フェレットのための手作りハーブチンキ ~Part1~

実は、このブログの記事は半年前位に書いたものです。
下書きをなくしてしまって、今みつかりました(笑)


うちではフェレットの為に多くのハーブを少しずつ使っています。

大体がドライハーブをミルサーで粉末にしたものを餌に混ぜたり、
水に溶かしてのませたりしていますが
(ザラザラするんだけど、慣れると平気なので・・・)
ちょっと気が向いたので、フェレットハーブチンキを作ることにしました。
長いので分章にします。


「チンキ」とは、主にハーブの有効成分をアルコール抽出したものの事を
言うのですが、ハーブには「水溶性成分」と「油性成分」があって
それぞれ、水に溶けるもの、油にしか溶けないものというのがあるんだけど
アルコール抽出するとどちらの成分も抽出できます。


戦闘機いたちさん珍道中



なので、ハーブを「ハーブティ」や「ドライハーブ」
を飲ませた状態だけだと摂取出来ない有効成分も
取り出して摂取させることができます。
あとハーブチンキにすると、日持ちしたり、持ち運びが楽だったり色々と利点があります。




さて、でも「フェレットにアルコールってどう!?」って思いますが、
もちろん、それは酔っ払ってしまうようなアルコールを動物に用いたくないので
今回は、以下2パターンで作ってみました。



・アルコール(ホワイトリカー)で抽出したものを後にアルコール分だけ蒸発させる
(アサリの酒蒸しみたいなかんじ?)

・食用グリセリンで抽出する
(グリセリンは物質構成がアルコールと同じなのですが、いわゆる「アルコール」ではな いので、生まれたての赤ん坊にも無害な上に保存性にも優れた便利なもの)




■用意するものは以下です

 ・ドライハーブ
 (葉っぱものは特に農薬被害とか心配なので、無農薬栽培・有機栽培のものを)
 ・ホワイトリカー(アルコール抽出分)
 ・食用グリセリン(グリセリン抽出分)
 ・煮沸消毒した密閉ビン(ジャム保存ビンみたいなものなど)


戦闘機いたちさん珍道中


 ハーブはちょっと探せば、いろんなところで見つかるのですが、
 意外と食用グリセリンが入手困難です!


  Part2へ続く・・・・

この記事へのコメント

  • ラウ-ル・ゴンザレス

    シュリンプね!

    足痛いよ~!縫った場所がまた開いちゃったよ~
    2007年11月07日 01:59
  • 赫乃丈

    薬局でグリセリン買うと工業用ですもんね。
    食用のってドコで手にはいるんだろ。
    2007年11月07日 09:57
  • まるぅ

    魔法の乳酸菌ありがとうございました。
    Dr.も回復が早くて不思議だと言っていました。
    またご連絡させて頂きます、ハーブも楽しみにしています。
    2007年11月07日 23:00
  • いたちarea



    ラウ-ル・ゴンザレス さま

    そうそう シュリンプ!!
    えびっていうとまた感じがちがう?
    赤としろのもかわいいけど、ぬまえびもかわいいね


    足・・・・あばれないでおとなしくしてないと!!(^^;


    赫乃丈 様

    うんうん
    食品用は業務用の食品専門店とかでうっているんだけど
    (食品というよりは製菓かな)
    結構手にはいりにくいんだよね・・・
    製菓には欠かせないのにね・・・


    まるぅ 様

    はい
    症状が改善されたならよかったですね!
    メールを頂いてました?でしょうか
    ご連絡お待ちしております
    2007年11月15日 10:07