再考したい、フェレットに合う油とミルクはなんなのか

今年で戦闘機いたちさんを初めて10年になるようです 個人的な話ですけど、始めた当時は手作りご飯を開始したばかりでした 当時、ドライフードを受け付けない子を預かっていて、ドライフードのままだとおなかを壊して やせてしまっていたので、始めたのがきっかけのようなものですが、 長くやっていると、あーもう今のこれはトレンドじゃないなとか、あれは未だに合ってるなとかいう事が 区別されてきたりします あくまで、自分の家の経験則的なやつだけども あー、もうこれはトレンドじゃないなというのに 「ヤギミルク」があります やぎみるく、あんなに国産やぎみるくにこだわって色々と取り寄せたりしていたけど 今では、それよりも分子が安定してる普通のミルクか、浸透圧処理されてる普通のミルクのほうが いいようにおもうようになってきました あとは、「複数の動物の肉をあげること」 結局は珍し物好きなので、いろんな肉をあげてる事になるけども、まんべんなくいろんな動物種の 肉をあげなくてもいいやとおもっています ただ、大事なのは赤身肉(馬肉や牛肉)としろっぽい肉(鶏肉など)のバランスはなんとなく気になり、 どちらかに偏らないようにしています 逆に、これは未だにトレンドだなとおもうのが 植物油はイタチの体にあわないんじゃないかということ http://blog.itachisanarea.jp/article/1149071.html ここでも記載していますが、感覚的に動…

続きを読む

フェレットの体調に関係ある気圧問題

昨日の東京は雪でした 気圧の推移を見ていたら、気圧が乱高下してました フェレットを飼っていて長い人なら、フェレットの体調が気圧に関係してるのは 気が付いてると思います 若いころは「雨の日はよくねるなぁ」程度で 病気になってくると、発作とか死亡に関係してきてます よく聞くのが、 台風や低気圧の日に ・インスリノーマの発作が起きる ・心臓病の子の発作がおきたり、体調がわるくなったりする そして、 調子が既に悪い子が、そんな日に突然死んでしまったりします これは、フェレットだけじゃなく犬や猫でもよく言われています 私の家でも、台風のときに死んでしまった子や、 すごく調子がわるくなってしまった子が今までにもいました スピが調子わるくなって亡くなった時も、台風が2回連続で続いたときでした この前、テレビを見ていてら「お天気痛」というものがあるという話がありました 雨の前の低気圧時や、いきなりの高気圧時に頭痛がしたり、古傷が痛んだりするものです テレビの実験では、小さい空間で与圧機を使って気圧を調整していたけど、 自宅であのシステムがくみこめればいいのになぁ(絶対に無理ですけど) せめて、気圧の予測や現在の状態を知りたいとおもって こんな商品がほしいです アプリとかの簡易測定じゃなくってこれなら、ガチの測定器ですね スマホと連動もしていて便利そう レビューの評価が高いのとやっぱりペットを飼ってる人がきになるのか …

続きを読む

白やブレイズ耳の(音の)聞こえないフェレット(難聴フェレット)は不幸なのか

下書きを書いたのに消えてしまって、ショックなので文章短めになるかもです 久しぶりに戦闘機いたちさんへ来てくださる方の検索キーワードを見てみたら、 ブレイズや白系フェレットの難聴の事について調べてるらしき 方が結構いて、あー普通のカラーのフェレット(特に音に反応する子)を飼っていて 突然ブレイズや白系フェレットを飼ったらやっぱり耳の事を心配するんだなって思いました うちは、ずっと耳が聞こえない子のほうが数的に多いブレイズ一家なので、 耳が聞こえてたのは、ミグ(パンダ)やスピカ(偽ブレイズ、彼女はセーブル崩れっぽい)と今いるアルビノの子くらいで、他の子は耳がきこえないか極度の難聴でした 小さい時から、耳の聞こえる子と明らかに反応が違います とにかく音に無関心 最初は無視してるのかな?とかおもいますが、大事な事も聞こえてない(ご飯の合図とか)っぽいので 聞こえてないんだなって次第に理解します http://youtu.be/yxlu6bmkdhE音の聞こえないフェレットの動作? 彼らは生活にあまり不自由は感じていないようです 多頭飼いの場合は、周りの動きをよくみて、自分も行動しています あとは、人間に対する反応としてはアイコンタクト、耳の聞こえない子は特に顔をのぞきこんでみてくるので とても可愛らしいと思います 目があったときに、こちらが「うんうん」ってうなづいたりすると、すごくうれしそうにじたばたしたりします ただ、…

続きを読む