にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村

2007年01月17日

フェレットと泊まれる宿:1〜フェレットと温泉〜

フェレットとお出かけできるシリーズ・・・
ぼちぼち増やしていこうと思います。

今回はフェレットと泊まれる宿です

伊豆長岡温泉 松城館


フェレット達とお出かけしてきました。
ネットで調べて、動物連れの方の口コミもよかったのでここに決めましたが
宿のスタッフの方がとても親切で、
みんな驚く程動物が好きというのが分かります。

宿の中のほかのお客様も
かなり動物連れが多くて、館内も動物用の案内が沢山です。



部屋が結構広いので、到着したらすぐに8面のサークルを広げました。


戦闘機いたちさん珍道中


これだけの頭数のフェレットが来るのは初めてという事で
宿の方が、何か用事があるたびにフェレットを見ては一緒に遊んでくれました(^^


ホーネットは楽しくてウキウキ
戦闘機いたちさん珍道中

シュミットは
こそこそ回りを気にし

戦闘機いたちさん珍道中

自分の姿を鏡で確認中・・・
戦闘機いたちさん珍道中


屋上には、ドッグランがあります
宿泊者専用なので空いている時間も多く、フェレットを遊ばせることが出来ます
(お水場もあるので水浴びも出来るかも!?(寒いからやらなかったけど夏ならいいかなぁ)

柵があるので、フェレットが通り抜けられる数箇所から目さえ離さなければ安全
戦闘機いたちさん珍道中

外の興奮にしっぽ爆発のスピット姉ちゃん
戦闘機いたちさん珍道中



夏場だったら近くに色々と広い公園があるので
お出かけできたのですが、冬場だったのでとりあえずお部屋で大人しくご飯

戦闘機いたちさん珍道中

私は好き嫌いが多いので食べられない物が結構あるのですが
ここのお食事はおいしかったです。

イタチ様達には、旅行用のウサギの肉のレトルトと
ネイチャーズバラエティーのフリーズドライのラムをあげました。


お疲れでぐっすりです
戦闘機いたちさん珍道中


温泉はアルカリ系のお湯の質で体がとても温まります。


今回は利用しませんでしたが、動物用の貸切風呂もあるみたいです。

ペットを連れていけないとしても、満足いく宿でした
なのに、その上フェレットOKだから大満足でした

ニックネーム いたちarea at 13:54| Comment(12) | TrackBack(1) | フェレットと行けるお出かけスポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

フェレット連れてジンギスカン?

土曜日にフェレット連れジンギスカン忘年会オフ?に行きました。

場所は学芸大学駅前にある
「ジンギスカンJinJin」です。
ペットと行けるジンギスカン屋として有名みたいです。
公式サイトがないので、興味ある方は「ジンギスカン ペット」で検索すると
多分すぐに見つかると思います。


入り口が工事中だったからこんな感じです
戦闘機いたちさん珍道中

ペットOKの店というので、味のほうはどうなんだろう?ってあんまり
期待していなかったけど、これがまた人間だけでジンギスカンを食べに行っても
いいくらいおいしい店でした。
ジンギスカンはタレが命なんだけどね、タレがまたよかったです。

やっぱり何よりも、
お店の中がペット連れの多い事と、オーナーとアルバイト?の子の
動物好きさにはびっくりしました。
店にも看板犬が2匹。
スクリーンにライブ映像が静かに流れていたりして
まさに趣味の店です。(きっとジンギスカンにも趣味に似たこだわりがあるに違いないです)

看板犬のマメ君がフェレットに興味深々
戦闘機いたちさん珍道中


わんちゃん1匹とかならまだしも、
イタチがゾロゾロなので普通あんまり「大歓迎」ではないだろうなぁ
って思ったのですが、イタチが沢山集まっている所を
店長さんがずっと「可愛いねー」って言いながら写真を撮っていましたよ!
フェレットといえば、敬遠されがちなので嬉しくなっちゃいます!(^^

サークル持参で来てくれた方がいたので、すみっこでサークル放牧
戦闘機いたちさん珍道中


お客さんが次々とペットを連れてはやってくるので、
とても和気藹々とした雰囲気でした。
あー、やっぱり飲食店(それもジンギスカンなんていう変わったジャンル)
でペットOKにするなんてよっぽど動物好きなんだなぁ・・・。

フェレットってなぜか水ボトルに誰かが興味もつと群がる性質が・・・
戦闘機いたちさん珍道中


本当に肉がおいしくて、新鮮なので
うちの肉食フェレットにもあげたかったのですが、まださすがに固まりをそのまま
食べるほどでもないので、諦めました(^^

早速肉厚の耳を狙われるウルフ
戦闘機いたちさん珍道中


しかし、学芸大学駅という所は、駐車場は沢山あるものの一通地獄だらけ・・・
ペットシャトルDX3.0をいつものように持ち歩いていたので、ある程度
それを積み下ろし出来る駐車場となると、なかなか見つからず・・・
すごいスピードで後ろからパッシングしてくるタクシーと
精神的な戦争をくりひろげ、勝たないと一生車を停める事ができそうもなかったです(笑)
結局、遅刻して後から我が家のイタチ様を投入する事になったので
ケンカしないか心配でしたが、全然みんな仲良しで一緒にまったりしてました。

pt061209-5.jpg


ここで、我が家のイタチ共通の特技?
「クビの後ろをコチョコチョしたりしたらどこでも爆睡を始める」
を体験して欲しくてウルフを参加者のmasaeさんに渡してみたら
期待通りすっかり爆睡を始めました・・・

pt061209-3.jpg

「こんなんじゃ野生だと生きていけないじゃん!だめじゃん」

とか言われながら
「やぁ!ぼくウルフだよ!」とか手をパタパタやられたり尻尾をいじられたり
くちを開けられたりしましたが、一向に起きる気配すらありません。

「だめじゃん、まったくダメじゃん(笑)」

膝の上に移動させても全然起きない
pt061209-6.jpg

えー、いつもそんな感じなんだけどなぁ・・・・
やっぱり野生だとダメなのかな・・・まぁ、猫をからかうのが趣味な時点でもう

・・・・・・・みんな野生では生きていけない、
肉食猛獣の男子学園(共学化後も名前変わらず)なのでした(^^
ニックネーム いたちarea at 11:32| Comment(12) | TrackBack(1) | フェレットと行けるお出かけスポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

ANAペットらくのり〜フェレットと飛行機に乗って旅〜

第15回フェレットショーの記事にあるように
今回は神戸までフェレットをつれて飛行機に乗って行きました。



ここから先は、批判めいた表現もあるかもしれませんが
今現在の現実であって、今後改善されることを望むという
目的の基にブログの特性を生かし、個人が思ったままの感想を書いています。


事前の下調べの時にフェレットをつれて飛行機に乗るという内容は
ネットではあまり見つかりませんでした。
それだけマイナーな事だとは思いませんが、あまりメジャーでもないと
いうのはそれなりに不安があるかもしれません。


国内線の航空会社でペットを連れて行けるのはJALとANAです。
今回は飛行機のチケットを取る前に両方の航空会社に電話であらかじめ調査し
羽田にも話を聞きに行って今回はANAに決めました。


JALにしなかった理由をお話すると

ずいぶん前にJALを利用した方が
「フェレットはケージを食い破るから木箱に入れるのが普通だと
言われて木箱に入れた」というのをmixiのどこかのコミュニティに
書いていたからです。


061106-1.JPG

色々言い方はあるにせよ
ケージを食い破る?というのが若干理解できませんでした。
たしかに破壊行動は恐るべしパワーで行いますが、その行動って食い破るって
いう動作かなぁ・・・って。

その方だけだったら「たまたま」という事もあるのかもしれませんが・・・
実際はどうなんだろうって。

電話で問い合わせ
「フェレットですね、げっ歯類は通常のケージに入れるのはお断りするかもしれません。
こちらでだめだと判断した場合は入れ物を貸し出し(有料)それに入れていただきます」
入れ物の木箱のばあい、トイレもいれられないそうです。
というか、ちょっと待ってよげっ歯類って??

フェレットという動物がちょっとマイナーな動物だというのは
十分承知しておりますが、それにしても初めてのせる動物でないだろうに
「げっ歯類」って・・・って思いました。
それに対応もよくない、げっ歯類ではないですと言ってもげっ歯類ですよ!
みたいな感じで・・・。

それこそ考えは横暴かもしれませんが、
お客に対して答える場所なんだから
問い合わせ窓口が問い合わせする私にとってはJALの公式回答です。

いたずらし放題
061106-4.JPG

犬・猫・フェレット・ウサギ・鳥・ハムスターなどの小動物・爬虫類
など想定できそうな動物はしっかり把握してしかるべきです。よね?

同じくANAに問い合わせしたところ、
餌や水ボトルは入れられませんが、キャリーはお使いのものが
こちらで航空輸送に耐えられるものと判断した場合はそのままで結構です。との事。
それなら
トイレもハンモックもそのまま入れた状態で運べます。

我が家の移動に使っているシリーズは
ペットシャトルDXというもので
ペットシャトル詳細についてはこちら
航空基準をクリアした輸送用のキャリーです。
ANAが使っているケージというものもここの会社の規格の物なので
分からないことはないと思いましたが一応ペットシャトルDXの説明書を持参しました。


飛行機に乗る前日
すでに神戸に前日入りしていた方が
JALの輸送でやはりげっ歯類扱いをされて木箱にフェレットを入れられたという
話を聞きました。

そこで翌日のANAの対応も心配になりましたが、特別問題なく飛行機にのせられました。
どうして2社の対応がちがうのでしょうか?

061106-3.JPG

JALさん、
JALさんは日本ではトップの航空会社だと思っていました。
「JALで行く旅」というのはいまだにブランド化してますよね?
でも最近、ハイクラスの方の中ではANAの方が人気あるそうです。
どうして電話での対応があまりよくなかったんでしょうか?
フェレットを乗せるのは初めてじゃないと思うのに、
どうしてフェレットがげっ歯類だと教育されいるんでしょうか?
フェレットのオーナーから今まで一度も苦情はなかったんでしょうか?
もしあったとたら、それを「うるさい客のたわごと」として片付けていないでしょうか?

お客からしてみたら
同じような国内の航空会社が同じようなサービスをお互いに
やっているようにしか見えないんです。

片方が
「フェレットとはげっ歯類」だと思っているとは夢にも思ってないんです。
どっちでも同じだよね、って思ってるんです。

061102-2.JPG

動物輸送のエキスパート的な航空会社である必要はないと思います。
あくまで人間の旅を楽しくするための「付加サービス」であってそれをメインに
考えろととは言っていません。
でも、あまりにひどいんじゃないでしょうか?
マニュアルでルールを決めて行動するなら、それが上に伝わって
ルールを変更すればいいだけなんです、ルールの変更は簡単ではないとは思いますが
そもそも間違っているものは間違っていると一度でも話題に出して
社内で話し合うべきではないのでしょうか?


長々と書きましたが、
ここからはANAのペットらくのりのレポートです。


フェレットを飛行機に乗せる「ペットらくのり」の場合、
人間用の航空券は事前に手配するか当日購入して、ペットの受付とペット用料金の支払いは
「ペットらくのり」カウンターでする事になります。

こんな感じのカウンターです
pt061029-2.jpg


はいはい、荷物ですよ〜(笑)
重量計測器にのせられるのかな、これ・・・・

pt061029-1.jpg


★水とフードはつけちゃだめなので取り外します


頭数を確認させられます。
私の申請と係りのお姉さんの点呼があわないと何度もさがしたり・・・このときもひとり
ハンモックの間にはさまっていたので大変でした(^^

pt061029-4+.jpg


承諾書と申込書?を兼ねた書類にサインします
pt061029-5.jpg



転がるのを防止するため、一応キャスターははずしてとの事
(帰りはつけたままでOKでした)

pt061029-3.jpg


動物と飛行機の安全性の確保のため、万が一の逃走にそなえて、空きそうな部分は全部
テープでとめ、大きなネットをかぶせる

pt061029-6.jpg


「げっ歯類じゃないっ」ていうのに、こんなときに限って
眠り姫ホーネットがキャリーをガジガジかじっているから怒られるんじゃないかと
ハラハラドキドキ・・・あなたなんでいつもそんなに間が悪いの(笑)

pt061029-7.jpg


では、みなさんいってらっしゃい〜


ちなみにペットを乗せるときは
飛行機の客室と同じ飛行機の内部
(えっと、つまり飛行機の客席のある部分以外に例えばコックピットなんかが
前面にあるように、飛行機の尻尾のほうにも空洞があるのでその辺り)
にのるそうです
。温度計をくっつけておきましたが、客室内と同じ温度でした。


到着すると、荷物のレーンが動き出す前に
到着出入り口あたりにペットは個別に運ばれてきます。


再会!
pt061029-8.jpg


みんな元気でした。


参考リンク先
ANAペットらくのり

ニックネーム いたちarea at 16:06| Comment(24) | TrackBack(0) | フェレットと行けるお出かけスポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

公園でハーネス馴致〜フェレット初めてのハーネス〜

ホーネットのジステンパーワクチンが効力発揮の日になったので
公園デビューしてきました!

人間の子供でむかえるテキストがないと怖い公園デビューに比べ
(って経験ないくせに〜(^^;)
気楽ないたちの公園デビュー!


今回は「辰巳公園」に行きました。
車で行けてペット(フェレット)OKって公園ってあんまり思いつかないので
いつもそのあたりです。

辰巳公園は江東区で
駐車場代も2時間300円でスペースたっぷり
公園は芝もあり木陰もあり広くてイタチ連れには最高です
(自分で器具を持っていけばBBQも出来るよ〜)

pt-061015-2.jpg


この日のためにホーネットは1週間前から家で
ハーネスを着けて遊ばせるという特訓をしてきたので
もうハーネスを全然気にしていません。
ホーネットのためにおニューのハーネスを2つも買ったよ〜

ハーネスを初めて着ける時はこの家庭内馴致は絶対にお薦めです、
最初ハーネスを着けると、暴れて取ろうとするのですが
そのうちあきらめるまで時間を置いて、一度とりはずし
翌日またハーネスをつけて
(このあたりでまだ抵抗するのですが)同じようにやってってやると
3日目にはすっかり慣れていると思います(^^

うちの子を見ていると
耳の聞こえない子は最初から外をあまり怖がらない気がします。

耳が聞こえる子はとっても物音に敏感だけど、きこえていない子は
結構すぐになれて遊び始めます(^^

pt-061015.jpg

外でお弁当(ささみジャーキー)を食べるかなぁ
なんて思ってささみを持って行ったのですが、ぜんぜん動じることなく
私の膝の上にのってジャーキーを手で挟んで公園をながめながら
食べていたので、ホーネットはやっぱり大物だなぁ
なんて思いつつ、公園を後にしたのでした・・・


pt-061015-3.jpg


昨日、定期健診につれていったらもう体重が1.2キロありました・・・

女の子だから肩に乗せて「風の谷のナウシカ」ごっこをしようと思ったのに
このテトはちょっと重いですよ・・・・

ニックネーム いたちarea at 19:02| Comment(17) | TrackBack(0) | フェレットと行けるお出かけスポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 小動物ブログ フェレットへ
にほんブログ村