にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村

2006年04月27日

フィラリア・ダメ絶対だめ!〜フェレットフィラリア予防〜

先週の週末、
全員まとめてそろそろフィラリア予防の季節だからと
獣医さんに行って健康診断の後フィラリア予防薬を貰ってきました。


フェレットのフィラリアについて
フェレットがフィラリアに感染するとまず助からないといいます。
動物病院のポスターでフィラリアに感染した犬の心臓に
白いフィラリアの成虫がビッシリつまっている写真のポスターが貼られていますが
フェレットは犬のようにフィラリアに感染したまま体が耐え生存できるような
事がありません。

フィラリアは
犬などの体内に寄生したフィラリアの成虫が産んだ"卵"を"蚊"が吸い取り、
蚊の"おなかの中"で孵化・成長した"赤ちゃんフィラリア"が
吸血の際に犬やフェレットの体内に入り込み
感染するものです。

夏を経験していないベビーフェレットの場合、
まず初年度の夏のフィラリア予防の薬の処方の際に
基本的にフィラリアに感染しているかの検査は必要がありません
(でもポリシーによりやる動物病院もあります)

また「フェレットの場合、仮にフィラリアに感染していたら健康でいられる
はずがない(つまり今健康なら感染していないとおもっていい)」という
ポリシーからも検査しないでフィラリア予防をはじめる動物病院もあるようですが
基本的にフィラリア予防の前にまず感染しているかどうかの検査をします。

検査は簡単で爪を深爪させて血をとって検査キット(すごく小さい)に付けるか
注射器ですこしだけ血液を採取して検査キットに付けるかするもので
すぐに結果がでます。
検査自体は高くても2000円くらいです。

060425-1.jpg

フィラリア予防に使われるクスリは犬や猫のためのフィラリア予防薬で
モキシデックとかカルドメックが主流なようです
家畜用の水タイプのフィラリア予防薬は注射用なので
飲ませるように処方する獣医さんもいるけど、一切効果がないようです。


フィラリアの薬は1ヶ月ごとに飲ませることになりますが
1ヶ月ずっと効果があるわけじゃなく、実は効果は1週間程度しかありません。

というのも
フィラリアの予防薬はフェレットがフィラリアに感染してから
フィラリアの赤ちゃんがフェレットの体内で
成長していく段階の第4期子虫期
(感染後2週間程度でこの第4期を迎える)
を殺すもので、それ以上の大きさになったものもそれ以下の大きさの
ものも駆虫する効果がないからです。
第4期子虫でいる期間は1ヶ月半〜2ヶ月程度はありますので、

理論上では
フィラリアの子供をお腹にもっている蚊にフェレットが刺される
↓2週間
↓(2週間以内に薬をのませても無駄、むしろ2週間後に飲ませるほうがいい)
薬を投薬
↓1ヶ月半(サイクルがずれても最悪毎月のませていればどこかには該当する)
↓(本来ならここで第5期子虫になるが薬で駆除される)
駆虫

というサイクルになることになります。

060425-2.jpg

だったら1ヶ月半ごとの投薬でもいいと思うかもしれないのですが、
第3期子虫が第4期子虫になるための脱皮した直後には薬に抗体があるため
予防薬で駆除できない可能性もあるそうです。
だからきっちり1ヶ月ごとの投薬。

「もう蚊がいないからフィラリアの予防してないない」
と10月初めにいう方が多いですが、
「予防薬」というネーミングが誤解を生みやすいですが
駆虫薬なのであくまで感染後のものを殺すための薬です。
上記のようにタイムラグがあるので11月まで投薬したほうが安全です
ニックネーム いたちarea at 11:44| Comment(4) | TrackBack(0) | フェレット様健康・手入れ・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちのほうは、海と山に囲まれているせいか、4月頭から12月末まで、フィラリア対処してます。
獣医さんに3月に病院行った際「フィラリアの薬くれ」と言ったら「まだ早い」とか言われましたけど、獣医さんのある場所と我が家の場所は離れているんで、うち近辺には蚊がもう出てるからって理由でもらいました。
昨年も11月で獣医さんは「もういいでしょう」って言ってたんですが、無理やりもらってました。

なんか。
獣医さんに「いつからフィラリアやればいいですか?」とか「いつまでやればいいですか?」って聞く人がいるようですが、獣医さんは患者さんの住んでる場所のことまで詳細わかるはずがないんで、飼い主がしっかりと判断してやるべきですよねー。

基本は、いたちareaさんも書かれてますが、予防薬じゃなくて駆除薬なんで、蚊が出始めたあたりから、蚊がいなくなった翌月までの投与が必要だと思ってます。


ああ・・・おいららしくない。。。orz
なんか真面目なコメント書いてしまったよ。
Posted by 智凪 at 2006年04月27日 12:01
駆虫薬というのはわかってましたが、
そんなふうな効果だとは知りませんでした。
成虫はダメ、というのもわかっていたんですが
そんなに限定されていたとは・・・!
毎日色々お勉強になります。

ちなみにうちのかかりつけの獣医さんでは、
5〜12月までの投薬を推奨されてます。

Posted by kuro at 2006年04月28日 09:59
さりげに「ツュミット」になってますよ名前が!w
うちのショボチンもレントゲン写真での名前が「ショボタン」とされていて、笑いをかみ殺すのに必死になったことがあります。

まあ、元の名前も変ですけど…。

フィラリアの薬は4月〜11月まで飲ませてるかなー。うちのは顆粒状のやつで、とかして飲ませると「おいちい!もっとー!」とせがまれます。
Posted by げるげる at 2006年04月28日 18:21
智凪様

いたち馬鹿臭さがなかったので
イタズラ投稿だと思った(笑)

kuro様

色々むずかしいですよねー
しかし、フェレットってなんでこう病気とか多いんだろう!
フェレットにフィラリア予防が必要なんて
飼う前にしっかり勉強してる人いがいは想像もつきませんよねー
蚊って!フェレットに蚊?って感じで・・・


げるげる様

しょぼたんって可愛いじゃないですか!
「チン」が「タン」かぁ・・・
どのあたりを間違えたんだろう・・・
フェレットワールドの写真撮影サービスでは
「ミグ」が「シグ」になっていました・・・
きっと私のカタカナの書き方がわるいんだあああ(泣)
「ソ」と「ン」とか「ツ」と「シ」とか
全然かきわけ出来なくって、小学校の国語の
漢字の読み仮名を書くテストで
私はしっかり正解を書いたつもりなのに先生にこれは
絶対に違う回答だと言われて泣いた事あるもん・・・
フィラリアの薬は甘いみたいですね
受付で
飼い主さん「バイトに溶かしたほうがいいですか?」
病院「甘いから喜んでのむので平気だと思います」って
会話をよく耳にするわ〜(^^
でも最近きがついたんだけど、フェレットって別に苦味きらいじゃないっぽいかも
Posted by いたちarea at 2006年05月08日 11:15
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/282297
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村