にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村

2015年01月05日

フェレット心臓病時の酸素室療養(ミグ(僧帽弁閉鎖不全)の場合-2

咳と息切れ以外は腹水くらいしか外的特徴がないけど、腹水により栄養の損失がおおきかったので
ラシックスを切って腎臓の保護につとめたと同時に、どうにかして腹水がたまらないようにならないか
(その時点では溜まってるので、腹水がひくようにならないか)と色々しらべました

ZOE_0141_1.jpg

元々の体重が1300g程度だったのにたいし、腹水がたまったあとは1750gくらいに体重がふえたので
(体はガリガリした骨張りかたなのに、お腹だけがパンパンでした)
450gくらいは腹水の分だったと思います


まず腹水がたまったお腹は、触ってつめたく感じました
当たり前のように、冷たい脂肪や液体は代謝が落ちてるので、薬局で売っている
「ゆたぽん」でミグのお腹を1日5分ずつ6回ほどあたためました。とにかく家にいるとき暇なら温めているという感じです
テレビをみながら温め、歯を磨きながら膝にのせてあたため、まんがを読みながら温め、みたいなかんじです

本人も気持ちがいいのか、暴れたりせずに温めさせました
あと、人間の腹水の治療に用いられているヒマシ油をお腹にぬってラップをしてあたためながらマッサージしました
これを1週間くらい続けた所で、おしっこが多めにでるようになり、腹水がかなりへりました
(200gくらい減った)

1382542737534.jpg

あと、タンパク質の漏洩が起きるということは、アミノ酸的ななにかでどうにかなるかとおもい
BACCを与えました
病院の先生に「BACCを与えてる」(私はたまたまもっていたので、製剤で)といったら
病院でもBCAAとして「ベジタブルサポートを使ってる」という話をしてもらい、BCAAの注目度の高さを感じました

今たまたまみると、ベジタブルサポートのトライアルセットが安いようなので、ちょっとその時を思い出して
他の子用に注文してみます、健康な子の栄養補助にももちろんいいです

(このバナーから送料無料です)




私自身も半信半疑でしたが、これでかなりすっきり腹水が抜けてきました
ところが、このうちどちらかをさぼると、腹水が段々たまってきます
BCAAはまだいいのですが、温めるのが残業がおおくなって家にかえるのが遅くなったりするとなかなかできなくなるので、まず体温をあげるのにつとめようとおもい、ショウガのサプリをミグが嫌だというぎりぎり
までの濃度で毎日あげることによって段々体温がたかめになってきて
腹水がたまりにくくなりました。
(犬の世界などでは心臓病になると、コショウやショウガをご飯にかけるといいというのがあるのだけど、それも血行的意味合いのはずです)






ニックネーム いたちarea at 16:39| Comment(5) | TrackBack(0) | フェレット様健康・手入れ・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いたちarea様 はじめまして。
フェレットに生姜をどうやって与えようと検索していたら、area様のHPにたどりつきました^^)。さすが!!! 2年程前、手作り食に移行するとき、参考になるHPはarea様と他2つ位。本当によく研究されていて、とても参考になりました。また再開されたのですね! でもミグちゃん、心配です。お大事になさってくださいね。

我が家のフェレさんは、多血症の疑いありで、原因・遠因は不明ですが、エコーでは心臓も若干脈が弱いと言われています。まずは腎臓への影響・保護が必要と考え、タンパク質は45%のままですが、減塩と水+ポカリで水分補給、でもおなかは冷えがちです。
また、最近2日に1回くらい嘔吐が見られます。検査結果を見ても今のところ病気から来ているとも思えず、まずは健胃と毛玉対策。

というわけで生姜となったわけです。しかしハーブ、薬草の類は副作用のあるものも多い、フェレの身体への影響などどこでも検証していない。area様の記事でなんだかほっとしました。犬には生姜食ってあるんですよね。

毛玉対策としては、欧米ではオリーブオイルを代用することもあると聞きました。なので以下のものを作ることにしました。

「生姜のオリーブオイル漬け」
生姜100gを加熱して、オリーブオイル150ml とまぜます (人間用はこれにワインビネガーがはいる)。日持ちは1週間ほどだとか。それを毎日微量あたえます。ついでに胃によいペパーミントも加えます。フェレはメンタムなどは嫌いますが、ペパーミントは不思議とかじります^^) 
生姜の温め効果・健胃効果、毛玉対策・健胃効果のオリーブオイル・・・
area様、いかが思われますか? こういうの1人でやっていると本当に不安がつきものです。

今日はarea様の春の野菜のお話思い出して、菜の花買ってきました。
これからも応援しております。
Posted by 凛 at 2015年01月19日 14:43
凛 さん

コメントありがとうございます

久しぶりにブログを更新していて、コメントもらえて嬉しいです!

ショウガオイルよさそうですね、個人的にはそのレシピいいとおもいますよ、ピリっとするのを嫌う子もいるので最終的には食べるか食べないかはそれぞれだけど、食べる子なら問題なさそうですよね、そうそうフェレットってペパーミントすきですよね、ミント系は結構スキなきがします、凛さんのオイル漬けと同じような感じで、うちでは無農薬の乾燥ハーブをオイルつけにしたりした事もありましたよ!! 

嘔吐は心配ですね、腎臓を保護するなら結構の改善は重要!いろいろためしてみて、フェレットにも自分で(自分の体感がないと結局よくわかりませんので)のんでみても、効果を感じられた血流改善として、ヘスペリジンがよかったようにかんじました。DHCのとかいいので、なんか気が向いたら見てみるといいかもです!あと、ヨクニインもよかったです、イボとりの漢方として有名だけど、筋肉をほぐしてけこうをよくしてくれるので、心臓が弱ってる子にはすごくマッチしていたと思います!

またコメントもらえるととうれしいです!
Posted by いたちarea at 2015年01月20日 15:31
ご教授ありがとうございます。
腎臓は本当に気を配ってあげたい臓器です。area様が書いておられる通り、多臓器とのバランスはとても重要。フェレは小さな命、症状が出ては遅いこともあります。こうした日常の気配り、効果を確認される姿勢の積み重ねはとても大きく、結果、よい状態を保つこと、フェレの楽チンに結びつくのだと思います。
お教えいただいたヨクイニンは、はと麦の成分ですね。はと麦は人間の漢方で腎・脾臓によいとのことで、毎日の食事(野菜は1〜1.5割ほどですが・・・)に加えています。今一度ヨクイニンの量を確認してみます。ヘスペリジンも陳皮の有効成分。またBCAAベジサポ!これはいいですね。さっそく取り寄せました^^) それぞれ摂取量は少なくても野菜と繊維はとても大切な気がします。なお、生姜オイルは、甘味がほしいのでステビアを加えることにしました^^)
お仕事もあってお忙しいことと存じますが、ゆっくりでいいので更新していただけると本当に心強く、うれしいです。ありがとうございました。
Posted by 凛 at 2015年01月21日 02:35
凛さん>ショウガオイルどんな感じですか?

腎臓は本当に大事ですね、心臓とか肝臓とか、どっかを中心的に治療するときにぜったいに無視してはいけないのが腎臓
なんか、常に学問にはげんでいても、仕事をしていても、家のおかぁさんのありがたみを忘れないっていう感じで
腎臓の事をかんがえないといけないですよね!

BCAAとどいたかな、結構おいしそうな臭いがして、なめてみたくなりますよね
(実際なめたけど別においしくはなかったんですが(笑))

サプリメントとか食品って薬ではないもののうまくヒットすると劇的に生活の質があがるので、探しがいがありますね!
Posted by いたちarea at 2015年01月27日 15:01
そうなんです。腎臓は(心臓もだけど)こわれたら戻らない。
ベジサポはおいしいようです。ありがとうございます。
手作りだとどうしてもサプリやビタミン補給が多くなりますが、
タブレットより顆粒、粉末、少しでも固形化材料や混ぜ物がないことが課題です。

生姜オイルはやはり生姜の濃度しだいのようです。
あまり辛いと部屋の隅までバックでふっとんで逃げていきます^^;;)、
またステビアオイル漬けではうまく甘味がつかなかったので、
炭水化物の少ないメープルシロップにかえたら舐めるようになりました。
ラクサトーンなども主成分はオイルと麦芽糖のようなので・・・
あげるのは本当に1cc弱くらいです。
でも、吐き気の原因!!! 宝物置場からモフモフの手袋かじった跡が!!!
猫草じゃないけど、春になったらミントの鉢植えつくろうかな・・・
Posted by 凛 at 2015年01月30日 12:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3917973
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村