にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村

2006年07月31日

季節性脱毛・脂漏症についてのメモ〜フェレット季節性脱毛〜

フェレットの尻尾の脱毛は、
副腎が原因の脱毛の他に、季節性の脱毛があります。

メジャーなのが
「尻尾の先」の脱毛。
(副腎の場合は尻尾の付け根部分の薄さが多くなり
 逆にライオンの尻尾のように尻尾の先の毛は残りやすい)

季節性脱毛の場合、尻尾を観察すると、
毛穴に赤・茶色、放置時間が長いと黒のポツポツした
カサブタのような詰まりがあり
これは過剰になった脂の酸化して固まったものなので
これが原因で脱毛が起きる。

テトリスかジグソーパズルみたいなはまり方・・・・
060731-3.JPG



要因としては
換毛の失敗:換毛の時期とホルモンのバランスの崩れによるもの
(オスだと成熟した後の1歳〜2歳の間に起こる事が多いらしい)


一般的に次の換毛期で治る場合が多いが、
ホルモンバランスが崩れるという現象が一度でも起きている限り、
なんらかの生活的原因がありえる可能性が高い。

酷くなると全身に脂性が起き、
皮膚に茶色の汚れがつくようになるため、皮膚状態と被毛に良くない。


【改善方法】

★初期:生活的原因がないと思われる場合、
  「フェレットの肌水」やPHを調整したブラッシング用水を用い汚れの詰まった毛穴の脂を揉み出す。
(ティッシュで拭くと茶色い汚れがつく)


★2週間で改善されない場合:
・ホスティーン
・ゼレトン
・マイクロパールスサルファサリチル酸シャンプー
のどれかを用い、皮膚の表面の脂性を改善する

・ホスティーン(お風呂場で水にぬらした状態で5分〜15分薬浴)
    →比較的簡単だけど時間がかかる【効果:中】

・ゼレトン(水にぬらさない状態で15分薬を塗りこむ)
    →フェレットがなめようとするのでずっと気を紛らわせ
     ながらぬりこまなくてはいけないので大変【効果:大】

・マイクロパール(シャンプーと同じ要領で洗う)
→簡単だけどあんまり効果はない【効果:小】


★上記から1週間で改善されない場合

・R&U30を1日に2回、1回に1錠×朝・夕
(脂漏性をおさえる効果がある)

R&U30については
こちらを参照

R&U30
060731-1.JPG


・1日3時間は日光、もしくは太陽光ライトに当てその後
 ケージに布などをかけ、まったく暗くする時間を6時間以上は作る

・獣医に相談しR&U30の取り扱いがない場合、メラトニンを1日1.5mg投与


上記、R&U30投与・日光(暗所)を2〜4週間で
崩れたホルモンバランスを調整。
現在の被毛の下に細かい毛が沢山生えてきます
(毛穴の中での生毛段階で毛穴は脂で詰まった状態の時間が多いので
 出てくる被毛は脂焼けしていますが、体質が改善されれば次の換毛で綺麗な毛に変わる)

脂焼けした毛
060731-2.JPG


季節性脱毛の場合のみなので、
副腎腫瘍の脱毛の場合は当てはまりません。


※季節性脱毛と副腎腫瘍脱毛の区別のポイント

#季節性脱毛
・尻尾の先のみが多い
・体の表面や尻尾の表面が脂で汚れている
・換毛期の毛の抜け方が長期だった、換毛後の毛づやが悪い

#副腎腫瘍の脱毛
・尻尾の先よりも尻尾の付け根や尻尾本体部分の脱毛が多い
・お尻や腰など左右対称に薄い毛になる
・あまり皮膚はよごれていない
・普通に換毛はした

ニックネーム いたちarea at 10:20| Comment(3) | TrackBack(0) | フェレット様健康・手入れ・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
し、脂漏性・・・
この暑い時期の通勤電車内、匂いたちそうな
オヤジ達の後ろで呟きたくなるような
リアリティのある言葉だわ・・・^-^;;
Posted by kuro at 2006年07月31日 13:50
お久しゅうございます。
来てみてびっくり(爆
うちのサクラが、しっぽ先端が
ちょいとぬけておりまする。
何らかの、「生活的要因」があるのでしょうか(汗
私にストレスはあっても、サクラにはストレスだけはないような気がする。
様子を見てみます。


Posted by ともみ at 2006年08月04日 14:07
kuro様

コメントもれてました・・・
おやじの脂漏はやだな・・・
そういえば、電車のガラスに頭のあとが
くっきりついてますよね・・・
うええええん(泣)
髪の毛ぬけるからって頭あらわないのは逆効果だそおー
ってのいまだに結構浸透してませんよねぇ!

ともみ様

うーん
ストレスよりは、個人的には
「あかるい時間」のせいだと思います多分。
なんかうちのが抜けたときも
昼間あかるくて、よる私が電気つけて明るくてみたいなタイミングだったし・・・
(留守中ネットワークカメラで様子を監視したかったので明るめに・・・)
犬や猫だともっとこういう症状が顕著みたいですね
Posted by いたちarea at 2006年08月04日 14:17
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/394963
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村