にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村

2006年11月24日

インフルエンザワクチンでイタチを守ろう〜フェレットとインフルエンザ〜

フェレットは、人間のかかる流行病に弱い動物だというのは有名な話です。

そもそも、動物実験に使われるほど感受性
(ウイルスや細菌等の病気にすぐ感染する性質の事)
の高い動物であるフェレットは、
日本で言えばやっぱり冬に危険いっぱいなのではないでしょうか?

戦闘機いたちさん珍道中

私は生まれてこのかた、どんなにクラスでインフルエンザが流行っていようとも
感染した事のない肉体を持っていますが(手洗いうがいに執着のある子供だったから(笑))
フェレットを飼ってから、フェレットがそんなに病気に感染しやすいなら、
間違ってもインフルエンザにかかる事がないように気をつけたいと
改めて思いました。

今年は、仕事のパートナーの家で子供が生まれてその人にも間違っても
うつすわけにはいかないので、自分を含め他人に迷惑をかけないためにも
ワクチンを打とうと思うのです。

カドラーはここに入りたいのがイタチ心・・・
戦闘機いたちさん珍道中



ここで、日本のインフルエンザワクチンについてですが、
昔、義務で接種していた頃には、
「どうせ予想が外れて型が違うから意味がない」と
いわれていましたが、今は3種類の型の混合ワクチンを打つそうです

今年、2006年の3種は、
:Aソ連型
:A香港型
:B型
です。
Aソ連型は去年と同じ株ですが、
A香港とB型については2006年の独自株だそうです。


では、いつインフルエンザワクチンを打つのがいいのか?

インフルエンザワクチンは、接種してから2週間で効き目が出てきて、
そこから2ヶ月がマックスで効力を発揮する期間らしいです
(ジステンパーと同じですね)
2.3月の流行期を考えて12月の上旬までに打つのが望ましいそうです



費用は2500円位〜5000位程度で
小さなクリニックなどでも取り扱いがあるところが沢山あるので
病院の待ち時間が長いから大変という事も回避できます。


私も打ちますので、皆様も可愛い愛イタチのために打ってみませんか?
 
 
 
 
 
ニックネーム いたちarea at 14:44| Comment(8) | TrackBack(0) | フェレット様健康・手入れ・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『カドラー』...
時々思うけど、いたちareaさんって言葉の魔術師みたいですねぇf(^^;)
バカうけしました...

インフルエンザ、私は先週の土曜日に予防接種しました。毎年必ず受けてます。
いたちさんたちにうつるのも怖いし、何より自分が一番しんどい...
でもワクチン接種後、少ししんどかったのは今年の『独自株』の影響なのかな?
これまで何ともなかったからなんでしんどいのかわからなかった...
Posted by hekotayu at 2006年11月24日 15:05
インフルエンザ、毎年きちんとかかってました(汗)
末っ子が必ずかかり、肺炎になって入院。
その付き添い入院で私もかかり(汗)
入院中の子供のベットで二人並んで点滴を打った事も・・・

去年から会社の社長が代わり、強制的にワクチンをうたされます。
まぁ、費用は会社持ちなんでラッキーですが!
インフルエンザはかかる物で予防するのは老人だけだと思っていた私。
鼬の為に今年もちゃんと打ちに行きまーす。
Posted by えむ at 2006年11月24日 15:36
なるほど〜っ(≧∀≦)ノ
フェレ初心者なのでいつどんな注射を打ったら良いのか
自信が無かったので、安心して病院に行けます!!
“バカは風邪引かないみっち”はインフルでも大丈夫と
豪語してますが、今年は愛フェレ達のためにワクチン
率先して行ってきます〜っ(≧∀≦)
Posted by みっち at 2006年11月24日 21:47
肉は良く火を通す?君とは結婚できまへんな!(笑)

え〜、打つの?私ゃブキ反対派な者ですから、病院行っても抜くのみ、入れる行為は嫌いなんです。

プレ、三匹になりました。なかなかの光景ですよ!

姉貴、姪に甥も居ますよ。あやすっか地なんちゃうか?弟に後ろから飛び蹴りするぐらいの軽い気持ちでしょ?
Posted by ラウ-ル・ゴンザレス at 2006年11月25日 04:16
▽・w・▽こんばんわんこ

インフルエンザの予防注射 娘ちゃんだけやってきましたよ 12歳だと2回うつんです・・・やこママは 色々薬も飲んでるのからうてないからうがいと手洗い普段からマスクしてるからまぁ〜平気かな?

23日FWは 初日よりフェレットちゃんの撮影も増えお店も人口密度も高かったけど
フェレットは 何故か 土日と変わらず
メーカーさんも福袋など新作もあって
賑やかでしたよ顔(笑)

Posted by 米ちゃんのママ at 2006年11月26日 01:57
お〜い、今から勝手にリンク同盟にに加えます!

バイ、ワガマママリン
Posted by ラウ-ル・ゴンザレス at 2006年11月28日 08:28
インフルエンザ・・・なったことないんですよね〜。
風邪止まりですのよ、いつも♪
でも、油断はいけませんね。
注射か・・・うぬぬぬぬ・・・・^-^;;
Posted by kuro at 2006年11月28日 14:01

hekotayu 様

毎年必ず受けていたのですか!
うううん!偉い!
私は子供の頃は無理やり熱を出してまで注射したくないくらい嫌いだったので
(今説明をしっかり読むと、注射はあんな早い速度で打ったらだめなのに、うちの学校は
 生徒が多かったから(1000人の生徒の注射を医者2人とか3人とかでする)
 たまにピストンが圧力に耐えられなくて注射器が吹っ飛ぶくらい荒い注射方法ですごく痛かったの)
イヤだったのですが・・・日曜日に打ってきましたよ
いや〜普通に打つとあんまり痛くないです(^^
なんか最近花粉がまた飛んでいて常にしんどいのでしんどさの感じが
分からなかったんだけど、株によって違うのはあるかもしれないですね!


えむ様

インフルエンザは
かかりやすい人っているみたいですね!
私はかからないほうなので、今まで一度もかかったことないんだけど
すごいつらいから風邪と違うって一瞬で分かるくらいすごいみたいですね・・・
怖い・・・

強制ワクチンとは!
たしかに会社がお金を出してくれるならいいような・・・この幼児のワクチンの法律も
変わったご時世に強制は時代錯誤のような・・・・
とりあえず、ワクチン打って「かからなくなる」といいですよね
ワクチンの説明みても「決してかからなくなると保障するものではない」と
あるので、あれを見るとなんか力が抜けますよね〜!

みっち様

ん!フェレットの為のフェレット馬鹿ですね、みっちさんも(笑)
自分のことだと結構どうでもいいのに
フェレットの為といわれると真剣に考えてしまいますよね
子供がいるひともきっとこういう気持ちなんだろうなって
よく思います(^^


ラウ-ル・ゴンザレス  様

抜くのみで入れる行為は嫌い?というのは
入れるは薬剤だとしても、抜くのみとはこれいかに!?

いや、でも豚肉はやっぱりよく焼きましょう!
だってさ、ニョロニョロした虫がね・・・

お姉さんって娘さんもいたんだね
なんかイメージだとおいっこめいっこは美男美女なかんじですね

リンク同盟の意味が分かりません(笑)

抜くのみとリンク同盟の説明と
おいっこめいっこについての説明を求めます(^^


米ちゃんのママ 様


うわ!福袋ちょっと見てみたかった!

子供の場合ワクチン2回なんだよね〜
子供にとっては冬はいやな時期なんだよね
冬休み前に2回の地獄(ワクチン)があるし・・・
そういえばマラソン大会も寒い時期にあるし・・・

そう考えると大人は楽でいいや(^^

おはぎくんの元気ブログ楽しみにしてますよ!
どんどん更新してね!!


kuro様

私もインフルエンザありません!
どどど・・・どんな感じなのか想像もできないです
同じくおたふく風邪もどんな感じか想像できないです・・
どっちも死ぬまで無縁だといいなぁ

kuroさん注射苦手なんですね・・・
うふふふふ・・・・・

昔はね、腕の上のほうに打ったのに今はひじよりすこし上なんで
あんまり痛く感じないんですよ
ミグ兄がチクっと噛む「歯注射」の方が痛いの・・・(^^





Posted by いたちarea at 2006年11月29日 11:21
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/591044
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村