フェレット心臓病時の酸素室療養(ミグ(僧帽弁閉鎖不全)の場合-1

ミグの場合は、たまに明け方咳をするなとおもっていた時に 予防接種にいって、たまたまエコーを先生があててくれたので (普通は聴診とよくて血液検査程度でワクチンを打つとおもうんだけど 本当にたまたまでした) 心臓が大きいだろうことが発覚しました ントゲンをとったところ、それなりに心臓が拡大していて すぐに「ACE阻害薬」「ラシックス」の投薬になりました 投薬を開始して、3週間くらいしてかなりぐったりしてるときがあり もともと、心臓病のステージは赫々時点ではかなり進行度合いが高かったので、投薬が追加になりました 内容としては、 ・タツジピン(ベナゼプリル塩酸塩錠:降圧剤=血圧を下げる薬) ・ピモベンダン(ベトメディン:タンパク質のCa感受性をあげて心臓の収縮をよくする) ・ニトロール(硝酸イソソルビド:心臓の筋肉収縮を調整する) ・ピロラクトン(スピロノラクトン:ナトリウムの体内保持を抑制して、血圧を下げる) ・ペルサンチン(ジピリダモール:血栓を予防する) ・ラシックス(フロセミド:利尿剤、おしっこを出す事によって体内を軽度の脱水にして浮腫を防ぐ) 心臓病においては、体の水分がおおくなると心臓に負担がかかるので 軽度の脱水のほうがフェレットの体にとって楽なのですが、それは 逆に脱水によって腎臓を壊すという危険性とのバランスで成り立っています レ このバランス調整がすごく難しく、私がネットでみた心臓病のフェレットは投薬に…

続きを読む

フェレット心臓病時の酸素室療養

ブログ更新しない間に、ミグ、ウルフ、スピカとしばらく心臓病の 子のお世話をして、どの子もかなり深刻度が高いレベルだったんだけど うちは動物病院でもかなりいい維持をしてると言われるくらいだったので、今心臓病のフェレットを抱える人たちになにか助けになるかと 思って、記録を思い出してみます (「フェレットの診療」の本みても、統計上ではうちほど長く心臓病と付き合えた子は記録の上でほほぼいないんだけど、だからといって やり方次第ではゼロではないということを、心臓病のフェレットをはじめて抱えて、私のブログに迷い込んできた人に言ってあげたいです あの統計にうちの記録をのせてあげたかった、ジステンパーとかもそうだけど、かかって回復した子が2%でもいるというだけで、気持ちが違うと思うから) 私もかなりネットで検索したけど、うちほど酷かった病状の子は実際にすぐに死んでしまう事がおおくて、参考にならなかったので手探りでした 心臓病の特徴として、診察時にエコーなどで見つかるものいがいは ・咳がでる ・動きが悪くなる という、外見的な特徴くらいしかなく、私の経験でいえば 咳がでたのはミグだけでしたので、実際は高齢になったらとりあえず 心臓がみれる動物病院でのエコーをお勧めします 症状が外見で見えるようになったときには、手遅れに近い事がおおいです ぜひ、血液検査だけではなく、エコーでの心臓検査をお勧めします 私のフェレットが通っていて、長く闘病できた病院は 世…

続きを読む

あっと速乾フェレット乾かし術

なんか、気負ってネタを探してしまうので ちょっとショートに更新してみようと思います 猫をショーなどを出しているブリーダーさんに前に聞いて、 ためしてみてよかった、シャンプー時の速乾術です それは、キッチンペーパーでフェレットをふくこと コストはかかるけど、100円ショップで2ロールで100円でかえる キッチンペーパーでOK なにがメリットって、タオルより吸収する穴が小さいので、水を吸収しやすくて フェレットがすぐに乾きます あと、タオルでごしごしこするのと違って、毛も痛まない 高齢で早く乾かしたいフェレット 子供で早く乾かしたいフェレット ショーに出すぞという気合いの入ったフェレット のシャンプー時にはお試しの価値ありです!

続きを読む