でも、なんと言ってもそのお宅のフェレちゃんにはそのお宅の飼い主さんのやり方で育てるわけですから、他人がツベコベ言う事はないような気がします。
手作りがいいなら手作りで、カリカリがいいならカリカリで。
ちなみに私は『手作りフードいいな〜』と思い続けながらも、カリカリでいきます(笑)
だって、フェレちゃんを愛しているのは誰にも負けませんが、手間もお金も、全てひっくるめてこなしていく自身がないんですもん(滝汗)
手作りフードの金額などを聞いて、本当にうらやましく思いました♪
虐待?!とんでもありませんよ!!
こんな生活なら、うらやましくて私もフェレちゃんに混じって生活させていただきたいくらいですよ(爆笑)
これからもお邪魔させていただいて、楽しく見させていただきます。
長文、乱文失礼しました。
Posted by キキララ at 2006年04月01日 23:15
お久しぶりです。いつも拝見していました〜。
こんな言われよう。。どうしてそんな発想になるかな?と思ってしまいます。
私の所も完全までにはいかないけれど、手作りしています。こちらのサイトでいつも勉強させて貰っています。
虐待だなんて…ありえません。
手作りは本当にお金がかかります。
とやかく言う前にもっと勉強して、実態を分って欲しいですね。

我が家にもあれから2本の新入りがきました。シルバミ子とブレイズ子です。
毎日ドタバタ大変ながらも楽しく過ごしています。これからも応援していますよ!
Posted by サワ at 2006年04月02日 15:40
だいたい思うところは他の方々がもう書いているし、うちはフェレットの他に肉食性のカメもいるので、そちらの話も絡めた意見で。
しっかり勉強した上での手作りフードに何故そこまでつっかかっているのかって、こういう事がある度に謎だなぁ、って思います。滑稽です。
カメだって専用フードありますが、別に生き餌(この場合、生きているものだけでなく、冷凍赤虫や冷凍ピンクマウスなども含む)あげている人にこういう非難とかはないです。むしろ、うちみたいな肉食性のカメなんかは生き餌前提ですし。
みんなそれぞれ勉強したりして餌の管理しているし、専用フードが万能じゃないの分かっているから非難するということがないんだと思う。
更に、肉食性のカメの手作りフードのレシピ調べたことありますが、いたちareaさんところの手作りフードの材料とそんなに大差がない感じがしました。
多分フェレットも肉食性の動物、必要な栄養素が似ているのだと思います(あんまり詳しい訳じゃないけど)。
肉食性のカメはあんまり専用ドライフード良くないっていう話あるのですが、その理由もフェレットについてのドライフードのデメリットとほぼ同じみたいです。
Posted by ⊂(・∀・)⊃ at 2006年04月02日 17:21
両方いるから両方の情報調べていますが、カメはこんなことないのに、フェレットの方は何故…
今では飼育書も一応あるし、飼う人も多いから、そこで情報が止まってしまう人がいるからなのかなぁ…?
ちなみに餌代にしても爬虫・両生類あたりだと普通に「生き餌はだいたい高くつく」という感覚があるので、単純に考えてもちゃんとした肉を用意して作る時点で手作りフードも高くつくよなぁ、って容易に想像できるのですが。

…なんか変な文章で申し訳ないです。ついでに携帯からなので2分割になってしまった。すみません。
Posted by ⊂(・∀・)⊃ at 2006年04月02日 17:28
皆様へ

暖かいコメントありがとうございました
今まで、メールで手作りフードは虐待だというような
内容のものを何度となくいただいていて、今回はコメントにだったので
ちょっと落ち込んだり怒ったりして
このような記事を書いてしまったのですが、
色々と思ってくれている方がいてくれて元気付けられました





げるげるさん
自然な状態っていうのはフェレットにとっては一番よさそうですよね
犬よりももっと野生に近い生き物だし(^^
本当は完璧な食事が販売されていればいいのですが、これだけ長い飼育の歴史がある
犬や猫のフードですら確立はまだ全然されていないので
私が生きているうちは完璧なフェレットフードの発売は無理なのかなぁと
思っています。


金妃愛さん
手作りは金銭的に大変ですよね・・・肉じたいはそんなんではなくても
フェレットってビタミンなど人間よりも栄養素が必要な部分があるので
栄養の補助の部分ですごくお金がかかりますよね(笑)
私は自分ひとりの生活とかお金のかからない生活をすると
仕事するのがつらくなってしまって働かないような怠け者体質があるので(笑)
フェレットがお金をつかってくれると
「よーし今日もフェレットの為に働くかぁ」と気合を入れてしっかり社会生活が
できるので助かっています(^^;

らいらいさん
水を忘れていたのでコメントいただいてから即付け足しました!
らいらいさん自分のお水はどうしていますか?

Seaさん
はじめまして(^^
ふぇれっととの生活はいかがですか?
私は飼い始めて2ヶ月くらい目まではあまりのフェレットの性質の特殊さに
すっかり振り回されていました(笑)
きっと昔よりも全然選択肢が広がったと思うのですが、フェレットフードって
やっぱり限られた数しかないので選択が大変ですよね。
私が飼い始めの頃はseaさんのように熱心に調べるようなこともなく
ただなんとなく飼っているだけでした
seaさんのところのフェレットは最初からこんな勤勉な飼い主さんだと幸せですね〜


CHI☆NAさん
私もレシピのバリエーションはもうだめです(笑)
こんど知恵を絞っていろいろと考えてみようよ・・・
しかし〜限られたメニューがまた肉のみとか、肉も限られたものしかないので
だめだね〜むずかしい
せめて食感がね、塊肉でもばりばり食べれくれるといろいろと出来るのにね

HCR32さん
はじめまして
コメントを頂きありがとうございます
ハンドメイドは下手に手をだすと本当に高くなってしまいますね・・・
私の食事でもひとりぐらしなので、作るより外食のほうがむしろ安いくらいです(笑)
これでもきっと犬猫の手作りブームのおかげで肉も手に入りやすくなったから
かなりその恩恵にあずかって楽に出来ているのだと思いますが
肉を買う場所にしてもみんなが少数の特定のショップで買うような状態なので
特殊な経済の流れに乗っているん感じなんでしょうね〜・・・
海外とかだと普通にスーパーにペットのご飯ようの肉コーナーがあるみたいなので
すが一度みてみたいな・・


七味さん
いつもありがとうございます
スローフード!その理念忘れていましたがこれもスローフードになるのかな?!
確立した栄養学などもないのでどれだけ今の時点で学んでも
いつそれが正解だという事になるのか分からないのですが、
とりあえず今の時点では毛艶がよくなったとか元気になったとか
検査の数値がよくなったとかで手作りご飯をすすめる怖さを克服していくしか
ないのですよね・・・
うちの場合、くろべぇがドライフードだと死んでいたといわれるところから
今はイタズラ放題の元気なムチムチ鼬に成長することができたので
それだけでも手作りにしてよかったと思う事ができなくもないです。

キキララさん
はじめまして、コメントありがとうございます
こんなときにコメントいただけてとてもキブンが助かりました(^^
野生のフェレットの寿命が長いというのはやっぱりとても興味がありますよね
実際は生きたネズミ(せめて冷凍のネズミとか)をあげたらもっといいのだと
おもいますが、さすがにそこまでの勇気がないので
そっくり物としていろんな肉をつかっていますが、それがいい結果につながれば
いいなと思っています
せめて9歳くらいまでは元気で生きて欲しいです

サワさん
お久しぶりです!
2匹も!にぎやかになったんですね!
ブレイズの子もいるんですか!うわーブレイズ可愛いですよね(笑)
またブログが始まる事を期待しています

⊂(・∀・)⊃ さん
コメントありがとう
そうかー
そういえばカメとかって生の餌が基本なんだね
このまえ熱帯倶楽部でもすごいグロい光景を沢山みたもんね
動物を家庭で飼育するという時点で完全な肉食のものだと飼育がむずかしいから
やっぱりフードになってしまうんだろうね
最近は技術も発展したのでフリーズドライの肉とかも可能なんだろうけど
あれはコストがかかるのでメーカーも儲からないから手をだしたりしないんだろうな〜
私が子供の頃かっていたカメの餌はまさしく
乾燥した赤ミミズだったんだよね・・・・
Posted by いたちarea at 2006年04月03日 11:11
初めまして。
私はこのホームページお気に入りにしてて、よく来るのですが、今までコメントは控えていました
いたちさんの手作りフードには尊敬していす。
私もなるべく作ってあげたいのですが、時間が無いもので・・・ですが週2(土・日)にはこのサイトを参考にしながら作るようにしています。心成しかフェレもガツガツと食べてくれているような気がします(喜)
手作りフードには飼い主のフェレに対する愛情が沢山入っているんです。ましてや虐待だなんて勘違いもいいところです。
Posted by まや仔 at 2006年04月05日 00:03
まや仔さん

コメントありがとうございます。
参考なんて・・・ううう・・とんでもございません!
ちょっとでもお役に立てたらとても嬉しいです。
まや仔さんのところは
週末手作りフードなんですね。
フードと手作りの両方があるとフェレットにとってもキブン転換になってとてもいいかもしれないですね!
kろえからもよろしくお願いします!
Posted by いたちarea at 2006年04月05日 11:24
初めまして(^^)たま〜にらいらいさんのところでコメントだけですがお目にかかってます。
『里子に出せ』とはふざけた人がいるモンですね!
あまりにも頭に来たのでコメントさせていただきました。
皆さんも書いてらっしゃいますが、手作りフードがどれだけ費用と手間がかかるか...材料だけでなくそれを作ったり保存したりする環境も大切。
道具をそろえるだけだって結構な費用になると思います。
変なメールに負けないで、これからも頑張ってくださいね〜☆
それではっ!
Posted by hekotayu at 2006年04月11日 14:26
hekotayu様
はじめまして
らいらいさんつながりですか!hekotayuさんもらいらいさんちのトイレ写真のファンかな?(笑)
里子に出せはショックですよね・・
出す気がないのでなんですが、昔はいちいち落ち込んでいたものです・・・
かわったことをしているといろんな意見があるんだなぁという事が良く分かります
Posted by いたちarea at 2006年04月11日 14:43
ずいぶん古い記事にあえてコメントさせて頂きます。
実は先日私も某所にて「生食や茹で食を与えています」と書き込んだところ、非難の嵐だったのです。私は飼いたいと思ってから10年ほど海外のサイト等を見て勉強しました。あとはEU在住の友人からいたちごはんの情報などを仕入れて納得いくまでは、怖くていたちたちとの共同生活に踏み切れませんでした。個人的にはあれほど硬質なフードを食べるだけでもいたちさんには結構な負担になると思うのです。

それにしても・・・海外のサイトでは生食を半日入れ替えで済ませているような記事も見ますが、日本の湿度はそれを不可能にしていますね・・・。
それにしても、いたちareaさんのブログには感心することしきりです・・・。サプリメント等勉強不足でしたので、もっともっと勉強したいと思います。
Posted by もうぺいとう at 2007年03月24日 08:22
もうぺいとう 様

こんにちは!
ブログをお持ちだったんですね!
これからちょくちょく拝見させていただきたいです!

やっぱり、生食は非難がおおいですよね
うちなんかも、あえて全員に理解してもらおうなんて思ってはおりませんが、やっぱり頭ごなしに色々言われるとへこみます。

内容もよく理解した上で言ってくれればいいんだけど、残飯たべさせて悪い!とか・・・・残飯どころか、私よりも高級食材なのにぃ・・って思ったりします(^^

肉って結構印象と違って痛みませんよね
日本でも・・・これ以上かくとまた、怖いのですが、もうぺいとうさんと多分同じようなかんそうを持っていると思います
(^^

一緒にがんばっていきましょうね〜!
Posted by いたちarea at 2007年03月26日 11:28
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/250124
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村