にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村

2015年01月21日

インスリノーマにそなえて、自宅でフェレットの血糖値を測ってみようという簡易測定器

うちには、すぴちゃんまで歴代のフェレットで低血糖(インスリノーマ)の子が皆無でした
なので、なにという対策もしてなかったんですけど
高齢(7歳半以上とか)になってから、心臓病も煩ってるスピちゃんが
数値的には低血糖でした、最後天国にいくまで発作は一度もでなく、8歳9ヶ月まで
生きたので、結局低血糖の影響などなかったんですけど・・・

486760_157605791084237_2115878761_n.jpg

その頃は、興味もありニプロフリースタイル?という血糖値簡易測定器でいたちの血糖値を測定してました

たしか、むかーしにも測定したことがあるのだけれど
なんで買ったんだっけって思ったんだけど、当時はあれだ、高齢フェレットをよく預かっていたから、やばそうだったら測ってみて病院にとか思ってたんだった


実験に自分の血糖値を測定119 20分くらい前に楽しくオレンジジュースを飲んでいたからこんなもんだろう

ラプちゃん、84(若い)
スピカ、88(おばぁちゃん)

うーん、なんか思った数値とちがうぞ?

っておもって、動物病院にいったときに簡易測定器を持ち込んで、採血した血で病院の検査と
くらべてみたところ、数値は病院の検査のほうが−5 低く出るという結果でした

66811_151984391646377_1219503402_n.jpg


つまり、あまり誤差がない
毎回、数値5違いで安定していたので、簡易測定器を購入するひとがいたら
おなじように病院で採血した血をわけてもらって、その場で測定して病院の結果とくらべてみると
家で測る時に便利な気がします


この測定器でなら、マイナスいくつになるんだとか+いくつになるんだって分かっていれば、測定可能ですからね

問題は家での採血方法
これは、簡易血糖値の性能によります、最小限の検査に必要な血液の量というのが書かれているのですが
"あまりに安い機械は血が多く必要"これがポイントなので、
極少量ですむ測定器を購入するといいです、実際書かれてる量よりも低く測定できます

ニプロのフリースタイルの新しい測定紙の場合、血液を両端からすいとるタイプなので
ホント、1滴すら必要ないです、ちょっと可哀想ですけど、耳(毛がはえてないから)に専門の針(測定器とセットの純正品)を
使って血をとって特定してました、極少量ですから、傷とかつくレベルじゃなく、耳に針をパチンってやったら
一生懸命半滴程度絞り出すだけです、その後、血がでることもなく肉眼では傷のあとすら分からないです
(痛がりもしない)

ニプロフィリースタイルの販売は以下の画像を押したリンク先であります、スペック詳細とかも書いてあるので便利









ニックネーム いたちarea at 17:23| Comment(1) | TrackBack(0) | フェレット様健康・手入れ・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
勉強になりました。具体的な情報をありがとうございます。
ウチのインスリ持ちに使いたいので検討します。
Posted by uhm at 2015年08月04日 14:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3944029
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村