フェレットを豚インフルエンザから守ろう~予防編~

日本国内に感染者が出たというのに、GW前よりも明けたほうが 世間が静かですね・・・この「もうインフル話題飽きた」という感じは もし、これが強毒性の鶏インルフルエンザだったら命取りになりかねない と今年の秋移行が怖く感じます とはいえ、予防編をすぐに書かないのも 私が「話題にあきた」という事になるかもしれないですね(^^; ほんと困った怠け性格です(笑) それでは、予防編です 当たり前ですが、基本として まず 「フェレットが独自にインフルエンザを拾ってくるより、人間が インフルエンザウイルスを持ち帰ってきてフェレットに感染させる可能性の 方が何倍も高い」 という事が重要です。 なんとなく見落としがちにならないですか?このポイント! フェレットが感染するというと、「フェレットが独自にどっかから拾ってくる」 イメージがないですか? そして、もう一つ ★人間が感染しなければフェレットが感染しない。とは思わないようにしよう  フェレットがインフルエンザでも飼い主は元気という事が十分にある 頭がパニックになってしまうと、ウイルスについては落ち着いているときに 理解できそうでも分からなくなることがあります。 それは 「ウイルスが体に取り込まれたからといって、必ずしも感染→発病」 するわけではない という事です。 どういう事かというと、 フェ…

続きを読む

イタチを豚インフルエンザから守ろう、私たちにはその義務がある

2回くらいにわたって書きます 私は、常に「これはいいよ」という事は書いても これはダメとかあれは危険という 「ネガティブ」な事は書かないように気をつけてこのブログを続けて いるつもりですが・・・これだけは書きたいです 世間を騒がせている豚インフルエンザを知らない人は居ないと思いますが フェレットに、これがどう関係するかは考えている人の方が少ないと思います  ■豚インフルエンザ(H1N1)はフェレットに感染します ここだけでも、びっくりな人はいると思います ここで、日本国内で人に対してこの豚インフルエンザが蔓延し 病人が町中にあふれかえる場合フェレットたちにどんな事が起こるかを 想定したいと思います 豚インフルエンザが飼い主からフェレットへ、もしくは運悪くフェレットへ 単独感染し、地獄のような感染しあいをするとします 豚インフルエンザがはやったら、たくさんのフェレットの患畜が 来るので、獣医も分かっているしいつも通り、動物病院へ行けばいいじゃん と思うのが普通だと思います。 フェレットへのインフルエンザへの治療は、インターフェロンの投与や タミフルの投与がメインになるけど 人にインフルエンザが蔓延した場合、動物病院での動物に対する タミフルなどの薬剤は 「人道的理由」により制限される可能性もないとは言えません ここで言う、人道的理由とは   ・終わりが見えない流行性病原菌への対…

続きを読む

フェレットに加湿器の危険・加湿器の利点

そろそろ毎年恒例の インフルエンザや風邪大流行の季節になってきましたね。 ブレイズ学園では加湿器を焚いての対策を夏の真っ最中から はじめてきました。 ワーレーワーレーハーウチュウジンダー 今年の夏は、例年より乾燥しやすい空気だったのか 外に出てもカラっとしていたりして、部屋に戻ると湿度が低かった時も あったので夏にもずっと加湿器を使っていたんだけど、冬は2台体制で挑みます! 他のお宅では加湿器はどんなものを使っているんだろう? 赤ちゃんやペットがいる家庭では、 噴射口が熱くならない 「気化式」や「アロマ加湿器」が流行みたいですね。 でも知っていますか!?? 加熱式ではない加湿器は加湿器内部自体が、熱による殺菌作用を持たない為、 ウヨウヨとした細菌の温床となります。 気化式加湿器の内部にサルモネラ菌やジオネラ属菌が繁殖し それが加湿器の蒸気にのってお部屋にばらまかれます。 (一般的に加湿器内部の奥の方はお掃除できないような構造になっているので、 買ってからの期間分汚れがたまっています) せっかく、フェレットや人間のために湿度をたくさんにしようとしても その蒸気そのものがバイキン蒸気だったら なんのためにやっているのかわかりませんね。 サルモネラ菌が細かい蒸気にのって空気中を漂ったら、それが肺に入り・・・ どんな事になるのかは想像の通りです・・・・ 「…

続きを読む

完全肉食鼬の血液検査~フェレット手作りフードと血液検査~

隣の家の血液検査がきになりますよね。 私も他の家のデータを知りたいくらいですが、フード併用ではなく 完全に手作りフードのみの家のフェレットの血液検査の結果って 絶対にフードを食べているフェレットと違うはずですよね。 そもそも「基準値」というのも、どういう根拠で基準値だと言っているのか 分からないのですが (本当に基準だって言いたいなら、そこには フード[それもよしあしにかかわらず、色んなメーカー別で] と完全肉食と両方のデータをとりその中で健康である基準を出すべきだと思うし) かねてから、血液検査結果ってどんな感じなんですか? って聞かれることが多かったので、ちょっとここに載せてみます。 ■2歳9ヶ月 フェレット オス RBC[赤血球]:1174 PCV[赤血球容積比]:52.1 HGB[ヘモグロビン]:17.9 WBC[白血球]:6700 PLT[血しょう板]:48 TP[総たんぱく]:6.2 ALB[アルブミン]:3.6 GPT:61 GOT:48 TCHO[総コレステロール]:98 GLU[血糖値]:107 BUN[尿素窒素]:20.1 Ca[カルシウム]:10.7 P[リン]:2.3  ※単位は省きます どの子でもほぼ似た数字なので、これがスタンダードだと思います。 (それでも、うちのスタンダードってだけなんだけど) 肉ご飯だと腎臓やら肝臓やらが壊れていたり コレステロールが多いんじ…

続きを読む

フィラリア予防薬etc~フェレットフィラリア~

フィラリア予防システムについては下記 フィラリア・ダメ絶対だめ!~フェレットフィラリア予防~ 今年も3回目のフィラリア予防薬をもらいに行って来ました ブレイズ詰め合わせ中・・・ だしてっつ! 今回から薬がハートメクチンになりました(前回まではカルドメック) フェレットのフィラリア駆虫薬に関しては 犬の必要量の4倍というのが妥当だそうです。 (つまり犬の10キロ用がフェレットの2.5キロ用) 今まで、おっきい予防薬をフェレットの頭数分で割ってすりつぶしたものを もらっていたとおもうんだけど、 (もともと粉末のフィラリア薬はないと思うので、獣医さんでもらう粉末は獣医さんがつぶしてるもんだと思います) 錠剤って薬ばっかりじゃなくって 固めるためのでんぷん質とかが入ってますよね? で、錠剤1個をクローズアップしてみるとどこに 「薬の有効成分(効く部分)」が入っているかわからないそうです たとえば、 みたいに、なっていると半分に割った場合、片方はまったく薬効成分がない ものだったりするんですって! えええええ!それは怖い・・・

続きを読む