にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村

2005年09月30日

人間の年齢で言うと?年上には「さん」をつけて呼ぶルール

昨日も早く帰りました・・・
というわけでのんびり
アニコム
の機関誌のアニコムパフェを読んでいたらこんな記事が・・・

フェレットの「人間に換算したら何歳」は?

フェレット実年齢×8+12だそうです

なんだ、ミグまだ私より若いでやんの・・・・
と思ったけど、もう1歳ジャストじゃないのか
いや、まてよ年齢は1歳半超なわけだから・・・・
・・・・・・・ミグさん!
はい!コンビニに買い物ですか?
はい!何買ってきますか?

「ふぁ?」みぐ兄さん

050930_1016~0001.JPG

そんなに暑くないので、そろそろでかける時も遮光カーテンなしで
普通のカーテンごしの日光に当ててお留守番させられそうです

もともと我が家は
「日光浴はビタミンD形成のためにするべきだ!」
ポリシーなので、夏場も私が在宅しているときに限って言えば
冷房をかけた上に、日光には当たる場所におきます
といってもビル郡の中・・・日光が入るのはせいぜい
いい時で3時間あるかないか。貴重な日光です

フェレットは暑さに弱いからと、
1年中全く日の当たらない部屋においている人が殆どなので、
そういう人が聞いたら虐待だと思われそう・・・

いや、でも日光浴をしたほうが副腎腫瘍にならないって説もあるんですよ・・・



ニックネーム いたちarea at 10:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 全部がフェレット内容のふつうの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>いや、でも日光浴をしたほうが副腎腫瘍にならないって説もあるんですよ・・・

私もそう思う一人です。
やく8年で死んだ、ムギねぇさん、静岡から新潟へ引っ越した途端脱毛しました。
新潟は冬に晴ればかりの静岡と違い、曇りばかりになります。
で、引っ越して、天然光で育てたら毛が生えてきて、もう脱毛は起きませんでした。

その後、我が家に来た全身脱毛で捨てられていたももねーさんも、
天然光で育てて普通に毛が生えそろいました。
エアコンは、27〜28度設定で、湿度が少ない日はエアコンなしです。
彼らは暑ければ涼しい場所でのびて寝ているので、好きなようにさせていました。

日照時間で性周期が切り替わる動物が日照時間の差を感じられなくなれば、
発情期の期間が終わっても認識できなくて性腺刺激ホルモンを出しすぎるので、
副腎が疲弊してしまうんでしょうね。
いろんなヒトに勧めているんですが、既にでまわっている飼育書のせいでなかなか信じてもらえず。^^;
暗いアパートの中で育てられているイタチたちがかわいそうです。
手術なんかされなくても済んだかもしれないのに。
Posted by ermine at 2005年10月02日 22:05
ermineこんにちは

ermineさんちのフェレちゃんは、
みんな日光でよくなったんですね

飼育書があるのでやっぱりみんな暗い部屋主義ですね。
フェレットの情報って、当たり前のようにまかり通っているのが実はひどい情報だったり、フェレット飼育が長い海外と
違う情報だったりするので、本当に自分のポリシーどおりにやると人とはまったく
反対の事をすることになったりしますよね
手作りご飯もそうですが・・・
Posted by いたちarea at 2005年10月03日 13:54
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/78702

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村